単身者層に選ばれる「賃貸マンション」の特徴とは?

前回は、不動産情報ポータルサイトのチェックボックスの項目から借り手が希望する条件を推測し、リノベーションに応用するテクニックを紹介しました。今回は、ターゲットである単身者に選ばれる賃貸マンションの特徴を説明します。

単身者向けは「25平米以上の1DK」にすべき

ここまで「狙い目は単身者向け」など、繰り返し単身者向けマンション、単身者向け賃貸住宅という言葉を使ってきた。読者の中には、そういわれても具体的なイメージがわかないと思った人もいるだろう。では「単身者向けマンション」とは、どんなものをいうのか。ここで簡単に説明しておく。

 

まず広さだが、私は専有面積が25平米以上あることが条件だと考えている。これだけの広さがあれば、6畳の居室に4・5畳のダイニングキッチンを付けてもトイレや浴室、収納を余裕で配置できる。

 

いわゆるワンルームマンションは、ほとんどが20平米以下だ。私の本業は工務店のおやじなので、ワンルームマンションの設計や施工を頼まれることも多い。そんなときは、なるべく知恵をしぼってキッチンやトイレ、浴室など水回りや、収納が犠牲にならないように工夫するが、なかなか難しい。20平米程度の大きさの中にすべてを詰め込もうとすると、やはりどこかに無理がくるのだ。

 

トイレと浴室は完全に別にするのが鉄則

たとえばワンルームではトイレと浴室を別にすることが難しくなってくる。そこでどうするかというと、トイレと浴室、洗面所が一体になったユニットバスと呼ばれるものを採用することになる。これはキッチン以外の水回りがひとつになるので施工もラクだし、コストも低い。

 

しかし、はじめて一人暮らしをする学生とちがって、すでに何度か賃貸住宅に住んだ経験のあるサラリーマンの単身者層は、トイレと浴室、洗面所が一体になったユニットバスの使い勝手の悪さをよく知っている。

 

したがってこうした層をターゲットにするには、少なくともトイレと浴室は完全に別にするのが鉄則だ。さらにいえば浴槽には追い炊き機能があることも条件だ。浴槽に風呂釜がなく、給湯器からお湯が引いてあるだけのタイプは、結局シャワールームとしてしか使えないと敬遠される場合が少なくないのだ。

 

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載工務店社長が伝授! 「ネット集客」で勝つ収益物件づくり

株式会社町田工務店 代表取締役社長

大阪市出身。高校卒業後、父親が創設した町田工務店に入社。昼間は現場で働き、夜は夜間の大学に通い建築を勉強しながら、一級建築士の資格を取得。平成3年町田工務店の社長に就任した際に、パートナーや回りの人たちの大切さを実感。以来、実際に住まわれるお客様の顔が見える仕事を一層大事にし、そんなお客様に喜んでいただけることを日々の仕事の励みや喜び、やりがいとする。
安心安全はあたりまえ。「大切な家族を育む家づくり」「人と地球にやさしい家づくり」「次世代へ引き継ぐ家づくり」。そんな『こだわりの暮らし』を追求する。

著者紹介

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

年収400万円でも大家さんになれる 工務店社長が教える5つの流儀

町田 泰次

幻冬舎メディアコンサルティング

資産形成の方法として特に不動産投資は安定性もあり人気だ。 だが、ハードルが高く手が出ない・・・ 特にサラリーマンなどは、失敗もできないため二の足を踏む人も多いだろう。 本作はそんな、サラリーマンにこそ知って欲し…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧