歴史に名を刻んだ投資家「ジョージ・ソロス」氏とは?

前回は、筆者が新たなスポンサーを探すために温めていた投資アイディアを紹介した。今回は、その投資アイディアに興味を示した「ジョージ・ソロス」氏について見ていく。

市場価格は参加者の誤った認識によって動き続ける!?

ジョージ・ソロスは、市場経済の時代が生んだ最強の投資家としてその名を歴史に刻むインベスター(投資家)である。ソロス氏は、資本市場において参加者の認識と価格の間の相互作用性に着目し、そこに生まれる差異の拡大と縮小のプロセスに投資機会を見出した。

 

市場における価格は参加者の自由な意志によって決まる均衡点であり、市場は常に正しいとする考えを否定した。そして、価格は、参加者の誤った認識によって動き続けるムービング・ターゲットだとし、市場は常に間違っていると断定した。誤った価格が参加者の誤った認識を強化する自己強化のプロセスでブームが始まり、誤った価格が行き過ぎて認識が是正される時にバスト(急落)が起こる、というのがソロス氏の投資の基本的フレームワークだ。

「成り上がりのファンド・マネジャー」という評も

そんなジョージ・ソロス氏だが、筆者が出会った1985年は、まだ世界的に著名な人物というわけではなかった。もちろんウォール街では有名だったが、今のようにヘッジファンドが巨大インダストリーとして市民権を得ていたわけではなく、大手の金融機関や証券会社などからはやや軽く見られていたところもあった。

 

[PR] 11月15日(水) 無料セミナー@幻冬舎(東京)
バフェット・ソロスの系譜を引き継ぐスパークスの「絶対リターンの獲得手法」と、「投資信託」の正しい使い方

 

例えば、アメリカには金融業界の専門雑誌として「インスティチューショナル・インベスター(Institutional Investor:機関投資家)」という月刊誌がある。イギリスの「ユーロマネー」と双璧をなす金融業界のブランド誌であるこの雑誌で、1981年にジョージ・ソロスが表紙に掲載されたことがある。そのカバー・ストーリーのタイトルが「TheGreatest Money Manager In The World(世界最強の投資家)」だった。

 

記事は次のように始まった。「ジョージ・ソロスには損を出した年がない。そして成功した年には莫大な収益を上げた。これは、過去10年間、資産運用の流行に乗って儲け、その過程で1億ドルに及ぶ個人資産をつくった男の物語だ」。この記事の行間に込められた当時のソロス氏の評価は必ずしも尊敬と称賛というものではなく、投機的手法で多額の個人的利益を稼ぐ、成り上がりのファンド・マネジャーというニュアンスだった。

 

余談だが、それから20年近く経った2003年、スパークス・グループの代表として筆者も、この「インスティチューショナル・インベスター」誌の表紙に登場することになった。カバー・ストーリーのタイトルは「Rockin’ JAPAN:Shuhei Abe’s hedge fund, Sparx, hitsall the right notes in Tokyo(日本を揺るがす:阿部修平のヘッジファンド、スパークスは東京に正しい調べを鳴り響かせる)」だった。筆者の趣味である音楽と、スパークスの投資判断の正確さをもじったものだ。

本連載は、2015年1月22日刊行の書籍『株しかない』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ソロスに学んだ、株という恐るべき「知的兵器」

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長

スパークス・グループ株式会社 代表取締役社長。
1954 年札幌生まれ。78 年上智大学経済学部卒業。80年に米ボストンのバブソンカレッジでMBA 取得。帰国後、81 年に野村総合研究所の企業調査アナリストとしてキャリアをスタート。82 年ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナル(ニューヨーク)に出向し、米国機関投資家向けの日本株のセールス業務に従事。85 年、ニューヨークでアベ・キャピタル・リサーチを設立。
日本株分析のレポートが世界的投資家ジョージ・ソロスの心を動かし、1 億ドルの運用を任される。89 年に帰国後、スパークス投資顧問を設立、2001 年に上場。05年ハーバード大学ビジネススクールでAMP取得。11 年政府のエネルギー・環境会議コスト等検証委員会委員就任。
12 年政府の需給検証委員会委員就任。12 年国際協力銀行 リスク・アド バイザリー委員会委員就任。運用資産残高は8143 億円(14 年11 月度)。著書に『市場は間違える、だからチャンスがある』(日本経済新聞出版社)などがある。

著者紹介

株しかない

株しかない

阿部 修平

幻冬舎

一度きりの人生を自分自身の力で大きく変えろ! 8000億円を運用する「伝説のファンドマネジャー」が、株式投資で勝つための戦略と戦術を明かす 〇日本経済はデフレのスーパーサイクルから解放された 〇苦難の20年が日本企業…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧