「株高」「円安」「インフレ」の状況下で資産を守る方法とは?

土地の値下がりや固定資産税の上昇、そして負担の増す相続税により多くの富裕層が危機に立たされています。そんな中、賢く節税し、資産を守るためにはどうしたらいいのでしょうか。本連載で詳しく解説していきます。

「何もしない」が安全な時代は終わった!?

日本では従来、リスクよりも安心、安定が尊重されてきました。資産もコツコツ貯めて維持し、堅実なことが美徳とされています。特に地方都市の富裕層ほどその傾向が強いようです。しかし、今の時代、その考えのままでは資産は減る一方です。

 

たとえば銀行に預金を置いておいても、今の超低金利下では資産は増えません。それでもこれまでは「株安」「円高」「デフレ」の時代でしたから、そのままにしておいても大幅に減ることはありませんでした。

 

それにデフレでモノの値段は下がり、モノが売れない状況下では、何かをすることがリスクにつながることもあり得ますから、資産を減らさないためには何もしないことも見識だったのです。

「経済動向」と合わせて自分の資産を検証する

しかし、これからは違います。安倍政権の推進するアベノミクスの影響で、経済は「株高」「円安」「インフレ」へと向かっています。金利上昇まではまだまだ時間はかかるかもしれませんが、確実に時代の流れは変わっています。

 

 

その流れに気づかないまま、以前のように何もせず、現状を維持していては、それが逆にリスクになります。これからは状況を読みながら、適切に行動を起こすことがリスク回避につながるのです。

 

もちろん、こうした事情が分かったうえで何もしない、積極的には動かないと決めているのであればそれはそれでよいのですが、従来までのやり方を踏襲しているだけというのであれば、一度、経済動向と合わせて自分の資産を検証し、相続も含めた今後に向けて再考してみるべきです。

本連載は、2015年1月23日刊行の書籍『大増税時代に資産を守る富裕層の不動産活用術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載確実に資産を守る「富裕層のための不動産活用術」

株式会社みらい経営 代表取締役

昭和47年浜松市生まれ。名古屋大学卒業後東海銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。法人融資担当から大手企業での上場準備経験を経て、平成15年財務支援コンサルタントとして株式会社みらい経営を創業。資金調達、事業再生、資産形成支援、承継支援、不動産流動化支援と事業を順調に拡大。
平成16年には不動産賃貸・管理業務の株式会社アットイン設立に参加、経営に携わり平成26年にグループ化。経営・財務コンサルティングから動産・不動産活用・管理までワンストップで対応できる総合力を強みに、現在グループ5社を率いている。

著者紹介

大増税時代に資産を守る 富裕層の不動産活用術

大増税時代に資産を守る 富裕層の不動産活用術

磯部 悟

幻冬舎メディアコンサルティング

日本の富裕層のほとんどは土地を所有している地主です。先祖から受け継いだ土地を保有し、それを活用することで資産を守ってきました。ところが土地の値下がりや固定資産税の上昇、そして相続税により多くの富裕層が危機に立た…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧