小さな村から始まったスリランカのイスラム金融

例外的にバーゼル規制の適応が免れたスリランカのイスラム銀行ですが、資本の積み増しは求められています。イスラム金融についてスリランカの記事を元にしてお伝えしている連載の5回目です。

金利に支配された金融環境にどう適応するか?

イスラム金融は従来の銀行のような貸方と借方の関係を基準にしていない。金融政策が金利ベースでとられ、従来の銀行が支配する環境において、バーゼルⅢの基準に合うように、イスラム金融がキャピタルリスクに沿って資本を増やすことは大変難しいだろう。

 

「金利に支配された環境での運営は大きな課題です。いくつかの国では、国際イスラム標準レート(IIBR)が代用されています。IIBRはロンドン銀行間取引金利(LIBOR)と緩やかに連動しています。しかし、スリランカの市場ではIIBRやLIBORは主流の指標ではないため、このシステムは採用できないのです。これがもう一つのテクニカルな課題です」とスリランカのイスラム金融に詳しいMurabak氏は話す。

 

更に「私たちは、イスラム銀行が従来の銀行と対等に競合できるよう、金融市場や手法を構築することは出来ますが、規制環境がきちんと整っている必要があるでしょう」とMubarak氏は付け加える。

 

従来型の金融システムでの失敗を考えれば、従来の銀行システムの代わりとまではならいとしても、イスラム金融についてもっと真剣に検討するタイミングなのかもしれない。

イスラム金融の関連団体はスリランカに40以上

イスラム金融業界が世界的に幕を開けたのは1963年、エジプトの小規模事業者や貧しい農家のための損得分配モデルに基づいた貯蓄プロジェクトがきっかけだ。

 

スリランカはさほど遅れを取っていなかった。1980年代にイスラム教徒が住む小さな村でのモスクを拠点にした貯蓄プロジェクトから始まり、1997年にはAmanaインベストメントによりスリランカでも法的に位置づけられた。今日では、40以上のイスラム金融機関やイスラム金融のサービス支援団体がある。Amana銀行がスリランカ唯一のイスラム銀行だが、度重なる取材依頼に応じてもらえなかった。

 

スリランカではその他にも、イスラム金融の教育機関が5つ、イスラム銀行用のソフトウェアモジュールを開発するIT企業が何社か、そして、イスラム銀行を推奨する主だった出版物が2点(“Islamic Finance Today”そして”Halal World”)出ている。銀行に加え、スリランカにはTakaful(保険)を扱う会社が何社かあり、その中でもAmana Takaful社、HNB社、そしてLOLC社の業績は群を抜いている。


次回はスリランカにおけるイスラム金融の可能性についてお伝えします。

この連載は、GTACが提携するスリランカのメディア「ECHELON」が2015年10月に掲載した記事「Demystifying Islamic Finance」を、翻訳・編集したものです。

「スリランカへGO」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外メディア」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載スリランカから見るイスラム金融の今

『ECHELON(エシュロン)』は、スリランカの三大ビジネス誌のひとつ。著名な経営者・ビジネスパーソンのインタビュー記事から、同国の金融・経済・投資・不動産などの最新事情、ラグジュアリーなアイテムやライフスタイル等の記事を幅広く掲載。経営者層やハイクラスなビジネスパーソンなど、同国の物的・知的富裕層を多数読者に抱える。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!