改めて考える「お金」と「幸福」の関係性とは?

前回は、自己投資と株式投資の違いについて説明しました。今回は、お金と幸福の関係性を改めて考えてみます。

お金があれば満足度が高まることは否定できない事実

かつて、ライブドアの社長であった堀江貴文氏は、「世の中にカネで買えないものなんて、あるわけがない」という趣旨の発言をしたとして、マスコミにひどく叩かれました。

 

確かに露悪的な発言で、筆者もまったく同意したくはありませんが、もしこれが「世の中の不幸は、ある程度、お金で解決ができる」という穏当な表現であったならば、大きくうなずかざるを得ません。どんなにお金があっても病気が治るわけではありませんが、お金がないために病気の治療が受けられないとなればそれは不幸なことだからです。

 

お金と幸福の関係については、以前から研究の対象となってきました。中でも最も有名なのは経済学者のリチャード・イースタリン氏が1974年に発表した「イースタリンの逆説」です。これは、所得が増えるに従って幸福度は上がっていくものの、一定の水準を超えてしまうと、所得が増加しても主観的な幸福度がなかなか上がらなくなるというものです。

 

このことは、私たちの常識的な感覚でもある程度は理解できます。年収が200万円から300万円になれば大きな喜びですが、1000万円から1100万円になってもそれほど喜びは感じられないことでしょう。

 

イースタリン氏はまた、時系列で見た場合や別々の国で比較した場合でも、所得と生活満足度の相関関係がほとんどなくなることも指摘しました。例えば、30年前に年収300万円の人と現在の年収600万円の人の生活満足度に差がなかったり、1人当たりGDPが1万ドル以下のタイやインドネシアと、3万ドル以上のイギリスやスイスを比較しても、国民の生活満足度はそれほど変わらなかったりするのです。

 

その理由として考えられているのは「相対仮説」(人間の生活満足度は周囲との相対的な尺度によってはかられる)と「順応仮説」(所得が増えて満足度が上がってもすぐに慣れて不満が出てくる)です。

 

とはいえ、大きな枠組みで見る限り、所得と生活満足度の間には明確に相関関係があることは、アメリカの経済学者ベッツィー・スティーブンソンとジャスティン・ウォルファーズによる2013年の研究でも証明されています。お金がなくても人生に満足することはできるものの、お金があれば満足度が高まることは否定できない事実であるようです。

投資にはネガティブなイメージもつきまとうが・・・

それではなぜ私たちは「お金」に対して嫌悪感を持っているのでしょうか。なぜ「お金」が欲しいと公言することを下品に感じたり、「お金」を貯めることを「ケチ」や「守銭奴」と言って蔑んだりする傾向があるのでしょうか。

 

これは、清貧の思想が尊ばれる日本だけの傾向ではありません。ヨーロッパでもお金を貸して利息を取るなりわいはイメージのよくない仕事であり、差別されていたユダヤ人が仕方なく金融業を営むという歴史もありました。そのおかげでユダヤの金融資本ができ上がったのですが、そうなったらそうなったで、ユダヤ資本による陰謀論がささやかれるようになりました。

 

シェイクスピアが「ベニスの商人」でユダヤ人の高利貸しシャイロックを極悪人に描いた頃からずっと、お金でお金を生む「投資」に対するイメージはネガティブなままなのです。

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載インフレ時代の投資入門

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG 投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987 年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG 投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013 年1 月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA 協会認定証券アナリスト。

著者紹介

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧