同居、協力、扶助義務…「婚姻の効力」とは何か?

今回は、「婚姻の効力」について説明します。※本連載は、法律の研究者・執筆者として活躍する尾崎哲夫氏の著書、『はじめての親族相続』(自由国民社)の中から一部を抜粋し、そもそも親族とは何なのか、「親族の範囲」「婚姻」などについて分かりやすく説明します。

婚姻の「効力」は主に5つ

婚姻の効力には次のようなものがあります。

 

 

<キーワード>

 

第752条[同居、協力及び扶助の義務]

夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

 

第753条[婚姻による成年擬制]

未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす。

 

第754条[夫婦間の契約の取消権]

夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

 

第750条[夫婦の氏]

夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。

 

「不倫」は法律上もやってはいけないこと!?

①の同居・協力・扶助義務というのは食事とベッドを共にし、円満な夫婦生活を送るという義務です。

 

②の貞操義務は浮気をしてはいけないということです。浮気は離婚原因になります。夫に愛人ができた場合、妻は愛人に対して不法行為による損害賠償請求ができます。

 

 

③で未成年者が成年に達したものとみなされても、お酒を飲めるわけではありませんし、タバコを吸えるわけでもありません。

 

 

④については、配偶者への溺愛や片方からの威圧によって贈与をした場合に契約を取り消せるとしたのが立法趣旨です。ただ、実際に適用が問題となるのは離婚一歩手前の泥沼のケースです。判例は、婚姻が実質的に破綻している場合には取り消せないとします。

 

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載そもそも親族って何? 相続を理解するための「親族の範囲」「婚姻」の基礎知識

法律の研究執筆者

1953年大阪生まれ。1976年早稲田大学法学部卒業。2000年早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係専攻修了。松下電送機器(株)勤務、関西外国語大学短期大学部教授、近畿大学教授を経て、現在、研究・執筆中。

主な著書に、「ビジネスマンの基礎英語」(日経文庫)「海外個人旅行のススメ」「海外個人旅行のヒケツ」(朝日新聞社)「大人のための英語勉強法」(PHP文庫)「私の英単語帳を公開します!」(幻冬舎)「法律用語がわかる辞典」「法律英語用語辞典」「条文ガイド六法 会社法」「法律英語入門」「アメリカの法律と歴史」「アメリカ市民の法律入門(翻訳)」「はじめての民法総則」「はじめての会社法」「はじめての知的財産法」「はじめての行政法」「はじめての労働法」「はじめての国際商取引法」(自由国民社)他多数。

尾崎哲夫ウェブサイト:http://www.ozaki.to

著者紹介

はじめての親族相続

はじめての親族相続

尾崎 哲夫

自由国民社

はじめの一歩はこの1冊から! 語りかける解説+黒板メモ式のわかりやすい法律入門書です。大事なことだけをコンパクトにまとめました。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧