税金 節税
連載法人による「太陽光ファンド」活用の最新事情【第4回】

太陽光発電事業投資を小口化するファンドスキームとは?

太陽光発電匿名組合生産性向上設備投資促進税制

太陽光発電事業投資を小口化するファンドスキームとは?

前回は、太陽光発電事業投資の2つのメリットである「安定収入」と「即時償却」が、収支シミュレーションの中でどのように反映されるのかを検証しました。今回は、太陽光発電事業投資を小口化するファンドスキームについて見ていきます。

ファンド化により太陽光発電設備の小口化を実現

太陽光発電所を小口化しても、太陽光発電事業の2つのメリットである「安定収入」「即時償却」と同様の効果を得ることが可能です。では、そのファンドスキームとはどのようなものでしょうか。

 

このファンドスキームでは、まず、投資家が「匿名組合出資」という形で太陽光発電事業を行う営業者(SPC)に出資します。SPCは投資家から集めた資金を用いて太陽光発電所を取得し、発電した電気を電力会社に売ることで収益をあげます。そこで得られた売電収益が、分配金という形で投資家に還元される仕組みです。SPCを置くことにより、太陽光発電所の小口化が可能になります。

 

【ファンドスキームの概略図】

 

このようなスキームを組んだ太陽光ファンドの最大のポイントは、SPCが「生産性向上設備投資促進税制」の一括償却を活用して発生した損失を、投資家が取り込める点です。

 

一般的な株式投資等では、投資家は投資先の損失、また、利益を取り込むことは基本的にはできません。しかし、「匿名組合」というスキームを組むことにより、投資家はSPCの損失を取り込むことが可能になります。

匿名組合スキームにより投資家は損益の取り込みが可能

「匿名組合」とは、当事者の一方(匿名組合員)が相手方(営業者)の営業のために出資をし、その営業から生ずる利益を分配するスキームです。下記のイメージ図をご覧ください。営業者(SPC)は、①で投資家から資金を集め、それをもって②で設備を取得し、③で発電事業により収益をあげます。

 

【匿名組合スキームにおける資金の流れ】

 

TK-GKスキームの仕訳イメージ図の(3)を見ると、10あげた収益から費用分の4を差し引くと6の利益があがります。ここであがった6の利益は、(4)で同額の6を投資家に分配します。(4)の損益分配と(5)の現金分配の違いがわからないと疑問を抱かれると思いますが、損益分配は、PL上の分配で、現金分配は投資家が受け取る実際のキャッシュです。減価償却等、キャッシュは動かないものの費用計上できるものもあるため、損益分配と現金分配では多少の差が生じます。

 

【TK-GKスキームの仕訳イメージ】

 

また、「匿名組合スキーム」では、営業者から匿名組合員に分配された利益・損失は、営業者の課税所得上、損金もしくは益金として算入することが認められています。営業者側であがった分の損益を投資家に分配すれば、実質「パススルー課税」が可能であり、二重課税を回避することができます。この点も一般的な株式投資等と異なる点であり、一般的な株式投資であれば投資先の会社で課税され、その後さらに投資家ベースでも配当に対し課税を受けます。

 

このように、「匿名組合」というスキームがあってこそ、小口化によっても太陽光発電事業のメリットを享受することができるのです。

階戸 雅博

SBIマネープラザ株式会社 常務取締役 総合企画部長

1995年、三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行。主に通信業界を中心とした上場企業を担当。1998年、通商産業省(現・経済産業省)出向。エネルギーやインフラに対するODA(政府開発援助)業務に携わる。2005年、イー・トレード証券(現・SBI証券)へ転職。執行役員経営企画部長としてインターネット証券の対面チャネルとの融合を模索。2012年からはSBIマネープラザの取締役として、証券・保険・住宅ローンなどのあらゆる金融商品をワンストップで提供する対面チャネルの確立を目指している。現在、同社常務取締役として経営企画部門のほか、新規事業であるファンド関連事業部門の育成に注力。

著者紹介

連載法人による「太陽光ファンド」活用の最新事情

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest