争続を避けるために知っておきたい「代襲相続」の仕組みとは?

前回は、遺言書を早めに作成すべき理由と、「公正証書遺言」のメリットについて説明しました。今回は、相続の際に必ず知っておくべき「代襲相続」の概要を見ていきます。

遺言書さえあれば「争続」は防げたはずだが・・・

<事例3>

死亡した被相続人には、Aさん(姉)とBさん(妹)という二人の姉妹がいました。しかし、Aさんはすでに、子のCさんを残して亡くなっていました。相続人は、BさんとAさんの代襲相続人であるCさんとなります。

 

ただ、被相続人は、生前に遺言書を書いていませんでした。Bさんは被相続人と一緒に住んでいましたが、ある日突然、CさんがBさんを相手に遺産分割調停を申立てました。

 

祖父(被相続人)の所有していた一軒家に、CさんからすればおばにあたるBさんが暮らしていました。祖父が亡くなったことから、その所有していた家の相続を巡って紛争となったものの当事者だけでは解決できず、調停になったという事例です。

 

このケースでも、基本的には祖父が、Bさんに家を遺贈する遺言書を残していれば、トラブルは防ぐことができたはずです。筆者は、Cさんの代理人として調停にかかわったのですが、解せなかったのは、Bさんが、そのような遺言書の作成を父(Cさんからすると祖父)に勧めていなかったということです。

 

というのも、Bさんは、相続を巡る別の紛争を経験しており、相続に関しては、Bさんはある程度、法的知識を有していました。そのため、事前に遺言書を用意しておかなければ自分にとって好ましくない事態になることは予想できたはずです。にもかかわらず、遺言書を作成しなかったのはなぜだったのでしょうか?

兄弟姉妹の子も「代襲相続できる」点に注意

しいて理由を推測すると、もしかしたら代襲相続の知識がすっぽりと抜け落ちていたのかもしれません。

 

すなわち、姉のAさんが亡くなっていたことから、父が亡くなった場合、もはや自分以外には相続人がいないと、Bさんは思い込んでいたのかもしれません。ほかに相続人がいないのであれば、当然、家は自分のものになるので、遺言書を用意しておく必要はないと考えていたのでしょう。

 

しかし、兄弟姉妹の子どもは、代襲相続ができます。つまり、兄弟姉妹が亡くなっていたとしても、その子どもが代わりに相続人になるのです。

 

[図表]代襲相続の仕組み

 

この兄弟姉妹の子どもが代襲相続できるということは意外と見落とされがちですし、しかも、本事例では、BさんとCさんが平素は疎遠な間柄だったという事情もありました。そのため、ことさらに、代襲相続には注意が向かなかったのかもしれません。

 

このような、相続人は自分だけと思い込んでいたら、実はほかにも相続人がいた・・・という状況は実際よくあり、しかも相続トラブルの大きな原因となることが少なくありません。

 

「ほかに相続人がいないから遺言書はいらない」などと安心せずに、代襲相続の可能性などをしっかりとチェックして、万全の対策を心がけるようにしましょう。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『ドロ沼相続の出口』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ドロ沼相続の対処法と事前防止策

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員 弁護士/公認会計士

弁護士・公認会計士。南青山M’s法律会計事務所代表。芦屋大学経営教育学部客員教授。
1973年愛媛県生まれ。1995年一橋大学経済学部卒業。2006年成蹊大学にて法務博士号取得。1995年監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社、上場企業の監査、M&A等に携わる。その後、会計事務所、法律事務所勤務等を経て2009年に南青山M’s法律会計事務所を設立。個人、企業にとって身近な法律問題はもちろん、税務問題、会計問題、それらが絡み合う複雑な問題についても、冷静に問題を分析し、依頼者にとって最も利益となる問題の解決方法を提案、実践している。著書に『ドロ沼相続の出口』(幻冬舎)。

著者紹介

ドロ沼相続の出口

ドロ沼相続の出口

眞鍋 淳也

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税の増税が叫ばれる昨今。ただ、相続で本当に恐ろしく、最も警戒しなければならないのは、相続税よりも、遺産分割時のトラブルです。幸せだった家族が、金銭をめぐって骨肉の争いを繰り広げる……そんな悲劇が今もどこかで…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧