相続トラブル防止のための「成年後見の申立て」の活用法

前回は、遺言書を紛失した場合の対応方法について説明しました。今回は、相続発生後、財産横領等のトラブルに巻き込まれないための対策を見ていきます。

成年後見の申立てにより後日のトラブルの根を絶つ

<事例6>

父親(被相続人)の法定相続人は、子である長男Aさんと次男Bさんの二人です。

 

Aさんは父親の生前より、父親の財産管理をしていました。また、Aさんは地方に住んでおり、父親の財産から交通費や父親の入院費用を拠出していました。父親は中度の認知症でしたが、とくに、成年後見の申立てはしていませんでした。

 

父親の死亡後、突然、BさんがAさんを相手取り、Aさんが財産を私的に流用したとして、不法行為に基づく損害賠償請求訴訟を提起しました。Aさんは突然被告となったことに動揺するとともに、どのように対応すればよいのか途方に暮れるばかりでした。

 

この事例では、Aさんが一人で認知症の父親の介護を引き受けていました。その介護にかかった費用や、死後の葬式にかかった費用を、父親の財産から支出していたところ、横領行為であると弟であるBさんから訴えられてしまったのです。

 

長男は、父親の住まいからは遠く離れた場所に住んでいたため、介護に通うための交通費はかなり高額なものとなっていました。また葬儀の際に、菩提寺に支払った供養料もBさんの目には不当に高すぎると映ったようです。そうした事情がBさんから使い込みを疑われる原因となったのでしょう。

 

もっとも、Aさんは、支出した費用について逐一領収書を保存しており、書面に記録していたので、「自分はただ、お父さんの面倒をみてきただけだ。次男は何もしてこなかったくせに、私を犯罪者扱いするとは・・・名誉毀損だ!」と真っ向から争う構えを見せていました。

成年後見人には「財産を支出する権限」がある

この事例のように、純粋な親孝行の思いから、親の介護をしてきたような相続人の一人に対して、他の相続人が、「財産を横領した」と訴えるケースは決して少なくありません。このようなトラブルを防ぎたいのであれば、親の生前に、家庭裁判所に成年後見の申立てを行い、成年後見人に就任しておくことが望ましいでしょう。

 

成年後見人には成年被後見人の財産について管理処分権が認められます。つまり、介護等に必要な費用を親の財産から支出する権限があると裁判所からお墨付きを得られることになるので、あとから、親の財産を使い込んでいるなどと不当ないいがかりがなされるのを避けられるはずです。

 

実は、本事例でも成年後見の申立てを行うことは検討されたのですが、最終的に次男が反対して行われなかったという経緯がありました。

 

しかし、結果をみれば明らかなように、たとえ反対されたとしても、長男は申立てを行うべきでした。成年後見の申立ては、親族の一人だけでも行うことが可能なので、次男の同意など不要だったのです。

 

成年後見申立てにかかる費用は、総額で数千円程度ですが、成年後見人への報酬は月額で数万円程度必要となるでしょう。相続人の中に、申立人自身が成年後見人に就任することに抵抗を示す者がいるような場合には、弁護士に依頼するという選択肢もあります。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『ドロ沼相続の出口』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

眞鍋 淳也

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員 弁護士/公認会計士

弁護士・公認会計士。南青山M’s法律会計事務所代表。芦屋大学経営教育学部客員教授。
1973年愛媛県生まれ。1995年一橋大学経済学部卒業。2006年成蹊大学にて法務博士号取得。1995年監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社、上場企業の監査、M&A等に携わる。その後、会計事務所、法律事務所勤務等を経て2009年に南青山M’s法律会計事務所を設立。個人、企業にとって身近な法律問題はもちろん、税務問題、会計問題、それらが絡み合う複雑な問題についても、冷静に問題を分析し、依頼者にとって最も利益となる問題の解決方法を提案、実践している。著書に『ドロ沼相続の出口』(幻冬舎)。

著者紹介

連載ドロ沼相続の対処法と事前防止策

ドロ沼相続の出口

ドロ沼相続の出口

眞鍋 淳也

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税の増税が叫ばれる昨今。ただ、相続で本当に恐ろしく、最も警戒しなければならないのは、相続税よりも、遺産分割時のトラブルです。幸せだった家族が、金銭をめぐって骨肉の争いを繰り広げる……そんな悲劇が今もどこかで…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest