税理士選びの失敗による消費税関連の「訴訟事例」とは?

前回は、原則課税と簡易課税、消費税転嫁対策特別措置法などについて説明しました。今回は、会計実務を担うパートナー選びの重要性と、その失敗による「訴訟事例」を見ていきます。

「消費税」をめぐって税理士が訴えられる例は多い

消費税を取り巻く様々な状況から自分の身を守るという意味で、会計実務を担うパートナー選びは重要です。パートナー選びを間違ったことで、痛い目を見た事業者がたくさんいます。

 

たとえば、株式会社日税連保険サービスが発行する「税理士職業賠償責任保険事故事例(2014年度版)」には、次のような事例が報告されています。適宜注釈を加えつつ抜粋して、3例を紹介します。

 

●「消費税課税事業者選択届出書」の提出失念により過大納付となった事例

 

平成22年2月、税理士は依頼者法人の設立(資本金2000万円、決算期3月31日)とともに関与を開始しました。依頼者法人は農業関連事業を行う組合法人で、設立当初は売上はほとんどなく、第3期には補助事業による多額の機械設備の取得を予定していました。この計画について、税理士は代表理事より事前に説明を受けていました。

 

平成24年5月、税理士は第3期(平成24年3月期)の消費税確定申告書を提出したところ、6月、税務署より免税事業者である旨の連絡を受けました。このとき、「消費税課税事業者選択届出書」を平成23年3月31日までに提出しなければならなかったのに、失念していたことが発覚しました。

 

「消費税課税事業者選択届出書」というのは、免税事業者が課税事業者として消費税確定申告書を提出したい場合に、期限内に提出しておかなければならない書類です。これをすることによって、免税事業者でも消費税確定申告を経て消費税の還付が受けられます。

 

届出書の出し忘れが発覚した後、税務署担当官と救済の交渉を行いましたが救済は受けられず、税理士は依頼者から損害賠償請求を受けました。

 

●「消費税簡易課税制度選択不適用届出書」の提出失念により過大納付となった事例

 

合併法人である依頼者の平成25年9月期の消費税について、原則課税が有利であるにもかかわらず、税理士が届出書の確認を怠りました。そのため、過去に提出されていた「消費税簡易課税制度選択届出書」の効力により、不利な簡易課税での申告となってしまいました。

 

これによって有利な原則課税と不利な簡易課税との差額分の損害が発生し、税理士は依頼者から損害賠償請求を受けました。

 

●消費税の課税区分を誤ったことにより過大納付となった事例

 

税理士が依頼者の賃貸収入についての消費税申告を行う際に、賃借人が法人名義である収益物件についてはすべて事業者用建物の賃貸契約であると考え、消費税の課税取引として申告を行っていました。

 

ところが、担当者の変更により改めて依頼者の契約書を確認したところ、すべて事業用借地権の賃貸料であることが判明し、誤認が発覚しました。

 

税理士は課税・非課税等の区分を誤認したわけですが、この誤認がなければ、そもそも依頼者は免税事業者であり、消費税の納税義務はなかったのです。税理士が事実関係を契約書などで確認しなかったことによるミスです。

 

結局、直近の数年は更正の請求等が認められたため依頼者の損害は回復しましたが、それ以前の過大納付消費税額等について、税理士は依頼者から損害賠償請求を受けました。

「経営の中身」に関心を持ってくれる人物を選ぶ

こうしたトラブルに備えて、税理士は「税理士職業賠償責任保険」に加入しています。保険に入っておかねばならないほど、消費税のトラブルは日常的に起こっているということなのです。

 

消費税を巡る事故の多くは、税理士の不注意やクライアントとのコミュニケーション不足から起こっています。税理士選びでまず大事なことは、クライアントとのコミュニケーションを面倒くさがらず、クライアントの会社や経営の中身に関心を持ってくれる人物であることです。

 

顧問会計士・税理士を選ぶとき、知り合いから紹介された、近所の事務所を適当に調べた、インターネット上の情報のみで選んだ、紹介会社に頼んで紹介してもらった、先代からの縁で引き続きお願いした、ということはありませんか? 安易な選び方をすると、ミスマッチが起こりがちです。

 

また、「公認会計士・税理士だから」「税やお金のプロだから」といって肩書だけで信じると、外れくじに当たってしまうこともあります。十分な実務の力がない人、クライアントへの誠意がなく、目の前の仕事さえ片付ければいいと思っている人、自らを過信して反省したり勉強したりすることのない人もいるので、その見極めには特に慎重になっていただきたいと切に願います。

本連載は、2015年7月30日刊行の書籍『低成長時代を生き抜く中小企業経営9カ条』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

真下 和男

真下公認会計士事務所 所長

真下公認会計士事務所所長。公認会計士。税理士。埼玉県東松山市を基盤に、50年以上にわたって法人および個人の会計・税務業務に従事。現在も顧問先は500を超える。クライアントの永続発展を第一に、会計にとどまらず起業家支援やM&A業務、資産運用、経営革新支援など多岐にわたるノウハウで企業をサポートしている。埼玉県税理士会理事、公認会計士協会埼玉県会会長、日本公認会計士協会常務理事(6年)、日本公認会計士協会租税調査委員会委員長(3年)、日本公認会計士協会経営研究調査会委員長(3年)などを歴任。

著者紹介

連載勝ち残る中小企業の経営者に必要な「税と法の知識」

低成長時代を生き抜く中小企業経営9カ条

低成長時代を生き抜く中小企業経営9カ条

真下 和男

幻冬舎メディアコンサルティング

経済成長や景気回復が報じられ、企業の倒産件数も減少傾向にあると言われるその裏で、休廃業・解散に追いこまれる企業の数が高止まりしている事実が隠されています。休廃業・解散は、経済状況悪化による事業継続困難という意味…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest