不動産 海外不動産 国際税務
連載レジデンス&学生寮投資で注目集める「イギリス不動産」の魅力【第8回】

イギリスで不動産を購入する際の一般的な流れとは?

イギリス不動産オフプラン物件

イギリスで不動産を購入する際の一般的な流れとは?

イギリスにはさまざまな種類の不動産があり、「投資目的」か「実需目的」かによって、選択するエリアや物件は大きく変わります。今回は、イギリスにおける一般的な不動産購入までの流れと、不動産選択にあたっての留意点などを見ていきます。

「投資目的」か「実需目的」かで異なるエリア選び

筆者が在籍するディフィニティブ不動産のウェブサイトにて、イギリス不動産に関するニュースを発信するようになってから、日本人の方々からイギリス不動産に関する多くの質問をいただくようになりました。今回からは、これまでに質問が多かった「不動産を購入するまでの流れ」について見ていきます。

 

【不動産を購入するまでの流れ】
イギリスにはさまざまな種類の不動産があります。例えば、一概に「住宅」といっても、ロンドンには築100年以上が経過した「中古物件」から、新たに建築されるものを完成前に購入する「オフプラン物件」があり、購入を希望する不動産によってはそれぞれ異なる可能性がありますし、購入の流れにも個人の意見が反映されます。ここではイギリスにおける一般的な不動産購入までの流れを説明します。

 

●ステップ1  目的を明確にする
まずは「なぜ不動産をイギリスに購入するのか」という目的を明確にすることが必要です。日本人の方がイギリスに不動産を購入する場合は「投資目的」と「実需目的」の2つに分類することができます。

 

投資目的であれば、購入した物件を賃貸に出して家賃収益を得ながら、さらなる価格上昇を待ち売却し、売却益を得るという流れが一般的です。ですので、自らが持つ「このエリアに住んでみたい」や「こんな家に住んでみたい」という欲求よりも、「どのエリアが住宅に対する需要が大きいのか」や「不動産価格を押し上げる要素を含んでいるエリアはどこなのか」といったポイントを追及することが重要となります。

 

実需目的であれば、購入者の方のご家族や勤務先にとって利便性が高いものをご購入するべきでしょう。例えば、ロンドンにある日系企業で働く駐在員の方々からは「子供がまだ小さいから近くに日本語学校がある場所」といった希望が多いです。このケースでは「このエリアに住んでみたい」や「こんな家に住んでみたい」という欲求を追求すべきです。

購入物件のタイプと立地で賃借人の層は9割決まる

●ステップ2  購入する物件のタイプと立地を決定する
具体的には物件をリサーチする前に、購入したい物件のタイプを決定しておくことはとても大切です。

 

イギリスにはデタッチドハウス(一軒家)、セミ・デタッチドハウス(一軒の家を真ん中で別けた二戸建て住宅)、フラット(アパート)など、住宅のタイプはさまざまです。エリアごとの特色、例えば「イギリスの伝統的な高級住宅街」「ビジネス・金融街」「再開発が行なわれているモダンな街」が住宅の外観や機能にも大きく影響します。そして、そのエリアにある住宅に対する需要は単身向けの小さなアパート、もしくは家族向けの一軒屋、どのようなタイプの不動産に需要があるのかを知る必要もあります。

 

投資目的であれば、購入する物件のタイプと立地で賃借人となる層の9割が決まると言ってよいと考えます。例えば、ビジネス・金融街に近い場所のフラットを購入したとすれば、賃借人はイギリス国内でも給料が良い金融マンになる可能性が高く、賃料の不払いが起こるリスクが小さくできると言えます。

 

次回からは、イギリスにおける一般的な不動産購入までの流れについて、ステップ3~10を順次紹介していきます。

<おことわり>
ここで紹介した不動産購入の流れは、既に完成している物件を対象とした一般的な手順です。売買の方法・手順は案件ごとに異なりますことをご了承下さい。

アンドリュー ウェストコット

ディフィニティブ不動産(Definitive Property Group Limited) 代表

1994年より不動産業界に携わる。不動産の売買、賃貸、管理に関する知識と経験を培った後、住宅開発部門において、住宅開発機会(既存の建物や土地など)の調達、投資戦略の考案と実現可能性の調査、購入手続き、地方自治体からの建築許可の取得、住宅建設のマネージメントなどを担当する。

2012年6月、自身の会社となるDefinitive Property Group Limitedを設立し、国内外の投資家へ英国になる一般住居、介護施設、学生寮などの不動産投資機会を販売している。その他にも一般のマーケットでは販売されていない、オフマーケットと呼ばれる住宅開発機会やロンドン中心部の高級住宅の売却も取り扱っている。
WEBサイト:http://definitivepropertygroup.com/jp/

著者紹介

連載レジデンス&学生寮投資で注目集める「イギリス不動産」の魅力

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest