ロボットアドバイザーでハードルが下がる!? 投資信託の購入

前回は、投資信託の購入を例に、「ロボットアドバイザー」の活用がもたらすメリットを取り上げました。今回は、ロボットアドバイザーによって、投資信託購入のハードルが下がる理由等について見ていきます。

集客ツールとしてのロボットアドバイザーの役割

営業支援ツールだとしたらなぜ、スマホアプリやWebサイトでロボットアドバイザーを公開しているのでしょうか。

 

これは投資信託に対するハードルを下げて、見込み客を増やすためです。投資信託というと、ある程度以上の年収があり、年齢層も比較的高い人たちが利用するイメージがあります。

 

しかしスマートフォンなどで簡単に診断ができ、提案もしてもらえるのであれば、若い人や収入が平均クラスの人も検討することができます。

 

なかには、かなりの資産を持ちながら投資信託に興味がなかった人たちもいることでしょう。ロボットアドバイザーを公開すれば、こういった人たちのなかでも一定割合の人が投資信託に興味を持つようになるはずです。

 

ロボットアドバイザーが普及したら営業担当者が不要になるかと言えば、そうではありません。実際には、ユーザーが自分でリバランスをするのはなかなか難しく、営業担当者に相談する人が多数いるはずです。そこに営業担当者の出番があります。

 

この場合、相談者はすでにさまざまな情報をロボットアドバイザーに入力していますので、商談で大きな部分を占めるヒアリングがほとんど終わっていることになります。つまり商談のスピードが速くなります。またリバランスを考えているということは、商品に関心があるということですから、無理に口説かなくても購入してもらえる確率が高いということになります。

 

営業担当者としては大いに手間と時間が省け、また成約率も高まるので、ロボットアドバイザーは自分の仕事を奪うものではなく、営業成績を向上させるツールと考えるべきでしょう。

 

ロボットアドバイザーについてのまとめ

ロボットアドバイザーについて見てきました。ここでまとめておきましょう。

 

①投資信託ではロボットアドバイザーが普及

銀行、投資運用会社、証券会社などが次々と投資信託のロボットアドバイザーをネットで公開しており、スマートフォンなどで簡単に投資信託の購入ができるようになりました。

 

②ロボットアドバイザーは営業サポートツール

ロボットアドバイザーは熟練営業のノウハウをシステム化して、非熟練営業をサポートし、育成するツールとしても活用されています。

 

③ロボットアドバイザーで集客

ロボットアドバイザーをネット上で公開することで、投資信託へのハードルが下がり、今まで検討もしなかった人たちが新たに興味を持つようになるでしょう。

 

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「FinTech」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載リテールサービスから機関投資家向けサービスまで…AIに置き換わる銀行業務とは?

株式会社オメガ・パートナーズ 代表取締役社長

東北大学大学院理学研究科数学専攻修了、京都大学MBA(金融工学コース)修了。
大学院修了後、富士通株式会社に入社。
金融システム・エンジニアとして、銀行勘定系システム開発プロジェクト、および証券取引システム開発プロジェクトに参画。
その後、みずほフィナンシャルグループのクオンツ・アナリストに転身し、デリバティブ・ビジネスやリスク管理業務に従事。
株式会社Sound-Fの金融工学部門のマネージャーを経て2015年から現職。
近年では高度市場系金融システム開発プロジェクトへの参画や、金融業務向け人工知能開発、
ブロックチェーンを活用したインフラ構築ビジネスに従事している。

著者紹介

AI化する銀行

AI化する銀行

幻冬舎メディアコンサルティング

AIの導入によって日本の銀行が、そして銀行員の働き方が劇的に変化します。 単純作業は真っ先にAIに切り替わり、早いスピードと高い精度で大量の業務がさばかれていきます。 さらに、属人的な業務でさえも、AIが膨大なデータ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧