病に倒れた独居の高齢者・・・地域福祉相談窓口に何が頼める?

今回は、身寄りのない高齢者が病に倒れた際、地域の福祉相談窓口に頼めることを見ていきます。※本連載は、「一人暮らし高齢者」の見守り支援を行うNPO法人の設立者である大野益通氏の著書『一人暮らしで生きていくための任意後見入門』から一部を抜粋し、任意後見制度を利用した高齢者支援について見ていきます。

体調に異変が起きた、ある一人暮らしの高齢男性

半年前から体調を崩し、食事をとるのも難しい状況に

 

Aさんは80歳の男性。10数年前、お連れ合いに先立たれ、自宅で一人暮らし。元気なときは、掃除洗濯、買い物、調理も自分でこなし、部屋を片付けることもできていました。

 

そんなAさんが、半年前から体調がすぐれなくなり、食事をとるのが難しい状況になったのです。

 

地域包括支援センターと社会福祉士のすすめで病院で受診したところ、腹部に腫瘍があると診断。「転移の可能性もあり治療については検査してみなければわからない」という医師の見立てでした。体調が悪くなり始めたころは、訪問看護サービスと週一回のホームヘルプで買い物・調理の支援を受けながら、自宅で暮らしていたAさん。しかし、「身寄りのないAさんの最悪の状況も想定しておかなければ」――Aさんを案じる地域包括支援センターの方々は、Aさんのサポートについてかんがえることになりました。

 

預貯金なし、保証人なし・・・入院・検査を阻む複数の壁

すぐにも入院して、検査をすすめたいAさん。しかし、現実にはいくつかの壁がありました。

 

[図表1]Aさんが抱える問題

①入院・治療にあてる預貯金がない。

 

②年金受給で生計しているが、月々のローン返済のために、生活費も確保できない状況であること。Aさんは自宅のリフォーム代、新車や大型冷蔵庫など不必要なローン契約をさせられていたこと。

 

③入院にさいして身元保証人がいない。役場がAさんの近親者に連絡したところ保証人を断られた。

 

生活費の確保、入院治療費のねん出、病院に長期入院して治療をうけるための身元保証人、ローン負債の処理、末期がんということから、死後には遺体を引き取り火葬してくれる人を探さねばなりません。

 

Aさんが暮らす町には、日常生活に不安を感じる高齢者などが、福祉サービスを利用する手助けや金銭管理サービス等を行なってくれる地域福祉相談の窓口もあります。そこでは、生活資金の貸付もありますが、入院費の立て替え払いをした後に、自宅の土地などを売却して、その費用をねん出するには色々と条件があります。日々、体調が悪化していくAさんのサポート体制を早急にすすめる必要がありました。

 

[図表2]地域福祉相談の窓口で、できることできないこと

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載一人暮らしになっても安心!高齢者のための「任意後見入門」

株式会社おおの 代表取締役
えくぼ法人後見人事務所 代表
NPO 法人 市民後見人センターとちぎ 代表理事 

1952 年栃木県生まれ。
東京大学市民後見人養成講座を修了。市民後見人として、2006 年NPO 法人「市民後見人センターとちぎ」を設立。代表理事をつとめる。
とくに、身寄りのない高齢者、障がい者など社会的弱者の生活サポートなど、地域福祉向上にとりくむ。2016年、おひとり様のための葬儀・永代供養・法要を目的とした「株式会社えくぼ」を設立。
著書に『一万人を見送ったおくりびとの覚書』『任意後見信託ノート』(共に弓立社)。

NPO法人「市民後見人センターとちぎ」
頼れる人・家族が身近にいない高齢者の、日々の見守り、入院・老人施設入所時の身元保証、任意後見による身上監護と財産管理、死後の諸手続きなど種々のサポートを、公正証書にもとづいておこなっている。
ホームページ:http://koken-nin.com/

著者紹介

一人暮らしで生きていくための任意後見入門

一人暮らしで生きていくための任意後見入門

大野 益通

弓立社

身寄り・頼れる人がいない「おひとり様」でも、ご本人の思いにそった老後の生活・エンディングを実現することができる。6人の高齢者のケースから、一人暮らしの高齢者が、施設入所・入院、死後の始末、葬儀・供養を託して、穏…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧