「寄り付き」「ザラ場」etc・・・株式市場特有の名称の意味

前回は、投資家の種類などについて説明しました。今回は、証券取引所の開いている時間、「寄り付き」「ザラ場」などの名称の意味、「ネット証券」の概要などについて見ていきます。

相場が閉まっている時間でも注文は出しておける

証券取引所が開いているのは、平日の昼間だけです。いずれは夜間取引も始まる予定ですが、今のところはまだ昼間に限られています。そして、土日、祝日、年末年始は休場です。

 

昼間に開いている時間は、東証の場合で9時〜11時半、そして12時半〜15時です。ちなみに、名証・福証・札証は、東証と微妙に開場時間が異なります。午前の相場は前場(ぜんば)、午後の相場は後場(ごば)と呼ばれます。

 

株式市場には、節目のタイミングに特有の名称が与えられています。それを時系列にご紹介しておきましょう。

 

●9時(前場が始まる時間)・・・寄り付き

●11時半(前場が終わる時間)・・・引け

●12時半(後場が始まる時間)・・・後場寄り付き

●15時(後場が終わる時間)・・・大引け

 

これらは基本の用語なので、ぜひ覚えておいてください。なお、寄り付きで最初についた株価は「始値(はじめね)」、大引けの株価は「終値(おわりね)」といいます。証券取引所が開いていて、株の売買が行われる時間を「ザラ場」と呼びます。ザラ場で注文を出せば、状況次第で即時注文を成立させることができます。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

 

ただし、相場が閉まっている時間でも、注文を出しておくことはできます。そのときは即時注文が成立することはなく、通常は翌日の相場の寄り付きで発注されることになります。

売買手数料が安い「ネット証券」がお勧め

注文を出す――といいますが、投資家が直接証券取引所に注文することはできません。証券取引所と投資家の間には、常に仲介役が必要です。それが、証券会社です。

 

世の中には証券会社がたくさんあります。全国のあちこちに店舗を構えている大手から、地方銀行のように、一定の地方だけに根差している地場証券、あるいは店舗を構えないネット証券まで、形態はいろいろです。

 

その中でお勧めはネット証券です。店舗のある証券会社でも、最近は大抵ネットからでも注文を出せるようになっていますが、ネット専業の証券会社のほうが、あらゆる意味でベターです。

 

ネット証券は何といっても売買手数料が安いというのが一番のメリットです。また、証券会社の社員と直接接することはないので、ノルマを背負った営業担当に「この投資信託買いませんか」などと、しつこく営業をかけられることもありません。

 

投資信託や債券といった、株以外の商品の品ぞろえは各社で異なりますが、日本の株についてはどの証券会社でも同じように取引できるので、好きなところを選びましょう。一応、判断の目安をいうとすれば、サイト上の発注画面などが多機能すぎて複雑なところより、すべてがシンプルで、チャートなどが見やすい証券会社が一番ではないかと思います。

 

ネット証券の売買手数料は各社で異なるので、その点も注意してみてください。しかし、最近はネット証券であればどこも良心的な設定になっており、安心して取引できるようになっています。

年間一定額以内の投資なら課税免除の「NISA」

また、2014年1月より、「NISA(少額投資非課税制度)」の導入が開始されました。通常、株を売ったときには、その利益の約20%が税金として差し引かれます。しかし、NISAを利用すれば、年間100万円(2016年より年間120万円)までの投資について、いくら利益が出ても税金がかからなくなり、かなりおトクです。

 

NISAを利用するには、証券会社、あるいは銀行でNISA専用口座を開く必要があります。住民票の写しを提出するなど、細かなルールが設けられており、わずらわしい部分もありますが、非課税になるというメリットは大きいので、利用したほうがよいでしょう。

※2016年より年間120万円が上限となります。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

本連載は、2014年7月25日刊行の書籍『明日ドカンと上がる株の見つけ方』から抜粋したものです。
本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、筆者が運営する投資顧問サービス「マエストロの株式ボナセーラ」に勧誘することを目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。本連載の内容に関して投資した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。なお、「マエストロの株式ボナセーラ」の業務、手数料、およびリスクなどに関しましては、ホームページに掲載の契約締結前交付書面を十分にお読みください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載<初心者向け>「株式投資の達人」が教える取引の仕組み&基本ルール

株式会社クマガイサポート 代表取締役

1992年に株式投資を始め、短期売買で儲けるテクニカル分析をマスター。「あせらない」「欲をかかない」「確実に」をモットーに大きな成果を収める。現在は「マエストロの株式ボナセーラ」の運営者として、大型銘柄から中小型銘柄に至るまで短期上昇が期待される値動きのよい銘柄を会員向けに提案。目標株価とロスカット株価を明記した提案に加え、日々フォローを行う姿勢は親切で丁寧。テクニカル分析を重視し圧倒的に高い的中率から人気を博す。Yahoo!ファイナンス投資の達人では多くの個人投資家から高い支持を持つ。

著者紹介

明日ドカンと上がる株の見つけ方

明日ドカンと上がる株の見つけ方

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

「株はギャンブル」「難しい」「思うように儲からない」 株に対してこんな嫌な思いをしてきた方も多いのではないでしょうか。 実際、株は簡単なものではありません。しかし、やり方さえ間違えなければ、株で勝つのはそう難し…

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

日本株式市場が活況を呈している今、巷にはたくさんの株式投資関連の書籍が溢れています。その多くは世界情勢や国内情勢、政府の政策や為替の動向などを分析し、日本株が上昇する理由を記したものや、チャートの見方を説明した…

資産運用セミナーのご案内 有料 3,000円 主催:カメハメハ倶楽部

熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

~『えっ?』と驚くほどシンプルなチャート分析だけで<br /> 驚異の的中率を実現する「本物のプロ」のトレード手法とは?

講師 熊谷亮 氏
日時 2018年01月13日(土)
内容

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧