海外関連の銘柄で「東京五輪までのチャンス」を活かす方法

前回は、割安な銘柄を機械的に売買して、短期間で利益を倍増させる方法を紹介しました。今回は、「海外」というキーワードをもとに、東京オリンピックまでの株式投資チャンスを活かす方法を見ていきます。

東京五輪までは積極的に海外展開している企業が狙い目

2020年の東京オリンピックまでは資金作りの一大チャンスです。これからの数年のような株式投資のチャンスは、この先二度と訪れない可能性すらあると私は考えています。

 

相場全体が浮上する中、さまざまな業種の株が値上がりしていくと思いますが、その中で特に注目したいのが、「海外」に関わる銘柄です。

 

一つは、海外からの旅行客増加が収益にプラスになる銘柄です。為替は円安傾向が続き、オリンピックのための環境整備も進んでいきますから、日本にはこれまで以上に海外からの観光客が訪れるでしょう。旅行代理店などの旅行会社、お土産の大量買いなどが見込まれる小売業、ホテル関連、また海外旅行者向けのサービスなどを提供する企業にも注目が集まるでしょう。

 

もう一つは、積極的に海外展開している企業です。こちらの株価も力強く上昇していくことが予想できます。具体例を挙げると、2020年に年間5兆円の売上目標を掲げているファーストリテイリングや米国で通信会社を買収するなど海外戦略を強化しているソフトバンク、さらにゲームソフト開発やSNS関連はある程度の規模があれば、その多くが国内に留まることなく、海外に向けた展開を強化していくことが確実です。

外国人投資家の「買い」に応えられるような業種に注目

また、「海外」というキーワードで考えるとき、「海外投資家(外国人投資家)が狙う銘柄」も、これからの株価の上昇が大いに期待できるでしょう。

 

外国人投資家は買い入れの規模が大きいため、スケールの大きい買いに応えられるような業種の中に大化け株の素地があると考えられます。例えば、銀行、不動産、商社、海運、小売、証券、建設、鉄鋼、セメント、薬品、電機、自動車などです。その業種の中の個別銘柄のみが上がる場合もありますが、大きな資金が投入される場合はジャンルごといっせいに株価が上昇するケースもあります。

 

これからの数年間、長期で投資する際には「海外」というキーワードを頭の中に常に置いておくことが、大きな儲けにつながります。

本連載は、2015年3月17日刊行の書籍『知識ゼロ、資金ゼロから億万長者になれる株入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中長期の株式投資で成功する「銘柄の選び方」

株式情報サイト「キッチンカブ―」 代表
NSN株式会社 代表取締役社長 

1954年生まれ。証券会社、「産業と経済」編集人を経て、2000年より現職。デイトレードを中心に、株式投資に役立つ情報をインターネット上で毎日配信している。

著者紹介

知識ゼロ、資金ゼロから 億万長者になれる株入門

知識ゼロ、資金ゼロから 億万長者になれる株入門

鈴木 正剛

幻冬舎メディアコンサルティング

日本ではアベノミクスやオリンピック開催により、今後3年以上は株高トレンドが続くと見られています。この好機に、いよいよ株を買ってみたい、過去に失敗したけれど再チャレンジしてみたいと考える人が多い一方で、株は複雑で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧