戦略意思決定における「CFO」の役割とは?

前回は、企業の利益を最大限にするために必要な「戦略意思決定」の考え方について説明しました。今回は、戦略意思決定におけるCFOの役割について見ていきます。

数年後のB/S、P/Lをシュミレーションできるか?

それでは戦略意思決定に必要な管理会計とはどんなものなのか。事業部門ごとに貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)を作ることは、その有効な方法論のひとつである。


その事業部門が使用している資産をB/Sの左側に置き、その資産を調達した原資は借金だったのか、それとも自己資本だったのかで、右側の構成が変わる。その事業が生み出しているキャッシュフローは、借金を返済した上でもなおプラスになっているのか。これまでに投じてきた人件費や、設備投資額は合理的だったのか。


投じた経営資源に見合う成果を出せていないのであれば、その原因は何なのかを分析する。
市場の縮小や、競合の進出などが原因である場合もあるし、自社が投じている人材や人員数の不適合が原因である場合もある。

 

過去の実績は課題、問題点を浮かび上がらせ、これからなすべきことが何であるかを導き出してくれる。生み出しているキャッシュフローでは借金を返済できていないのだとしたら、他の部門があげた収益から借金は返済されていることになる。


その事業部門が自力でキャッシュフローをプラスにするには、コストをカットすれば済む話なのか、それとも抜本的に売上の引き上げが必要なのか。そのためには何をすべきなのか。
投資はメンテナンスコスト程度でいいのか、それともある程度の規模の投資をすれば追加のキャッシュフロー創出が可能なのか。


さらなる設備投資をし、必要な人材を投下するのに資金が必要ならその調達計画も立てる。逆に先細りが不可避なのであれば、どんなペース、手順で縮小していくのか。そして施策を講じた結果、B/S、P/Lが何年後にどうなるのか、そこまでのシミュレーションを立てることができる。CFOと、単なる経理部長との違いはそこにある。

ROEの目標値は帰納的・演繹的アプローチの両面で見る

目標とするROEを事業部ごとに設けるのも効果的な手法である。ROEには業界ごとの常識的な水準があり、類似した事業を営む他社の事例をサンプリングし、そこから目標値を導き出す帰納的アプローチと、ROEを3要素に分解し、当期純利益率、総資産回転率、財務レバレッジについて、各々業界の常識的な水準をあてはめてかけ算をし、目標値を導き出す演繹的アプローチの両面から設定してみる。


その結果、上場企業としての最低ラインである5%には達しない事業があり、他の事業と総合すれば全社で5%以上にできる場合、その事業を会社としてどうしていくのかの経営判断が必要になる。合理的な数字で積み上げた、5年、10年先までのシミュレーションであっても、会社、事業を取り巻く環境は刻々と変わるから、定期的にシミュレーションを見直して行く必要があることは言うまでもない。


そのシミュレーションも、標準的なベースケース、ベストな展開を想定したマネジメントケース、そして最悪の展開を想定したリスクケースの3つのケースで行ない、資金計画はリスクケースを想定して立てる。こうして積み上げた合理的なシミュレーションを、全社が実行に向けての強固な意志を共有できる、戦略意思決定に役立てる。それが戦略意思決定におけるCFOの役割である。

本連載は、2010年3月1日刊行の書籍『CFO経営 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

佐藤 英志

太陽ホールディングス株式会社 代表取締役社長 公認会計士/税理士

1969年 東京都生まれ
1991年(22歳)監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所
1995年(25歳)トーマツ在職中に佐藤英志公認会計士事務所を設立
1997年(27歳)トーマツ退職
1999年 エスネットワークス設立
2002年(33歳)~2007年(38歳) 
株式会社有線ブロードネットワークス(現株式会社USEN)取締役、常務取締役、株式会社ギャガ・コミュニケーションズ(現ギャガ株式会社)取締役副社長を歴任
2009年(40歳)太陽インキ製造株式会社(現太陽ホールディングス株式会社)常勤取締役
2010年(40歳)同社代表取締役副社長に就任
2011年(41歳)同社代表取締役社長に就任、現在に至る

著者紹介

須原 伸太郎

株式会社エスネットワークス 代表取締役社長
株式会社エスホールディングス取締役 公認会計士/税理士

1970 年、三重県生まれ。一橋大学経済学部卒業。監査法人トーマツ入所後、株式会社マッキャンエリクソンにて企業の戦略立案及びマーケティングプランニングに従事。1999 年、株式会社エスネットワークスを共同設立、同社代表取締役副社長就任。2008 年、ホールディングス体制移行に伴い、株式会社エスネットワークス代表取締役社長に就任。

著者紹介

連載CFO的視点で実践する企業の財務戦略

CFO経営

CFO経営

佐藤 英志,須原 伸太郎

幻冬舎メディアコンサルティング

上場企業を取り巻く環境は、この30~40年の間に激変しました。カリスマ社長の「勘」だけでモノが売れたのは、昔の話。経営が複雑化した時代に企業に求められるのは、財務の専門家の視点を持った経営です。本書では、なぜCFOが…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest