仮想通貨のハッキング被害を防ぐ「セキュリティ強化術」

仮想通貨を巡る事件が多発するなか、「仮想通貨を盗まれたら…。ハッキングされたら…」と不安になることも多いでしょう。仮想通貨の管理に必要なセキュリティ強化の方法をまとめます。

「ハードウェアウォレット」でネットから切り離し保管

2014年のマウント・ゴックス、最近では記憶に新しい2018年1月のコインチェック…と、オンライン上で管理されている取引所の仮想通貨が狙われる事件が相次いでいます。やはり仮想通貨を資産として所有することは、リスクが大きいのでしょうか? 

 

オンライン上にて仮想通貨を管理することを「ホットウォレット」と呼びますが、オンライン上においては、いかに対策をしていても、ハッキングの被害に逢う可能性はゼロにはなりません。ですので、まずはリスクを分散させるために、仮想通貨を「一つの取引所にまとめて保管しておかないこと」がセキュティの第一歩となります。

 

[PR] 無料セミナー@幻冬舎(東京)
3月28日(水)『インターネット法務に精通した弁護士による「仮想通貨」投資の法的リスクと対策』
4月19日(木)『国際税理士だから語れる「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点』

 

保管場所を分散させる選択しとして、ウェブ上で保存できるウェブウォレット、PC上に仮想通貨を保存するソフトウェアウォレット、物理的にUSBなどに保存できるハードウェアウォレットなどがあります。各種のウォレットがある中でも、セキュリティを考えるのならば、ハードウェアウォレットが強力です。

 

インターネット上に仮想通貨を置かないハードウェアウォレットは、オンライン上に仮想通貨を置くホットウォレットと対比した表現で「コールドウォレット」と呼ばれ、仮想通貨をオンライン上に存在させないので、容易にハッキングされることはなく、セキュリティが高い状態で保管できます。

 

資産として仮想通貨を大量に保有している場合、セキュリティを高めるために、ハードウェアウォレットを使用しましょう。インターネットから切り離された状態で仮想通貨を保有していれば、ハッキングの心配はありません。さらに物理的盗難などのリスクに備えるためには、ハードウェアウォレットを金庫や銀行の貸金庫などに保管すれば安心です。

 

ただし、ハードウェアウォレットのデメリットとして、価格は1~2万円台が多く、少額の仮想通貨を管理するには、コストがかかりすぎるため向いていません。

 

またハードウェアウォレット自体を紛失してしまうリスクもあります。ハードウェアウォレットに仮想通貨を保管し、安心していたら、そのハードウェアウォレット自体を紛失してしまい数億円近い価値の仮想通貨を失ってしまった人もいるそうです。ハードウェアウォレット自体の管理をしっかりとすることが求められます。

秘密鍵を複数に分ける「マルチシグ」の利用も効果あり

ハードウェアウォレットを使わずとも、ウェブウォレットでセキュリティを強化して仮想通貨を保有する方法はないのでしょうか。

 

仮想通貨を管理する時、ウェブ上でセキュリティを上げるためのポイントは秘密鍵をより厳重にすることです。二段階認証の使用ができるウェブウォレットならば、預けたら二段階認証を設定しましょう。ウェブウォレットはIDとパスワードで管理されていますが、二段階認証はスマホのSMSや電話等での本人確認がなされます。

 

[PR] 無料セミナー@幻冬舎(東京)
3月28日(水)『インターネット法務に精通した弁護士による「仮想通貨」投資の法的リスクと対策』
4月19日(木)『国際税理士だから語れる「投資対象としての仮想通貨」の実態と税務上の問題点』

 

また、「マルチシグ」の使用もハッキング対策に効果が期待できます。マルチシグとは"multi signature"(マルチ/複数の、シグネチャ/署名…秘密鍵のこと)の略で、仮想通貨送金に必要な秘密鍵を複数に分けるセキュリティです。1つの秘密鍵がハッキングされたとしても、送金には他の秘密鍵も必要なため、盗難のリスクを減少できます。

 

現状、マルチシグに対応しているかどうかを、取引所を選定する際の指標にもできますが、ウェブのセキュリティ対策は日進月歩の世界のため、それだけで十分とは言えません。オンライン上では、新しいリスクへのセキュリティ強化を常に機敏に取り入れられるかどうかが、大切な資産を守るために重要なのです。

 

投資にはリスクがあります。リスクに十分に考慮をして、投資判断を行ってください。本連載の内容に関して投資した結果につきましては、GGO編集部ならびに幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「仮想通貨」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載富裕層のための仮想通貨投資入門~守る編

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

資産運用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

インターネット法務に精通した弁護士による初心者のための「仮想通貨」投資の法的リスクと対策

~元IT企業経営者でICO支援にも数多く携わる「仮想通貨」専門弁護士が登壇!

講師 中野 秀俊氏
日時 2018年06月26日(火)
内容

・法整備&IT技術の両面から「仮想通貨」投資の現状と課題を整理

・法整備&IT技術の両面からチェック!数ある仮想通貨を見極めるポイントとは?

・ICOの法律的な位置づけとリスク&留意点

・2017年の資金決済法改正で仮想通貨取引は何がどう規制されたのか?

・仮想通貨取引所の流出問題から考える今後の規制などの見通し

・中野弁護士が注目する仮想通貨とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧