後継者への自社株移転の際に留意すべき「株式割合」の決定

前回は、中小企業における「事業承継税制」適用のメリットを取り上げました。今回は、後継者への自社株移転の際に、株式割合に留意すべき理由を見ていきます。

オーナー社長になったとたん、豹変する後継者もいる

繰り返しになりますが、自社株を移転するときに対価が評価額よりも高ければ譲渡側に譲渡所得税が発生しますし、対価が評価額に比べて低廉、もしくは無償で譲渡した場合は贈与となりますので、受贈者に贈与税が課せられます。もし、自社株の評価額が低ければ税金の問題を気にすることなく移転できます。

 

しかし、そこで考えなければならないことがあります。

 

それは自社株をどれだけ譲るかというものです。自社株の評価額が低い場合、譲渡にしても贈与にしても、一気に大量の株式の移転が可能なため、会社の舵取りという問題が起きます。譲る株式数によっては後継者が暴走したときなどに止められなくなってしまうからです。

 

後継者をよほど信頼しているのであればすべて譲ってしまって構わないとは思いますが、後継者候補という立場から自分一人で意思決定できてしまうオーナー社長という立場に変わった途端、考え方が変わることがあります。良い変わり方は、もちろん、経営者としての自覚が芽生えることですが、勘違いして独裁者のように振る舞う人もいます。そういった万が一ということがありますので、基本的にどれだけ譲るかについては慎重に考えましょう。

 

そこでどれだけの株式なら譲っても問題ないか、何かあったときに制御できるかが気になるかと思います。基本的な考え方は次の通りです。

 

〈オーナー社長=3分の2以上後継者=3分の1未満〉

オーナー社長が重要な意思決定をすることができ、後継者には株主としての立場、会社法の仕組みなどを学ばせることができる。

 

〈オーナー社長=過半数後継者=3分の1以上、半数未満〉

基本的にオーナー社長が会社の支配権を持ちながら、会社の重要な意思決定に後継者を参画させることができる。

 

〈オーナー社長=3分の1以上、半数未満後継者=過半数〉

基本的に後継者が会社の支配権を持つ。オーナー社長は後継者の重要な意思決定に問題がある際に反対を表明し、ストップすることができる。

 

〈オーナー社長=3分の1未満後継者=3分の2以上〉

重要な意思決定を後継者のみで行うことができ、実質的に会社を支配する。

 

後継者の意思で配分を決定できるのは大きなメリット

大まかに以上のようなパターンがあり、後継者の育成度合いによって、譲渡する株式の割合をコントロールします。これらのうち、どのレベルを選択するかについては、オーナー社長と後継者の関係性によって決定して構いません。

 

ここまでくると、株主総会の決議が関係してくるので、株主総会の普通決議、特別決議、特殊決議については図表を参考にしてください。

 

[図表]株主総会の普通決議、特別決議、特殊決議

主な内容のみ記載しており、これがすべてではありません。
主な内容のみ記載しており、これがすべてではありません。

 

3分の1未満を後継者候補、半数未満を後継者、過半数を経営者、3分の2超を安定経営者とでも名前を付けるとわかりやすいかと思います。

 

節税という観点からすると、後継者が会社を経営することで株価が上がった場合には、譲っていない株価の評価額が相続税等に影響を及ぼす可能性があるのでなるべく多めに譲っておいたほうがよいのですが、会社の舵取りの問題があるので、それは状況に応じて考えていくしかありません。

 

とにかく、生前贈与をするにしても譲渡をするにしても、経営者が生きているうちに誰にどれだけの株式を保有するかを決定できるというのは大きなメリットです。相続発生後では、遺言等の手配や、後述する信託の活用を行わない限り、法定相続分で株式が分散してしまうリスクも出てきてしまいます。

 

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載オーナー社長が知っておきたい「株式承継」の税務・法務

久保公認会計士事務所 代表

2006年、公認会計士試験に合格し、あずさ監査法人(現:有限責任あずさ監査法人)に入所。2011年に退職、経営コンサルティング会社を起業し、税理士法人の経営にも参画。東日本大震災時の中小企業再生支援で後継者育成の重要性に気づき、事業を後継者育成に特化。「3つの資格(公認会計士・税理士・中小企業診断士)」で会計戦略・財務戦略・経営戦略の面から育成支援を行う。

著者紹介

オーナー社長の後継者育成読本

オーナー社長の後継者育成読本

久保 道晴

幻冬舎メディアコンサルティング

経営者の高齢化が進む中で、後継者不在に悩む企業が増えています。 適任者が見当たらない、子どもに継ぐ意思がないなどの理由で次期社長の目途が立たず、やむなく廃業を選択する経営者も少なくありません。 本書はこうした悩…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧