トラブル防止の観点から見た「遺産分割協議」のポイント

前回は、被相続人の債務者から遺族が債権を回収する方法について説明しました。今回は、「もめごと」を防ぐために、遺産分割協議前に想定しておくべきことなどを見ていきます。

遺産分割協議時の値段で不動産が売れるとは限らない

<事例5>

死亡した被相続人の財産のうち、相続人の間で、ある不動産を売却して売却代金を分割する合意が成立し、売却を迅速に行うために遺産分割協議で長男の単独名義の登記にしました。

 

しかしながら、不動産の売却が予定通り進まず、気がつけば、長男の単独名義のまま、時間だけが過ぎてしまいました。売却代金をもらえるはずだったほかの相続人が、「話が違うじゃないか」と弁護士に相談し、もめごとはさらに大きくなってしまいました。

 

この事例では、遺産分割協議の結果、相続財産に含まれていた不動産を売り、その代金を相続人で分け合う代償分割が行われる予定でした。その前提として、登記を長男の単独名義としたものの、予定していた価格で売ることができなかったために、もめごとになってしまったのです。

 

そもそも、この土地の固定資産税評価額は2000万円でした。そこで、相続人はみな、最低でもその金額以上で売れるだろうと皮算用していたのです。

 

しかし、土地には、相続した時点で誰も気づかなかった大きな問題が隠れていました。すなわち、土地は道路に2メートル以上接しておらず、建築基準法上の接道義務を満たしていなかったのです。接道義務を満たしていない土地には建物を新たに建てられません。なぜなら、2メートルにも満たない道路では、たとえば災害時の避難経路の確保や、消防車や救急車などの緊急車両が接近する経路の確保が難しいからです。

 

当然、そのような土地の市場価値は低く見積もられます。2000万円で売れるなど、とても期待できないことが明らかになったわけです。このように、不動産を対象として遺産分割を行う場合には、遺産分割協議時には想定していなかった問題が見つかることが多々あります。

遺産分割協議書には問題発生時の対処方法も記載

接道義務以外の例としては、水道関連のトラブルも要注意です。たとえば、相続した土地に敷かれている水道管が私有地の下を通っているような場合、その私有地の所有者から工事の承諾を得られないために、水道管が老朽化しても交換できなくなることがあります。

 

仮にこうしたリスクのある土地を、遺産分割の結果、取得してしまったら大変です。「この土地には問題があったから、分割は無効だ」と主張しても、遺産分割はそう簡単にやり直すことはできません。相続人全員が合意しなければ、まず無理であると思っておいたほうがよいでしょう。

 

したがって、遺産分割の対象となった不動産に問題が発覚した結果、トラブルとなるのを避けたいのであれば、事前に十分な対策をとっておくことです。具体的には、遺産分割協議書の中に、万が一想定していなかったような事態が生じた場合に、どのように対処するのかについても記載しておくべきです。

 

また、遺産分割の結果、自分がよく知らない遠隔地にある不動産を譲り受けることになるような場合には、協議書に合意する前に、現地の不動産業者に依頼するなどして、その不動産に問題がないか、用心深く調査しておくことが望ましいでしょう。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『ドロ沼相続の出口』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

眞鍋 淳也

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員 弁護士/公認会計士

弁護士・公認会計士。南青山M’s法律会計事務所代表。芦屋大学経営教育学部客員教授。
1973年愛媛県生まれ。1995年一橋大学経済学部卒業。2006年成蹊大学にて法務博士号取得。1995年監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社、上場企業の監査、M&A等に携わる。その後、会計事務所、法律事務所勤務等を経て2009年に南青山M’s法律会計事務所を設立。個人、企業にとって身近な法律問題はもちろん、税務問題、会計問題、それらが絡み合う複雑な問題についても、冷静に問題を分析し、依頼者にとって最も利益となる問題の解決方法を提案、実践している。著書に『ドロ沼相続の出口』(幻冬舎)。

著者紹介

連載ドロ沼相続の対処法と事前防止策

ドロ沼相続の出口

ドロ沼相続の出口

眞鍋 淳也

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税の増税が叫ばれる昨今。ただ、相続で本当に恐ろしく、最も警戒しなければならないのは、相続税よりも、遺産分割時のトラブルです。幸せだった家族が、金銭をめぐって骨肉の争いを繰り広げる……そんな悲劇が今もどこかで…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest