ブロックチェーンにおける「マイニング」「マイナー」とは何か?

今回は、ブロックチェーンにおける、「マイニング」「マイナー」について説明します。※本連載では、アルタアップス株式会社代表取締役CEO 森川夢佑斗氏の著書『ブロックチェーン入門』(KKベストセラーズ)より一部を抜粋し、あらゆる産業にイノベーションをもたらすブロックチェーン技術の基本的な概要とその魅力について解説します。

マイニングを行うノード=「マイナー」

ブロックに含まれるデータの中身とブロックチェーン全体の構造については、ご理解いただけたでしょうか。

 

さて、ノードが先ほどの説明のようなデータ構造を持つ、取引台帳としてのブロックチェーンを保有していることは前述した通りです。

 

では、最新のブロックを生成してそれをブロックチェーンに追加し、すべてのノードに共有する作業を誰が行うのでしょうか? このような一連のプロセスを「マイニング」と呼んでおり、ノードはこのマイニングに参加できます。そしてマイニングを行うノードを、「マイナー」と呼びます。

 

誰が生成するかを決定する、コンセンサスアルゴリズム

ブロックチェーンネットワークには中央管理者が存在しないので、特定のマイナーが常に行うというわけではありません。

 

しかし、複数人がバラバラにブロックを生成し、ブロックチェーンに追加していくとこれも困ります。誰もが自由に行えるようにすると、やはり問題が起きてしまいます。

 

マイナー間で誰が新しいブロックを生成するかを決める、つまりコンセンサスを得る必要があります。このコンセンサスを得る方法を「コンセンサスアルゴリズム」と呼んでいます。

 

ビットコインやその他の多くの暗号通貨では、「プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work)」と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを利用しています。

 

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「仮想通貨」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載初心者のための「ブロックチェーン」入門

アルタアップス株式会社 代表取締役CEO

1993年生まれ、大阪府出身。京都大学在学中にAltaApps株式会社を創業し、仮想通貨のウォレットアプリ開発やブロックチェーンに係るコンサルティングを行う。現在は、株式会社Gincoの代表取締役として、仮想通貨時代の新たな銀行の構築を目指す。また、株式会社OnokuwaのCSOとしても参画。著書に『ブロックチェーン入門』(ベスト新書)、『一冊でまるわかり暗号通貨2016~2017』(幻冬舎)など。

著者紹介

ブロックチェーン入門

ブロックチェーン入門

森川 夢佑斗

KKベストセラーズ

ここ1年でブロックチェーン技術を取り巻く社会は、 大きく変化しました。 連日、ニュースの見出しにブロックチェーンおよび ビットコインという言葉が踊っています。 しかし、その一方で、ブロックチェーンという言葉が …

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧