初めての相続対策——まず取り組むべきこととは?

前回は、「まさかの相続税課税」により、家族が仲違いしてしまった例を紹介しました。今回は、相続対策に取り組むうえで、真っ先に実施すべきことを見ていきましょう。

「会社の譲渡」に関しても生前からの対策が必要

 

「そういえば、熊田さんも相続のことを何か言ってたわよね」

「ああ。あいつは会社をやってるからいろいろ事情が複雑で大変らしい」

 

近所に住む熊田武雄は、源太郎にとって中学時代からの友人だ。子供の頃は一時ひどくグレてしまい、暴走族で鳴らしていたこともある。大人になってからは真面目に仕事を頑張り、一代で金属メッキの会社を立ち上げた。地元の事情に明るい一太郎によると、「熊田メッキ工業」は中小企業にとって厳しい昨今の環境下でも業績を伸ばしている、なかなかたくましい会社らしい。

 

「熊田さんのところはたしか次男の雄二くんが専務として働いているのよね?」

「その雄二くんに会社を譲りたいらしいが、長男の雄一くんや長女の恵子ちゃんにも権利があるのでなかなか一筋縄ではいかないようだ」

 

先月、久しぶりに居酒屋で飲んだ際にそんな話を聞いた。熊田には酔うと取引先の悪口を並べる癖があるが、家族の愚痴をこぼすことはほとんどない。特に子供のこととなると自慢話ばかりで、微笑ましくも辟易させられるのが常だった。

 

その熊田が「親の苦労も知らないで、権利ばかり主張しおって」と憤慨していたっけ。詳しくは聞かなかったが、次の世代に何かを残すということはそんなに難しいことなのか。

 

「お料理に何かお気に召さないことがございましたでしょうか?」

 

帰り際、厨房から出てきたシェフが心配げな顔でそう訊ねた。やや湿っぽい雰囲気になった亀山夫妻のことが気になったのだろう。

 

「いえいえ、とても美味しかったですよ」

 

気を使わせてしまったことをわびて、源太郎と美千子は店を後にした。

対策を後回しにせず、まずは「専門家」に相談を

帰宅後、リビングでお茶を飲みながら源太郎は言った。

 

「まずそんなことはないと思うが、万が一にも子供たちが争うことがないよう、相続のことをきちんと決めておく必要があるな」

 

源太郎の言葉に、美千子がうなずいた。

 

「相続税を支払うことになるのかどうかも知っておきたいし」

「あとは、どんな不安があるだろう?」

「あなたや私に介護が必要になった時のことも、考えておきたいわ」

 

医師から「脳に血栓がある」と言われた時の心配を源太郎は思い出した。血栓は認知症につながることもある。

 

「きみが一人になった時の生活費についても、考えなければいけないな」

 

思いつくままに並べてみたが、何をどうすればいいのやら、さっぱりわからない。法律や税金の専門家に相談するしかなさそうだ。

 

退職して以来時間はある。とりあえず後回しにはせず、まずは専門家を探すことを決めると少し気持ちが楽になった。

 

[図表]相続税の早見表

本連載は、2015年2月27日刊行の書籍『家族のトラブルをゼロにする生前の相続対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

連載家族のトラブルをゼロにする「生前の相続対策」

株式会社関総研結い相続支援センターアズタックス税理士法人 代表公認会計士・税理士

1948年生まれ。香川大学経済学部卒業後、大阪国税局に入局。等松・青木監査法人(現有限責任監査法人トーマツ)を経て、1978年関公認会計士事務所を開設。1983年に株式会社関総研を設立、2004年には株式会社関総研財産パートナーズを設立、そして2013年10月大阪証券取引所ビルに相続・資産管理支援専門の「結い相続支援センター」を開設した。日本M&A協会副理事長。

著者紹介

家族のトラブルをゼロにする 生前の相続対策

家族のトラブルをゼロにする 生前の相続対策

関 博

幻冬舎メディアコンサルティング

平成27年1月、改正相続税法が施行されました。中でも基礎控除の4割縮小により、今まで相続税がかからなかった家族も課税されるケースが増えることが話題となっています。うちの家族は仲がよいから大丈夫、あるいは財産が多くは…

「相続・事業承継」関連トピックス

「相続対策」関連トピックス

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧