相続・事業承継 M&A
連載オーナー社長のための会社の売り方【第45回】

会社の売却では、
いつ、どんな税金がかかるのか?

株式譲渡キャピタル・ゲイン事業譲渡

会社の売却では、いつ、どんな税金がかかるのか?

同じM&Aであっても、株式譲渡と事業譲渡ではかかってくる税金に違いがあります。ここでは、その税金の違いについて説明します。

納税の種類と納税のタイミングに注意

株式譲渡によるM&Aの場合、売ろうとしている会社は株主が買い手に代わっただけで、会社自体の資産や負債には何ら変動が生じません。 
 
そのため、売り手のオーナー社長が現金化した非上場株のキャピタル・ゲインに対する税金(個人の所得税と住民税)20%を納めるだけで、経営していた会社には課税されません。 
 
つまり、株式譲渡の場合、会社に対する課税がないので、課税は1回で済みます。 
 
株式譲渡によるM&Aでは、元のオーナー社長は、M&Aにより株式を売却した年の翌年3月15日までに、所得税と住民税を払うことになります。 
 
具体的にいうと、ある年の1月1日~12月31日に生じた所得に対して、その翌年の3月15日までに個人所得の確定申告をし、その年度に決まった税額を納めるということです。 
 
当然、手元にたくさん入ったうちの税金分を、流動的なかたちで残しておかなければなりません。

事業譲渡の場合は、法人の決算期に合わせて

一方、事業譲渡のかたちでM&Aをした場合は、税金は、法人の決算期末から原則として2カ月以内に払うことになります。 
 
例えば決算が3月の会社で、事業をある年の12月に売却したとき、翌年の3月の決算に売買の結果が決算として反映され、原則として決算期末から2カ月以内に法人税等の確定申告と納税を行います。 

本連載は、2013年7月2日刊行の書籍『オーナー社長のための会社の売り方』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

GTAC

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載オーナー社長のための会社の売り方

オーナー社長のための会社の売り方

オーナー社長のための会社の売り方

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

オーナー社長にとって、会社人生の最後で最大の仕事こそが事業承継。創業以来、長年に渡って経営してきた会社を次代に残す。また、従業員の雇用を守りつつ、買い手企業の新たな資本の元で、会社の価値をさらに高めていくことで…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

The Latest