相続・事業承継 相続対策 節税
連載大増税時代に大損しない「不動産を活用した相続税対策」【第5回】

賃貸不動産を活用して1億4000万円以上の節税に成功した事例

土地の無償返還に関する届出基礎控除課税財産総額同族法人

賃貸不動産を活用して1億4000万円以上の節税に成功した事例

前回は、賃貸不動産を利用した節税の仕組みと、専門家チームに頼ることの重要性について説明しました。今回は、賃貸不動産を活用した節税対策の成功事例を紹介します。

賃貸用建物の購入時に「法人」で借入れをすると・・・

今回は、連載第1回で紹介した対策をもとに、評価減を図った事例を見てみます。対策する前の詳細は、下記の図表1をご覧ください。

 

[図表1]対策前の財産状況と相続税額

資産家Aさんの財産は、主に土地・有価証券・預貯金で、土地の評価額は約5億円、有価証券・預貯金はそれぞれ4000万円でした。

 

Aさんはすでに相続税対策の一環として、所有する土地の上に同族会社の賃貸用建物を建てていました。つまり自分の土地を、同族会社に貸している状態です。ですからAさんは、「土地の無償返還に関する届出」を提出して、土地が20%の評価減を受けられる状態になっていたのです。

 

ただし、肝心なところが間違っていました。賃貸用建物を購入するための10億円ほどの借入を、すべて法人で行っていたのです。つまり、個人の借入ではありませんから、その借入が個人の財産と相殺されることはありません。ですから、相続税対策にはほとんどなっていませんでした。

 

そうすると、その時点では「土地の無償返還に関する届出」による評価減だけとなり、合計の評価額は約5億円と依然として高額なままでした。

 

この財産を相続することになるのは2人の子です。もし急にAさんが亡くなり、子がこの財産を相続したとします。すると、改正後の基礎控除を差し引いた課税財産総額は約4億4000万円となり、相続人1人あたりの取り分は約2億2000万円となります。相続税の概算としては、合計で約1億4000万円にもなってしまうのです。

 

なぜ法人で借入したかをAさんに尋ねると、業者やコンサルタントなど「いろいろな専門家」に勧められた結果とのことでした。そこにどのような意図があったのかは私でもわかりかねます。

 

しかしとにかく、Aさんは現時点でこの約1億4000万円という高額な相続税が課税されることを不安に感じており、私のところに相談に来てくださったのです。

マイナスの財産を作ってプラスの財産を得る方法とは?

そこで私は、差し迫ったこの状況を打開すべく、今度はしっかりと個人で借入をして賃貸不動産を購入する対策を提案しました。対策後の詳細は下記の図表2をご覧ください。

 

[図表2]対策後の財産状況と相続税額

まず、約5億円の評価額を減額することを考えて、6億6000万円を借り入れ、その資金で賃貸不動産を購入します。賃貸不動産の購入価額は6億6000万円ですが、相続税評価額は約2億円となります。

 

つまり、借入として6億6000万円のマイナスの財産を作って、土地と建物で約2億円となるプラスの財産を得たことになります。その結果、約4億6000万円のマイナスが生まれているのです。

 

それによって相続税額がどうなるかというと、もともとの5億円の相続税評価額があったところに、今回購入した相続税評価額が約2億円の土地と建物が加わり、合計で約7億円となります。

 

その一方で、借入の約6億6000万円があります。これはマイナスの財産ですから、約7億円から差し引くことになります。その結果、課税財産はゼロとなり、相続税もゼロとなります。これで、もともとかかるはずだった相続税額の約1億4000万円がすべて節税できました。

 

Aさんは一度同族法人による相続税対策で失敗しているのですが、結果的にこちらの相続税対策を実施することで、将来Aさんの子たちが支払う相続税をゼロにすることができたのです。

 

この事例では、大きな節税効果がわかると同時に、業者の売上のためにクライアントが損をしそうになった、看過してはいけないケースだったともいえるでしょう。

本連載は、2013年11月27日刊行の書籍『大増税時代に大損しない相続税対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

北村 英寿

北村税理士事務所 代表
税理士(東京税理士会麻布支部所属)
TKC全国会資産税対策研究会 会員 

1971年千葉県千葉市生まれ。早稲田大学卒業後は東京都港区の藤浪会計事務所に所属、資産税を中心としたコンサルティング業務に従事。六本木ヒルズや白金プラチナタワーなどの再開発案件にも携わる。2005年より早稲田大学大学院会計研究科にて租税法の大家である品川芳宣教授に師事。2007年、北村税理士事務所を開設。現在は相続税対策・申告や、顧問税理士業務を中心に行う。

著者紹介

連載大増税時代に大損しない「不動産を活用した相続税対策」

大増税時代に大損しない相続税対策

大増税時代に大損しない相続税対策

北村 英寿

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税対策を成功させるためには、実行に移してからの最終的な「出口戦略」まで考える必要があります。 「出口戦略」とは、相続税対策のために購入した賃貸不動産の最終的な顛末を考えることです。 相続発生後は、基本的にその…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest