2025年には3人に1人が75歳以上…高齢者の「孤立化」の現状

本連載は、株式会社おおの代表取締役・大野益通氏の著書、『一人暮らしで生きていくための任意後見入門』から一部を抜粋し、任意後見制度を利用した高齢者支援について具体的なケースをもとに見ていきます。

一人暮らしの高齢者世帯は600万を突破

超高齢社会をむかえる日本。2025年には、3人に1人の方が、75歳以上の後期高齢者となります。

 

人が年齢をかさねていくのは自然なことです。けれど、私が気になるのは、一人暮らしの高齢者の増加です。一人暮らしの高齢者世帯が25%となり、その数は600万世帯を突破しています。また、一人暮らしではありませんが、老老介護の世帯も30%をこえています。

 

核家族化がすすみ、家族関係の希薄化もすすむなかで焦点化されているのが、「高齢者の孤立化」です。

 

高齢者の多くは、いずれ誰かの介護を受けながら暮らしていくことになります。お子さんや親族が介護してくれる人はいいですが、身寄りのいない方、家族が離れて暮らしている方、または、さまざまな事情により、ご本人のお世話ができない場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

「一人暮らしが大変なら施設に入ればいい」と言うが…

いま喫緊(きっきん)の課題といわれるのが、「一人暮らし高齢者の見守り」であり、市町村の高齢福祉課や地域包括支援センター、医療ソーシャルワーカーの方々は、日々奮闘されています。地域民生委員や社会福祉協議会の方々も、高齢者の身の回りをめぐる様々な支援に奔走されています。

 

私は、成年後見人として高齢者の見守り支援をおこなうことなどを目的として、NPO法人「市民後見人センターとちぎ」を、2006年に立ち上げました。

 

葬儀社を営み、「おくりびと」として一万人を超える方の旅立ちをお手伝いさせていただくなか、お連れ合いをなくされた「おひとり様」の身の上に生じる困難を目の当たりにしたことがきっかけでした。

 

「一人暮らしが大変なら施設に入ればいい」という方もおられるでしょう。けれど、老人ホームに入居するための貯えも十分になく、年金などに拠って独居で暮しておられる方は、介護が必要になったとき、認知症になったとき、がんなどを患ったとき、どのようにして、「一人暮らしで生きてゆく」ことができるのでしょうか?

 

介護施設の入所、入院費の支払い、「もしも」のときの身元引き受けなど、何らかの支援がなければ施設や病院に受け入れてもらえない現実もあります。

 

本連載でとくに私がお訴えしたいのは、そのことです。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載一人暮らしになっても安心!高齢者のための「任意後見入門」

株式会社おおの 代表取締役
えくぼ法人後見人事務所 代表
NPO 法人 市民後見人センターとちぎ 代表理事 

1952 年栃木県生まれ。
東京大学市民後見人養成講座を修了。市民後見人として、2006 年NPO 法人「市民後見人センターとちぎ」を設立。代表理事をつとめる。
とくに、身寄りのない高齢者、障がい者など社会的弱者の生活サポートなど、地域福祉向上にとりくむ。2016年、おひとり様のための葬儀・永代供養・法要を目的とした「株式会社えくぼ」を設立。
著書に『一万人を見送ったおくりびとの覚書』『任意後見信託ノート』(共に弓立社)。

NPO法人「市民後見人センターとちぎ」
頼れる人・家族が身近にいない高齢者の、日々の見守り、入院・老人施設入所時の身元保証、任意後見による身上監護と財産管理、死後の諸手続きなど種々のサポートを、公正証書にもとづいておこなっている。
ホームページ:http://koken-nin.com/

著者紹介

一人暮らしで生きていくための任意後見入門

一人暮らしで生きていくための任意後見入門

大野 益通

弓立社

身寄り・頼れる人がいない「おひとり様」でも、ご本人の思いにそった老後の生活・エンディングを実現することができる。6人の高齢者のケースから、一人暮らしの高齢者が、施設入所・入院、死後の始末、葬儀・供養を託して、穏…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧