暴落と反発・・・波乱の「米国株式相場」をどう読み解くか?

好調に推移してきた米国株式市場だが、2月2日、5日と連続して暴落した(6日は反発)。今回は、その要因と、米国株式相場の今後の見通しについて考察する。

株価上昇をもたらしてきた「3つの要素」に変化

2月2日に続いて2月5日も、米国株式相場は大幅続落し、ダウ工業株30種平均は1175.21ドル(前日比4.6%)下げて24345.75ドルで引けた。日中では一時1600ドル近く下げる場面もあった。S&P500種株価指数も同様に、前週末比4.1%安の2648.94(ニューヨーク時間午後4時の暫定値)まで下げた。両株価指数とも、この水準は、年初来の上げを帳消しにした水準である。

 

株価の上昇をもたらしてきたのは、

 

1)米国内外の景気の勢いの加速期待

2)米税制改革を背景とした企業業績の一段の上振れ

3)低金利の継続

 

この上記3つだったと筆者は考えている。しかし、1)’ 堅調に推移する世界経済をほぼ織り込み、2)’ 税制改革の影響による企業業績の上振れは、期待できる部分はあるものの、上振れも下振れもあり得る、3)’ 米長期金利は、年初の2.40%近くから、先週終わりには2.84%までわずか1か月の間に急上昇していた。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催/香港現地での研修会もあり

本稿執筆の長谷川建一氏が特別登壇!

 

先週、2月2日に発表された米国1月雇用統計でも確認された通り、労働市場の引き締まりが継続する中、財政政策が景気刺激策として発動されることになると、求職者の不足から、賃金上昇の予兆も垣間見え、物価上昇懸念から金利上昇のシナリオが見え隠れし始めた。緩やかな成長と低インフレによる物価の安定という適温経済(ゴルディロックスシナリオ)の継続という株価を支えてきた前提が揺らぐことに他ならないのである。

 

加えて、FRBに加えてECBも量的金融緩和政策からの出口戦略を推進しているが、これはリーマンショック後にばら撒かれてきたマネーの量が縮小に転じるということでもあり、要注意な出来事であると、筆者は指摘してきた。

 

また、シンボリックな要因に過ぎないとはいえ、この2月、イエレンFRB議長は去り、パウエル新議長が就任した。2018年のFRBの金融政策の舵取りは、相当に難しいものになるだろうと、かねてより指摘しているが、市場もその難しさを嗅ぎ取り始めたのではないか。以上のことが相まって、長期間、じり高更新相場を形成してきた楽観論にも変化が出てきたのであろう。

「税制改革の成果」だと発言するトランプ大統領だが…

さて、CBOEで取引されるボラティリティー指数(VIX)は2月5日、2日終値の2倍強の38.80を付けた後、37.32で引けた。これは、2015年8月以来の高水準で、1日の上昇としては過去最大を記録した。

 

VIXの1990年以降の平均は19.3であるのに対し、過去3年間の平均は13を下回り、ここ数年は歴史的に低いボラティリティー水準にあった。楽観的な相場つきは一変し、当面は慎重な参加者が増加するのではないだろうか。

 

2月5日、トランプ大統領はオハイオ州で演説し、税制改革は「好材料の大波動を引き起こした」と語ったが、流石に株式相場については言及しなかった。この2営業日の株価大幅下落でも、大統領就任時からは株価はまだ大きく上げた水準である。確かに、トランプ政権1年目で、米国経済は拡大を続けた。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催/香港現地での研修会もあり

本稿執筆の長谷川建一氏が特別登壇!

 

しかし、気の毒ではあるが、この株価急落だけを挙げても、財政・金融政策の舵取りはますます難しくなったと言えるだろう。

 

本稿は、個人的な見解を述べたもので、NWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

「香港」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国際資産分散」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載香港発!グローバル資産防衛のためのマーケットウォッチ

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) CIO

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、2000年にシティバンク日本のリテール部門で商品開発や市場営業部門のヘッドに就任。2002年にシティグループ・プライベートバンクのマーケティング部門ヘッドに就任。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移り、リテール部門マーケティング責任者として活躍。2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年よりNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)にてCOOに就き、2017年3月よりCIOを務める。

WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年5月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年5月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年05月12日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年05月12日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧