アパート事業における「キャッシュフロー」の重要性とは?

前回は、なぜ「アパート事業」による資産形成のメリットを解説しました。今回は、アパート事業における「キャッシュフロー」の重要性について見ていきます。

まずは「キャッシュフロー」が回ることが最優先

キャッシュフローが回らなくなったときに、会社はつぶれてしまいます。より正確にいえば、お金が回らず、返すべきものが返せなかったときに会社はつぶれます。

 

不動産会社のゼファーやアーバンコーポレイションといった上場企業が、黒字にもかかわらず倒産したのも、キャッシュフローのためです。会計上の損益を無視しろとはいいませんが、「全てはキャッシュフロー」という考え方は必ず持っておいたほうがいいでしょう。

 

キャッシュフローとは、満室時の家賃収入から空室分と経費を除いた純収入より借入金返済額を控除したものです。

 

たとえば、毎月100万円の家賃が入る物件の純収入が、80万円だとします。ローンの返済が50万円であれば、その差額の30万円がキャッシュフローです。この30万円を確保できるかどうかが重要なのです。この数字がマイナスになってしまえば、いくら帳簿上で利益が出ていても意味がありません。事業として回っていきませんので最悪、倒産(破産)ということになります。

 

減価償却であるとか税金の話は二の次であり、アパート事業においてはまずはキャッシュフローが回ることが最優先なのです。

 

本業収入の半分の「キャッシュフロー」を目指す

資産形成は収益用不動産による一点突破で行うべきです。それでは、アパート事業を始めるにあたり、どの程度の資産を築くことを目標とすればいいのでしょうか。

 

目指すところは、その方の資産・収入状況によっては異なりますが、参考となる目安について、お話しします。

 

まず、フローの目安から考えてみましょう。アパート事業におけるフローとは、すなわちキャッシュフローです。このキャッシュフロー(税引前)を、本業の税引き前年収の2分の1の規模にすることを目指します。

 

あくまでも、その方の「本業の」というところがポイントです。一般的にはその方の収入に合わせて生活レベルが設定されているため、本業の年収をベースに考えます。また、本業の年収に合わせて金融機関からの借入可能額が設定される(もちろん資産背景も関係します)という点からも、本業の年収を基準とします。

 

たとえば、現在、年収3000万円の方であれば、年間1500万円のキャッシュフロー(月額125万円)を目指します。この水準は、万が一、本業の収入が途絶えてしまっても、大幅に生活レベルを落とすことなく、余裕を持った生活を送ることができる水準です。このキャッシュフローがあることで、精神的にゆとりを持って生活できることは間違いないでしょう。

 

アパート事業におけるキャッシュフローとは、満室時の家賃から空室分や経費を控除した純収入より、元利金の返済を除いたものです。このキャッシュフローが黒字でなければ、事業として立ち行きません。キャッシュフローをいかに上げるかが大切なのです。

 

キャッシュフローを上げるには、返済はできるだけ長い期間にする(元利金返済額を抑える)、空室率を下げ、経費を減らすことで、得られる純収入を上げるといった工夫が必要です。

 

アパート事業は、あくまでも本業の収入が途絶えたときや、自分の意向でいつでもリタイアできるようにするために行うものです。ですから、現在の年収の半分程度のキャッシュフローを目指すのが妥当でしょう。

 

キャッシュフローの額が先に決まれば、その逆算でストックとしての資産の額が自動的に算出できます。物件の利回りや経費率、借入金の金利や期間によって変わってはきますが、表面利回り10%の物件を通常に長期で資金調達した場合で考えれば、キャッシュフローは資産の3%前後となります。この3%で1500万円を割り戻すと5億円となります。

 

つまり、年収3000万円の方が目指す一つのラインとしては、キャッシュフローにして1500万円、資産規模にして5億円ということになります。

本連載は、2012年6月27日刊行の書籍『年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門 [改訂版] 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本書は情報の提供及び学習を主な目的としたものであり、著者独自の調査に基づいて執筆されています。実際の投資の成功を保証するものではなく、本書を用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本書の内容に関して運用した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門

武蔵コーポレーション株式会社 代表取締役

昭和50年 埼玉県熊谷市生まれ。東京大学経済学部卒業後、三井不動産株式会社に入社。同社にて商業施設(ショッピングセンター)やオフィ スビルの開発・運営業務に携わる。平成17年12月同社を退社し、さいたま市において有限会社武蔵コーポレーション(現在は株式会社)設立。代表取締役に就任。賃貸アパート・マンション(収益用不動産)の売買・仲介に特化した事業を開始する。

著者紹介

年収1000万円から始める  「アパート事業」による 資産形成入門

年収1000万円から始める 「アパート事業」による 資産形成入門

大谷 義武

幻冬舎メディアコンサルティング

大企業でも倒産する現在、自分の身は自分で守るべく、副収入としての投資を考える人が増えています。そんななか、アパート事業による資産形成の火付け役となった本書が、改訂版としてパワーアップいたしました。不動産会社の選…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!