相続・事業承継 相続対策
連載相続川柳――相続を 気軽に学ぶ 五七五【第10回】

「争族」を防ぐ遺言書の概要と、その法的効力とは?

遺言書争族付言事項遺産分割

「争族」を防ぐ遺言書の概要と、その法的効力とは?

今回は、「争族」を防ぐ遺言書の概要と、その法的効力についてお伝えします。 ※本連載は、ともに行政書士・社会保険労務士である、井出誠氏と長岡俊行氏の最新刊、2015年11月30日に刊行された『相続川柳――相続を 気軽に学ぶ 五七五』(東京堂出版)の中から一部を抜粋し、知っておきたい相続の知識を伝授します。

 

「争族」という言葉を目にする機会があるかと思います。明確な定義があるわけではないのですが、相続における親族同士の遺産分割をめぐる争いを意味した造語と考えてよいでしょう。

 

いざ相続が発生しますと、遺言書がない場合には、一般的に相続人全員が集まって遺産分割協議を行うこととなるわけですが、結局は財産の取り合いですので、まったく揉めないほうがレアケースなのかもしれません。表面的には揉めなくても後々、遺恨を残すケースも多いようですし。

 

ただでさえ、親族間でお金の話をするのは嫌なものです。また、いったん「争族」が始まってしまえば、相続人それぞれが疲弊するとともに、裁判にもつれ込めばそれ相応のコストもかさんできます。正直いいことはひとつもないように思えます。

 

そんなとき、遺言者の意思をしっかり書き記した一通の遺言書さえあれば、残された大切なご家族間での相続トラブルを未然に防ぐことができたのに・・・というケースは多いようです。

 

遺言書には、遺産分割割合を書き記す以外にも、遺言者の気持ちを書き記す「付言事項」というものがあります。なぜこのような相続割合にしたのか、なぜ兄弟で相続分に差を付けたのか等々書き残すことで、相続人は亡くなった方のお気持ちを知ることができ、不要な親族間での争いを避けることにもつながるでしょう。

 

大切なご家族が、相続を原因に争うことのないよう、そろそろ遺言の準備をお考えになってみてはいかがでしょうか。

 

 

最近「遺言書」への関心が高まっているように思います。ご自身の最後の意思を遺族に伝える為、もしくは残されたご遺族間での無用なトラブルを避けるために遺言書を残される方が増えてきました。

 

「遺言書には、何か書いてはいけない事柄ってあるのでしょうか」というご質問を頂いたことがあります。お答えとしては、「遺言書には、何を書いてもいいが、法的効力が生じる事項は法律で決まっています」ということになります。法的効力が生じる事項を「遺言事項」と言います。ここで遺言事項全てを列挙することは避けますが、代表的なものをいくつか見てみましょう。

 

まずは、子供の認知や未成年後見人の指定など、身分に関する事があります。次に、相続分の指定や遺産分割方法の指定、遺贈や寄付など、相続における財産処分に関する事があります。その他、遺言執行者の指定なども、遺言書に書いてあれば、当然に法的拘束力を生じる遺言事項ということになります。

 

逆に言うと、遺言事項以外のことを遺言書に残しても、それに関して遺族が法的に縛られることはありません。例えば、葬儀は盛大にやってくれと書かれていても、遺族が近親者のみの家族葬を選ぶ事も可能です。骨は太平洋に散骨してくれと書かれていても、遺族が先祖代々のお墓に納骨してしまえばそれまでです。

 

やはりこの辺りのご希望は、生前しっかりご家族と話し合っておく必要がありそうです。

井出 誠

至誠法務労務サポート 代表 社会保険労務士(東京都社会保険労務士会所属)
行政書士(東京都行政書士会所属)

1975年東京都八王子市生まれ。中小企業の人事労務管理及び経営サポート業務を中心に活動。

〈取扱業務〉
人事労務コンサルティング(社会保険手続・就業規則整備・労使トラブル対応等)
外国人雇用コンサルティング(外国人就労ビザ申請・外国人起業サポート等)
行政への許認可コンサルティング(介護事業指定・建設業許可・飲食業許可等)

〈著書〉
『相続川柳 相続を 気軽に学ぶ 五七五』(東京堂出版)

著者紹介

長岡 俊行

はちおうじ総務相談所 代表
東京都行政書士会所属 行政書士
東京都社会保険労務士会所属 社会保険労務士
NPO法人 著作権推進会議 理事 

1975年東京都八王子市生まれ。遺言書作成支援・相続手続等の個人向け業務を行うとともに、経営革新等支援機関として、知的資産等を活用した中小企業の経営改善支援を行う。 2011年よりブログでの情報発信を始める。「八王子のGONZO行政書士 控えめに語る」の名称で週に3本程度の更新を続け、2015年6月には投稿数が1,000本を突破。

著者紹介

連載相続川柳――相続を 気軽に学ぶ 五七五

相続川柳 相続を 気軽に学ぶ 五七五

相続川柳 相続を 気軽に学ぶ 五七五

井出 誠・長岡 俊行

東京堂出版

右肩上がりの高齢化、終活への関心が高まるなか、難しいとっつきにくい内容である「遺言・相続・成年後見・終活」などを、17文字の川柳(100句)を題目として、気軽に楽しく分かりやすく解説。単に知識の提供だけではなく楽しく…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest