長期運用で活用したい個人型確定拠出年金「iDeCo」の概要

前回は、人生100年時代における「退職後の資産運用」の重要性について取り上げました。今回は、個人型確定拠出年金「iDeCo」の概要を見ていきます。

税制優遇により「株式・投信保有比率」を高めた米国

前回は、人生100年時代において、「長期の資産運用」が必要であることを説明しました。一方、日本での資産運用は、米国に比べ、浸透がかなり遅れていることも事実です。

 

かつて米国も、日本と同じ程度の株式・投信保有比率に留まっていましたが、401k(企業型確定拠出年金)やIRA(個人向け確定拠出年金)などの税優遇措置を含んだ政策を打ち出し、少額からの投資や投資積立、長期投資を可能にし、株式・投信保有比率を高めたという経緯があります。その結果、アメリカ人は資産を増やすことができました。 

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を開催!

セミナー一覧はこちら!

幻冬舎グループがIFAをはじめました!
「お金がお金を生む仕組み」を作りたいけど、相談相手がいない…この現実から抜け出すには?

 

[図表1]米国家計金融資産の株式・投資信託の保有割合の推移

(注)株式・投資信託の保有割合は、年金・保険等による間接保有分を除いた直接保有分の割合。
(資料) FRB、Bureau of Economic Analysisより、金融庁作成。
(注)株式・投資信託の保有割合は、年金・保険等による間接保有分を除いた直接保有分の割合。
(資料)FRB、BureauofEconomicAnalysisより、金融庁作成。


日本でも、平成29年1月導入の『iDeCo(個人型確定拠出年金)』や平成30年1月導入の『つみたてNISA』の普及により、人生100年時代に対応した「長期の資産運用」の浸透が期待されます。

老後の所得確保の一手となる「iDeCo」

下記図表2は、iDeCoとつみたてNISAを比較したものです。

 

[図表2]iDeCoとつみたてNISA

 

まず、iDeCoについて説明しましょう。

 

『iDeCo(イデコ)』の愛称は、個人型確定拠出年金の英語表記(individual-type Defined Contribution pension plan)の一部から構成され、また、「i」には「私」という意味が込められており、「自分で運用する年金」の特徴を表しています。

 

[PR] 本稿執筆者による「正しい投資信託の使い方」セミナー(無料)を開催!

セミナー一覧はこちら!

幻冬舎グループがIFAをはじめました!
「お金がお金を生む仕組み」を作りたいけど、相談相手がいない…この現実から抜け出すには?

 

●iDeCoとは?

 

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、確定拠出年金法に基づき、平成14年1月より制度運用がスタートした私的年金です。


これまでの公的年金や確定給付企業年金は、国や企業などの責任において資金を運用してきました。しかし確定拠出年金は、自分の持分(年金資産)が明確なため、自己の責任において運用商品を選び、運用する年金制度です。iDeCoは、国民年金や厚生年金に上乗せされる制度で、老後の所得確保の一層の充実が可能になります。

 

●iDeCoのメリット

 

iDeCoの最大の特徴は、以下の3つの税制優遇メリットがあることです。

 

①掛金が全額所得控除される

確定拠出年金の掛金は、全額が「小規模企業共済等掛金控除」の対象となり、課税所得額から差し引かれることで、所得税・住民税が軽減されます。

 

②確定拠出年金制度内での運用益が非課税

金融商品の運用益は課税(源泉分離課税20.315%)対象となりますが、確定拠出年金内の運用商品の運用益については、非課税扱いとされています。

 

③受給時に所得控除の対象となる

受給年齢に到達して確定拠出年金を一時金で受給する場合は「退職所得控除」、年金で受給する場合は「公的年金等控除」の対象となります。

 

●iDeCoの加入対象者

 

iDeCoは、基本的には60歳未満のすべての方が加入可能です。具体的には、次の条件に該当する方です。

 

①国民年金の第1号被保険者

自営業者など(国民年金保険料の免除などを受けている方、農業者年金の被保険者の方を除きます)。

 

②60歳未満の厚生年金保険の被保険者

企業年金制度のない会社員、iDeCo加入が認められている企業型確定拠出年金の加入者、確定給付企業年金・厚生年金基金の加入者、国家公務員・地方公務員の共済組合員、および私学共済の加入者(私学共済の加入者の方のうち、iDeCo加入が認められていない企業型確定拠出年金の加入者は加入できません)。

 

③国民年金の第3号被保険者

専業主婦(夫)など。

 

●iDeCoの加入手続き

 

iDeCoの加入手続きは、原則、運営管理機関である金融機関でおこないます。金融機関により、取り扱う運用商品や手数料等が異なりますので、自分の運用方針に沿った金融機関を選択します。

 

iDeCoは長期の投資になりますので、トータルでかかる手数料の額はあなどれません。口座にかかる手数料を意識して、金融機関を選ぶ必要があります。

 

●iDeCoのデメリット

 

積み立てた資産は60歳まで引き出せず、途中で解約することも原則認められていません。

 

税制の優遇を最大限活用できるiDeCoを使って、人生100年時代の「長期の資産運用」をすることを検討されてはいかがでしょうか。次回は、『つみたてNISA』について説明します。

 

本連載は、一般的な投資信託の仕組みなどを紹介することを目的にしています。投資を促したり、筆者が所属する「幻冬舎アセットマネジメント」に勧誘することを目的としたものではありません。また、投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「投資信託」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載基礎知識から最新事情まで~投資信託の「正しい」活用術

幻冬舎アセットマネジメント 事業開発室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧