遺言書の「偽造」を見破り、対処する方法

今回は、相続トラブルのひとつである「遺言書の偽造」への対処法について、具体例を交えて見ていきます。

被相続人の認知症を利用した兄弟が・・・

<事例2>

被相続人の死亡後、自筆証書遺言2通、公正証書遺言1通が見つかりました。そのうち、最初に作成された自筆証書遺言には全財産を相続人のAさんに、2番目に作成された自筆証書遺言および、最後に作成された公正証書遺言には全財産を相続人のBさんにと記されていました。

 

AさんとBさんは兄弟であり、相続人はこの二人だけです。Bさんは、銀行から公正証書遺言に基づき預金名義を変更し、引き出そうとしましたが、銀行は、ほかにも遺言書があることを知り、供託しました。

 

被相続人は、認知症を患っており、AさんはBさんが本人に無理に遺言書を書かせたのではないかと疑問を持ちます。そして、Aさんは、全財産をBさんにとする自筆証書遺言および、公正証書遺言が無効であるとして、Bさんに対して訴訟を提起したのでした。

 

遺言書は相続トラブルを防ぐ手段として効果的ですが、他の相続人が自らの利益となるように、その中身を偽造するおそれがあります。この事例は、遺言書の偽造が疑われる場合に、どのように対処すればよいのかを考えるうえで参考になるでしょう。

 

具体的な状況をより詳しく説明すると、全財産をBさんのものとする旨の自筆証書遺言と公正証書遺言が作成された時点で、Aさん、Bさんの父親(被相続人)は、認知症を患っていました。Bさんはそんな父親を介護施設に囲い込んで、自分にとって都合のよい遺言書を作成させていたのです。

 

その後、さらにBさんは、裁判所に父親の成年後見の申立てをしました。「まだ、AがA自身に有利な遺言書を父親に作らせる危険がある」と考え、自らが成年後見人となることで、Aさんが父親に遺言書を書かせることを不可能にさせるのが狙いでした。

 

しかし、皮肉なことに、このような策略が逆にBさんの墓穴を掘ることとなったのです。

遺言書が偽造された場合には「不審な点」が必ずある

成年後見の申立ての際、裁判所に、父親が認知症で心神喪失状態にあることを明らかにするため、Bさんはその旨を診断した病院のカルテを提出していました。そこで、Aさんの依頼を受けて、事例の代理人を務めていた私は、父親の診断を行った病院に対して、カルテの開示を求めました。

 

カルテを見ると、認知症の判定でよく利用される長谷川式簡易知能評価スケールと呼ばれる知能検査が行われており、その採点結果は零点でした。自分が何歳であるか、診断を受けた日が何日かもわからないほどで、父親が読み書きすらできない状況となっていたことは明らかでした。

 

しかも、この診断が行われたのは公正証書遺言作成日のまさに前日。つまり、父親が遺言書に書かれていることを理解することができない状態であるにもかかわらず、公正証書遺言は作成されていたのです。

 

そこで、私たちは訴訟で「父親はとうてい遺言書など作成できない状態だったのだから、公正証書遺言は無効である」と主張したのです。

 

この主張は認められ、第一審裁判所は、公正証書遺言は無効であるとの判断を示しました。公正証書遺言が無効とされることは非常に珍しく、ほとんど例がありません。そのような意味において、これは実に画期的な判決でした。

 

もっとも、自筆証書遺言の無効までは判断してもらえなかったので控訴し、二審では、Bが、心神喪失状態に陥っていた父親に公正証書遺言を作成させたのは、遺言書の偽造にほかならないという主張を行いました。

 

遺言書の偽造は相続の欠格事由に当たります。したがって、こちらの主張が認められれば、Bさんは相続人としての資格を失うことになるはずでした。

 

この訴訟戦略は、みごと功を奏しました。「このままでは相続財産をすべて失うことになる・・・」と不安に思ったBさんは和解に応じ、依頼人に有利な形で訴訟を決着させることに成功したのです。

 

このケースでは、おそらく、公正証書遺言を作成するだけにとどめていれば、相続財産を独り占めするBさんの企ては実現していたに違いありません。策士策に溺れるではありませんが、さらに万全を期そうと、成年後見の申立てをしたことが相手側に大きな逆転の手がかりを与えてしまったのです。

 

このように、遺言書が偽造された場合には、その疑いを客観的に示す何らかの手がかりや不審な点が必ずあるはずです。

 

そこを突破口とすれば、遺言書偽造の事実を証明し、本ケースのようにそれを理由として相続欠格を主張するなど、紛争の具体的な状況に応じた解決のための道筋を得られるに違いありません。

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『ドロ沼相続の出口』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載ドロ沼相続の対処法と事前防止策

南青山 M’s 法律会計事務所 代表社員 弁護士/公認会計士

弁護士・公認会計士。南青山M’s法律会計事務所代表。芦屋大学経営教育学部客員教授。
1973年愛媛県生まれ。1995年一橋大学経済学部卒業。2006年成蹊大学にて法務博士号取得。1995年監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入社、上場企業の監査、M&A等に携わる。その後、会計事務所、法律事務所勤務等を経て2009年に南青山M’s法律会計事務所を設立。個人、企業にとって身近な法律問題はもちろん、税務問題、会計問題、それらが絡み合う複雑な問題についても、冷静に問題を分析し、依頼者にとって最も利益となる問題の解決方法を提案、実践している。著書に『ドロ沼相続の出口』(幻冬舎)。

著者紹介

ドロ沼相続の出口

ドロ沼相続の出口

眞鍋 淳也

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税の増税が叫ばれる昨今。ただ、相続で本当に恐ろしく、最も警戒しなければならないのは、相続税よりも、遺産分割時のトラブルです。幸せだった家族が、金銭をめぐって骨肉の争いを繰り広げる……そんな悲劇が今もどこかで…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧