会計インフラの構築に有益な「公認会計士」のサポート

前回は、「クラウド会計ソフト」の快適な運用に欠かせない事前準備について説明しました。今回は、会社の会計インフラ構築の際に「公認会計士」のサポートを受けるメリットを見ていきましょう。

広範な業務の取り扱いが認められている「公認会計士」

会計インフラの構築をスムーズに進めていくためには、経理だけではなく、人事、総務も含めたバックヤード全体への目配りも求められることになります。そのような観点からも、公認会計士のサポートを得ることは非常に有益といえます。

 

一般にはあまり知られていないかもしれませんが、公認会計士の資格を取得すると、税理士、行政書士の資格も認められ、さらに公認会計士の業務に付随して社会保険労務士法上に掲げられている事務と司法書士の事務を業として行うことも可能となります。

 

では、なぜ、公認会計士にはこうした広範な業務を取り扱うことが認められているのでしょうか。

 

それは、必要に応じて、税金や登記、人事労務、給与計算、社会保険等の業務も処理することができなければ、企業会計の仕事を十全な形で全うすることは難しいと考えられているからなのです。

 

また、実際にも、公認会計士が企業経営者から会計インフラの構築を依頼された場合には、バックヤードに関する情報を広く集める作業から着手するのが一般的となっています。

 

ちなみに、アメリカなどの外資系企業では、バックヤード全体について精通しその統括を行う「コントローラー」と呼ばれる職種があります。日本における公認会計士は、そのようなコントローラーと同様の広い視点を持って会計・経理業務に取り組む役割を担っているといえるかもしれません。

 

費やしたコスト以上の「安心感・満足感」が得られる!?

ここまで見てきたように、会計インフラを自社ビジネスに最もマッチした形で構築するためには、会計の専門家のサポートを得ることがベストの手段となります。

 

しかし、専門家に依頼するのには費用がかかります。そうした専門家コストの負担を嫌って、「独力でできることは自分でやろう」と思う人もなかにはいるかもしれません。

 

例えば、世の中には、趣味で日曜大工をかじった程度の腕前なのに、「大工に頼むお金がもったいない」と独力で家を建ててしまうような人もいます。いかにも素人の作りで傍から見ると危なっかしさを感じるような出来ばえであっても、造った本人だけが住むつもりであれば「もし大地震が起こって家が崩れたとしても被害にあうのは自分だけだ。だったら何も恐れることはない」などと構えていられるかもしれません。

 

しかし、親や妻、子どもとともに住むのであれば、どうでしょうか。家族の命や安全を考えるならば、やはり「プロの大工に頼んで造ってもらうほうが不安がない」と思うはずです。

 

会計インフラについても同じことがいえるでしょう。会計インフラは会社を支える役割を果たすもの、究極的には会社から収入を得る経営者と従業員、そしてそれぞれの家族の生活を支えるものです。

 

だとすれば、やはり、心から安心できるものを作ることが賢明な選択となるはずです。一度作ったインフラは、半永久的に使うことが可能です。会計の専門家がサポートしたリスクのないインフラを使い続けることにより、おそらく費やしたコスト以上の安心感と満足感を得ることができるに違いありません。

 

そしてさらには、ランニングコストの点でも専門家に依頼した場合のほうがメリットは大きいでしょう。会計インフラを20年、30年、40年・・・と使い続けたとき、独力で作り上げた場合に比べ、その維持・管理にかかる総費用についておそらく10倍以上の差が生まれるはずです。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載自社ビジネスにマッチした「会計インフラ」の構築方法

社長の時間をつくる株式会社 代表取締役 公認会計士
経営コンサルタント

1974年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学経済学部を卒業後、監査法人トーマツを経て、2001年に神宮前会計、2013年に神宮前アカウンティングファーム、2014年に社長の時間をつくる株式会社を設立して代表取締役に就任。公認会計士・経営コンサルタントとして培ったマクロの視点と、自らが経営する不動産会社・飲食店の社長業で得たミクロの視点で、数多くの企業をサポートしている。

著者紹介

社長の時間をつくる株式会社 代表取締役 公認会計士
税理士

1976年生まれ。千葉県出身。慶應義塾大学経済学部卒。在学中に会計士試験に合格後、監査法人トーマツへ入所。2003年から2005年にはDeloitte NY事務所に出向。2007年、シティグループ証券投資銀行本部に転職し、国内外のM&AやIPO・株式増資案件を手掛ける。2014年、社長の時間をつくる株式会社を設立して代表取締役に就任。孤独で忙しい社長を幸せにすべく、新しい仕組みの構築・運営に奮闘中。

著者紹介

忙しい社長を救う 経理改革の教科書

忙しい社長を救う 経理改革の教科書

李 日生,普川 真如

幻冬舎メディアコンサルティング

公認会計士として大手監査法人に勤め、国内外の多数の大企業の監査業務を担当してきた著者たち。経理・会計の専門家としての立場から中小企業の経営をサポートし続けてきました。こうした経験の中で、中小企業は経理部を社内に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧