株式相場に参戦している投資家の種類と「仕手筋」とは?

前回は、証券取引所の種類と各市場の特性について説明しました。今回は、株式相場に参加している「投資家の種類」と、「仕手筋」と言われている投資のプロ集団について見ていきます。

海外の機関投資家が東証の値動きの方向を決めている!?

株式相場には、さまざまな投資家が参戦しています。その投資家の種類は、大きく次の2つに分類できます。

 

●個人投資家

●機関投資家

 

本連載をお読みになっているみなさんは、個人投資家です。何物にも属さず、自分のためだけに自分のお金を株に投じる人たちは、そのように呼ばれます。個人投資家は人数としては多いですが、東証全体の売買代金に占める個人投資家の割合は、せいぜい2割前後。多いときでも3割強にすぎません。

 

では、残りの相場参加者は誰かといえば、国内外の機関投資家です。機関投資家とは、保険会社や銀行、証券会社、年金基金、投資信託、ヘッジファンド(富裕層からお金を集めて運用する投資信託の一種)といった、ビジネスで投資をしている人たちを指しています。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

 

機関投資家が動かしているのは、億から兆という単位の大口資金です。また、機関投資家は国内投資家よりも、海外投資家のほうが多く参加しています。東証における証券会社を通じた売買のうち、5〜6割は欧米やアジア諸国の外国人投資家が占めているのが現状です。

 

そのため、海外の機関投資家の動向こそが、東証の値動きの方向性を決めているといっても、過言ではないのです。

 

もっとも、機関投資家は動かす資金が大きいので、規模が小さい株が集まる新興市場には、あまり手を出しません。規模が小さく、知名度の低い株は、買う投資家が少なくなります。株を買おうとしても、売る人がいなければ取引は成立しませんから、機関投資家が大口資金を突っ込んでも、その株を買えるとは限りません。

 

どうにか買えたとしても、今度は売りたいとなったとき、買い手が集まらずに売れなくなってしまうリスクもあります(「流動性リスク」と呼びます)。

 

そのため、機関投資家は規模の小さい株を買わないのです。規模が小さく、有望な株を売買できるというのは、個人投資家の専売特許です。

 

うまく飛び乗れば瞬く間に利益を出せる「仕手株」

そのほか、覚えておきたいのが、「仕手筋」と呼ばれる人たちの存在です。仕手筋は、相場を知り尽くした一種のプロ集団です。機関投資家ほどではありませんが、一般の個人投資家よりは資金力があり、その資金力を武器として、一つの銘柄を短期間で一気に買ったり売ったりするのが特徴です。

 

短期間で大金を投じられれば、当然その銘柄の株価は暴騰します。すると、ほかの個人投資家もその値動きに注目して、買い注文を出してきます。そうしてどんどん株価をつり上げるように誘導し、もうここが天井というところまで上がったら、途端に今度はその株をジャンジャン売る――というのが、仕手筋の基本的な手口です。

 

つり上がったと思ったところで、急にハシゴを外されれば、他の投資家も慌てて売り始めますから、株価は暴落します。このようにして、上下に乱高下する極端な値動きが生まれます。仕手筋は大金を操ることで、思いどおりに株価を操作し、最大限に利ざやを拾っていくのです。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

 

仕手筋の狙う銘柄は、「仕手株」と呼ばれます。初心者が迂闊に手を出すと、大やけどを負うリスクもありますが、うまく飛び乗れば瞬く間に利益を出せるので、私は買ってみてもよいと考えています。

 

機関投資家、仕手筋は、相場を知り尽くしたプロ中のプロです。言い方は悪いですが、彼らの中には、大半の個人投資家を「いいカモ」だと思っている人も、少なくありません。

 

確かに、場数や知識、情報の質・量において、個人が機関投資家に勝つことは難しいでしょう。いいカモになってしまわないためには、機関投資家や仕手筋がつくり出す株価のうねりに飛び乗って、逆に利用していくことが重要です。

本連載は、2014年7月25日刊行の書籍『明日ドカンと上がる株の見つけ方』から抜粋したものです。
本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、筆者が運営する投資顧問サービス「マエストロの株式ボナセーラ」に勧誘することを目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。本連載の内容に関して投資した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。なお、「マエストロの株式ボナセーラ」の業務、手数料、およびリスクなどに関しましては、ホームページに掲載の契約締結前交付書面を十分にお読みください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載<初心者向け>「株式投資の達人」が教える取引の仕組み&基本ルール

株式会社クマガイサポート 代表取締役

1992年に株式投資を始め、短期売買で儲けるテクニカル分析をマスター。「あせらない」「欲をかかない」「確実に」をモットーに大きな成果を収める。現在は「マエストロの株式ボナセーラ」の運営者として、大型銘柄から中小型銘柄に至るまで短期上昇が期待される値動きのよい銘柄を会員向けに提案。目標株価とロスカット株価を明記した提案に加え、日々フォローを行う姿勢は親切で丁寧。テクニカル分析を重視し圧倒的に高い的中率から人気を博す。Yahoo!ファイナンス投資の達人では多くの個人投資家から高い支持を持つ。

著者紹介

明日ドカンと上がる株の見つけ方

明日ドカンと上がる株の見つけ方

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

「株はギャンブル」「難しい」「思うように儲からない」 株に対してこんな嫌な思いをしてきた方も多いのではないでしょうか。 実際、株は簡単なものではありません。しかし、やり方さえ間違えなければ、株で勝つのはそう難し…

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

日本株式市場が活況を呈している今、巷にはたくさんの株式投資関連の書籍が溢れています。その多くは世界情勢や国内情勢、政府の政策や為替の動向などを分析し、日本株が上昇する理由を記したものや、チャートの見方を説明した…

資産運用セミナーのご案内 有料 3,000円 主催:カメハメハ倶楽部

熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

~『えっ?』と驚くほどシンプルなチャート分析だけで驚異の的中率を実現する「本物のプロ」のトレード手法とは?

講師 熊谷亮 氏
日時 2018年01月13日(土)
内容

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧