「ミュージション」が広さ28㎡にこだわる理由

マンション経営はあくまでも投資であり、投資効率を念頭に、広さや間取りを決める必要があります。今回は、「ミュージション」が28㎡の広さにこだわる理由について見ていきます。

ある程度の広さを超えると家賃には反映されにくい!?

ミュージションの間取りは基本的に1Kタイプで、広さは28㎡です。これは最高の㎡賃料効率を得られる広さであると同時に、勉強机兼用のダイニングテーブルとベッドを置いても、グランドピアノがきっちり入る面積でもあります。

 

それまでの楽器可マンションは、通常のワンルームマンション同様、20㎡程度の広さが主流でした。そのため、ピアニストやピアニストの卵たちは、ピアノの下に布団を敷いて寝るのが常識という、快適とはほど遠い状態で暮らしていました。

 

寝て目が覚めたら、ピアノの底が見えるのですから、ものすごい圧迫感だと思います。当時の生活がよっぽど辛かったのでしょう。最初の頃のお客様がミュージションの室内を見て、「もう、グランドピアノの下に寝なくていいんですね」と大喜びしていたのを、今でも覚えています。

 

それでも、28㎡というのは、入ってみて「わあ、広い」というほどの印象はないために、オーナーから「せっかくだから、もう少し広くしよう」と提案を受けることもあります。しかし、よっぽどの理由がない限り、筆者は賛同しません。投資効率を考えるなら、広さにはシビアになるべきだからです。

 

たとえば、あるエリアの限界賃料(入居者が支払えるであろう見込み家賃の上限)が10万円という場合、28㎡と32㎡では㎡賃料効率に14%以上の差がつきます。「広くすれば賃料が上がるのでは?」と疑問に思う方がいるかもしれませんが、入居者が支払える金額には限度があるため、ある程度まで上がると、それ以上は広くしても家賃には反映されにくくなります。筆者の経験では、その臨界点が28㎡なのです。

 

投資マンションの経営では「細部」までこだわる

この意味を総コストとして考えてみましょう。建物の建築費が6億円で、1部屋面積が32㎡、総戸数が50戸の賃貸マンションを建てるとします。これをもし、1部屋28㎡にすると、6億円÷32×28で建物費は5億2500万円となり、7500万円のコストダウンとなります。

 

もう少し細かく見ると、建物の中に含まれる共用設備などの費用は減りませんので、だいたい7500万円の30%にあたる金額を節約できたと仮定すると、2250万円の節約になります。これだけコストダウンをしても、賃料は変わりません。あまりおすすめしませんが浮いた2250万円で別の設備をたくさんつけることもできますから、その違いは大きいといえます。

 

この4㎡の差の話をすると、「細かいですね」と驚かれるのですが、マンション経営はあくまでも投資なのですから、細かいといわれても筆者はこだわるべきだと思います。

 

本連載は、2011年2月28日刊行の書籍『近隣物件よりも高い賃料で長く儲ける満室賃貸革命』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載近隣物件よりも高い賃料で長く儲けるマンション経営術

株式会社リブラン 代表取締役

1967年、東京生まれ。株式会社大京にて分譲マンション事業用地の仕入を担当。その後、1992年、株式会社リブランへ入社し、2002年、同社代表取締役に就任する。マーケットシェアを奪い合う分譲マンション業界で、同業他社とは同じ土俵で勝負しない経営スタイルを堅持。24時間、音楽漬けを可能とするマンション「ミュージション」の分譲、賃貸事業を行い、新たなマーケットの創造を行う。

著者紹介

満室賃貸革命

満室賃貸革命

鈴木 雄二

幻冬舎メディアコンサルティング

今後50年余りで、日本の人口は約9000万人にまで減少すると予想されています。これは、現在の人口から約3割もの人がいなくなる計算です。そのような将来が予想される中、今でも賃貸マンションは次々と建ち続け、オーナーさんは…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧