米国では学生街の不動産が特に安定した収益を生む理由

カリフォルニア州には名門といわれる大学が多くあります。安定的な家賃収入を確保したいと考えている人には、学生街への投資は高い魅力を持っています。

卒業してもすぐに新しい学生が入ってくる!?

カリフォルニア州の不動産に投資する際の事例を、いくつか紹介していきたいと思います。まず、米国不動産に投資して、きちんと家賃収入を確保したい人向けの事例です。

 

この場合は、学生街に投資するようにします。カリフォルニア州には名門といわれる大学がたくさんあります。代表的なところとしてはUCLA(University of California,Los Angeles:カリフォルニア大学ロサンゼルス校)、USC(University of SouthernCalifornia:南カリフォルニア大学)、スタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア工科大学などです。

 

[PR] 書籍プレゼントあり!東京会場(幻冬舎)

無料セミナー『大本命 テキサス不動産投資』

 

●カリフォルニア州主要大学の所在地

こうした大学の近辺にある学生街は、コンドミニアムやアパートがたくさんあって、そこには多くの学生が生活しています。学生街は、投資対象としては、高い魅力を持っています。学生は常に入学してくるので、卒業してアパートから出ていったとしても、すぐに新しい学生が入ってきます。つまり賃貸収入が保証されているようなものなのです。したがって、キャッシュフローが安定しており、長期保有で安定的な家賃収入を確保したいと考えている人には向いていると思います。

アパート1棟の投資なら億単位の資金が必要に

ただし、大学生向けのアパート1棟の場合で、最低でも日本円で億単位の資金が必要になります。特にUCLAの近辺は、非常に物件価格が高額になります。テキサス大学に近いオースティンのコンドミニアムであれば、1棟につき2億〜3億円も出せば大丈夫ですが、UCLA近辺になると10億円、20億円という物件価格はザラです。

 

USCの近辺も、同様に高い水準を維持しています。ただ、そこからもう少し先に進んだ黒人街にある物件だと、もっと安く買えます。ちょっと安めのところに住み、一生懸命に勉強しようと考えている学生が、多く住んでいます。

 

[PR] 書籍プレゼントあり!東京会場(幻冬舎)

無料セミナー『大本命 テキサス不動産投資』

 

また、UCLAは州立大学なのですが、USCは私立の大学で、いわゆるお金持ちの子弟が行くような大学です。当然、親の資金力が高いので、親が学校近くのコンドミニアムやアパートを購入するケースが増えています。

 

●世界の大学ランキング(2013)

Times Higher Education 世界大学ランキング2013 をもとに作成。
カリフォルニア州の大学をはじめとしたアメリカの大学が世界ランキングの上位を占める
Times Higher Education 世界大学ランキング2013 をもとに作成。
カリフォルニア州の大学をはじめとしたアメリカの大学が世界ランキングの上位を占める

本連載は、2014年10月3日刊行の書籍『本命 米国不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を示したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、出版社、著者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

リーバンズコーポレーション 会長

1953年生まれ。米国在住35年。カリフォルニア州を拠点に保険・証券・不動産・ファイナンシャルアドバイザーとしてキャリアを積み、2002年、ロサンゼルス郊外のトーランスにリーバンズコーポレーションを設立。豊富な不動産の販売・仲介・管理実績を持ち、米国居住者以外の信託活用法など、不動産保有にかかる関連アドバイスにも強みがある。

著者紹介

連載米国不動産投資が「本命」といえる理由

本命 米国不動産投資

本命 米国不動産投資

ニック 市丸

幻冬舎メディアコンサルティング

成熟経済であり、人口も減少フェーズに入った日本では、国内市場のパイは縮小を続け、不動産マーケットの未来も決して明るくはない。さらに1000兆円を超える財政赤字、超高齢化社会における社会保障費の増大、特に富裕層をター…

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年07月22日(土)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

※本セミナーは、8月23日(水)にも開催いたします。(幻冬舎本社)

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力から見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年08月23日(水)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1億円超の一棟物アパートから1000万円以下の物件まで最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

※本セミナーは、7月22日(土)にも開催いたします。(幻冬舎本社)

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧