マイホームの立地選び なぜ「小学校」の位置が重要なのか?

前回は、マイホームの立地選びにおける留意点を紹介しました。今回は、マイホームの立地選びで「小学校」の位置を重視すべき理由を見ていきます。

小学校に通う6年間は、安全面への特別な配慮が必要

前回の続きです。

 

立地における小学校の重要性について補足するなら、やはり6年間という部分が大きく、しかもまだ幼いころから6年間という長期にわたって通うことになるので、それだけ安全に配慮しなければならないということです。

 

幼稚園であればバスの送り迎えがあります。また保育園の場合は、親御さんが送り迎えをするというのが一般的でしょう。しかし、小学校で送り迎えというのは基本的にありません。だからこそ、小学校が立地選びにおいて重要となるのです。

 

これが中学校ともなると、無理なく自転車通学ができるようになるので、多少は遠方でも問題ありません。ただ、小学校の近くには中学校があることも多いので、いずれにしても小学校を基準として考えておけば問題ないでしょう。

 

商業施設に加え、小学校を一つのポイントに考えておく

その他の施設としては、市役所や町役場についても、検討する材料にはなり得ます。ただこれからは、マイナンバーなどの普及によって、それら公共施設の役割も限定的になると予想されます。そうなると、土地の評価という観点からはあまり重要とはいえません。

 

もちろん、公共施設が近くにあれば安心ではあります。役所での手続きなどをスムーズに行えるので、便利ということに変わりはありません。ただ、若いうちであればそれほど利用することもありませんので、参考程度にしておくといいでしょう。

 

立地については、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、あるいはドラッグストアなどの商業施設に加えて、小学校を一つのポイントに考えておくのが基本的な選び方になります。そのうえで、好みに合わせてどんな施設があれば望ましいのかを考えてみることです。

 

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載30年後も後悔しない「マイホーム」の立地選びのポイント

株式会社四つ葉企画 代表取締役

1975年生まれ。群馬県出身。株式会社四つ葉企画代表取締役。
不動産業および建築業に20年以上従事し、お客様への購入・売却サポート実績は500件を超える。
お客様のライフスタイルに合わせた物件の提案を得意とし、リフォームなどアフターサービスも含めたトータルサポートを行っている。
モットーは「サービスの先にある幸福と感動のご提供」

著者紹介

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

絶対得する! 初めての一戸建て購入マニュアル

久水 陽介

幻冬舎メディアコンサルティング

立地選びの基本から、お得なローン、不動産会社の裏事情、営業マンの仕掛けるワナまで生涯一度の買い物で後悔しないための必読の書。 一戸建ての購入は、多くの人にとって人生で一度の大イベント。 ところが、実際に家を買っ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧