特集2016.1「争続」対策

相続・事業承継 相続対策
連載相続争いを防ぐための「遺言書」のつくり方【第13回】

特定の相続人が遺言者より先に亡くなった場合の効力とは?

遺言書代襲相続

特定の相続人が遺言者より先に亡くなった場合の効力とは?

遺言書に関するルールは民法が定めていますが、法律の規定が必ずしも明確ではないケースもあります。今回は、「特定の相続人」が遺言者より先に亡くなったとき、その遺言の効力はどうなるのかを見ていきます。

「相続させる」という遺言の代襲相続は認められるか?

遺言書の作成にあたっては、最高裁の判例について注意が必要となることがあります。遺言書に関するルールについては民法が定めていますが、法律の規定は必ずしも明確なものではなく「果たして、このような内容の遺言書の作成が許されるのか?」と悩んだような時に、条文の文言だけからはその答えを得づらいこともあります。

 

このように遺言書の有効要件などが問題となり、法律の文言からは不明確な場合は、最高裁判所が具体的な個々の事件に対する判決の中で解釈を示すことで、新たなルールをつくることがあるのです。特に、近時、今後の遺言書の作成において無視することができないと考えられる重要な判断を最高裁が示しましたので、ご紹介しておきたいと思います。

 

問題となったのは、金沢市内に不動産などの財産を所有していた女性が残した遺言でした。1993年に作成されたその遺言の中では「長男に全財産を相続させる」旨の内容が記されていました。ところが、長男は2006年に母親より先に死亡し、その後、母親も亡くなりました。

 

このような状況の中で、残った長女が長男の子供らに対して「母親の遺産について法定相続分に相当する持分を取得した」と主張して、母親が持分を有していた不動産について、「自分が相続した法定相続分に相当する持分等を有すること」の確認を求めて訴訟を起こしたのです。

 

まず、本件の遺言書は、「特定の相続人に相続させる」という形となっていました。このような遺言は一般的に遺産分割の方法を指定したものと理解されています。それを前提として、この「特定の相続人」が遺言者より先に亡くなった時、その遺言の効力はどうなるのかが、裁判における最も大きな争点となりました。

 

一審は、このような場合、死亡した相続人の相続人に、当然に代襲相続されるとの判断を示しました。それに対して、二審は、特定の相続人が先に死亡した場合には、原則として遺言は無効となって、法定相続のルールにしたがって遺産が分割されることになるが、遺言の内容により、代襲相続が適切と認定できるのであれば、そのように解釈してもよいとの見解に立ちました。

孫に代襲相続させたいのなら遺言書に明記する

このような二審の判断を上告審である最高裁も支持しました。参考までに最高裁の判決を引用しておきましょう。

 

上記のような「相続させる」旨の遺言は、当該遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した場合には、当該「相続させる」旨の遺言に係る条項と遺言書の他の記載との関係、遺言書作成当時の事情及び遺言者の置かれていた状況などから、遺言者が、上記の場合には、当該推定相続人の代襲者その他の者に遺産を相続させる旨の意思を有していたとみるべき特段の事情のない限り、その効力を生ずることはないと解するのが相当である。

 

本ケースのような「特定の相続人に相続させる」旨の遺言書は、その「特定の相続人」が遺言者より先に亡くなった場合には、最高裁のルールによれば、原則としてその子供は代襲相続しないことになる点にくれぐれも注意してください。

 

この判決文に示されているように、その「相続させる」旨の遺言に係る条項と遺言書の他の記載との関係、遺言書作成当時の事情及び遺言者の置かれていた状況などから、遺言者が例外的に代襲相続させる意思を持っていたと解釈できない限り、代襲相続は認められないのです。

 

したがって、自分の子供を対象として「相続させる」旨の遺言を残すのであれば、代襲相続させるか否かも検討して、もし子供の子供、すなわち孫に対しても遺言の効力を及ぼしたいのであれば、その旨をしっかりと記載しておくことをお勧めします。

本連載は、2014年3月20日刊行の書籍『相続争いは遺言書で防ぎなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

大坪 正典

大坪正典税理士事務所 所長 税理士

神奈川県横浜市出身。相続、事業承継、都市開発、企業再生支援業務などを中心に携わる。他士業とのコラボレーションによるワンストップサービスを提供。著書に『もめない相続ABC』(共著、日本相続新聞社)、『はじめての相続・贈与』(共著、明日香出版社)などがある。

著者紹介

連載相続争いを防ぐための「遺言書」のつくり方

相続争いは遺言書で防ぎなさい

相続争いは遺言書で防ぎなさい

大坪 正典

幻冬舎メディアコンサルティング

相続をきっかけに家族がバラバラになり、互いに憎しみ合い、ののしり合う――。 故人が遺言書を用意していない、あるいはその内容が不十分であったために、相続に関するトラブルが起こってしまうケースは数多く存在しています…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest