スキャルピングに使用する「チャートソフト」とその設定方法

今回は、スキャルピングに使用するチャートソフトと、設定の方法を解説します。※本連載では、カリスマFXトレーダ-・ぶせな氏の著書『最強のFX1分足スキャルピング』(日本実業出版社)より一部を抜粋し、数秒から数分でトレードを繰り返す投資手法「スキャルピング」の基本を解説していきます。

「メタトレーダー4(MT4)」の特徴

これから、私が活用しているチャート設定をすべて紹介していきます。

 

リーマンショックのあと、2009年に試行錯誤して構築したトレードルールのチャートです。それから8年以上も変わらずに使い続けています。

 

最初にチャート設定を行ない、ルールについては後述します。

 

使うチャートソフトは、メタトレーダー4(以後「MT4」)です(MT4はメタクオーツ社が開発したチャートソフトです)。MT4を使う理由は、ラインが引きやすいことと、インジケータが充実している点です。使用するインジケータは、次の2つです。

 

①移動平均線(MovingAverage)

②エンベロープ(Envelope)

 

私がFXをはじめたのは10年以上前ですが、当時、インジケータが充実していることで有名なチャートソフトがMT4でした。特に、このあと設定する「エンベロープ」を備えていて、かつチャネルラインをストレスなく引けるチャートソフトがなかったのですが、その名残で今も使い続けています。

 

トレンドラインはどこの業者のチャートソフトも使えるでしょうが、私が多用するチャネルラインは、現在も採用していない業者が多くあります。ラインを複製し、同じ角度で移動することで、チャート分析に磨きをかけられることもよい点です。チャート分析がスムーズにできるのでおすすめですが、MT4でなければ駄目だというわけでもありません。これから説明するチャート設定と同じものができれば、どの業者のチャートソフトを使用してもいいでしょう。

 

MT4を採用している業者はたくさんありますが、私が使っているのは、「FXCM」のデモ口座です。「FXCMデモ」で検索すると、無料でダウンロードできるサイトが表示されるので試してみてください。なお、FXCMでなくても、MT4を採用している業者ならどこでも可能です。私がFXCMを使っている理由は、サーバーがしっかりしているからです。スキャルピングは、コンマ数秒の値動きが重要になってきます。

 

FXCMはほとんどフリーズせず、値動きに敏感でティック回数も多く、タイムラグがありません。このような点から、スキャルピングに適しています。私は昔から使っている名残でFXCMを使っていますが、サーバーに問題がないMT4業者ならどこでもいいでしょう。ちなみにレート配信にタイムラグがあるMT4業者はたくさんあるので、他の業者を使うなら、レートが遅くないかどうか、値動きを比較してください。

 

なお、FXCMは日本時間ではなく海外時間のため、画面上、解説しにくい場面があります。そのため、本連載に掲載する図面はFXCMではなく国内業者のMT4を使っています(時刻の表示以外は基本的に同じです)。

 

移動平均線のパラメータ設定方法

以下では、チャート設定を完了させるためのインジケータのパラメータを説明していきます。パラメータとは、インジケータの各種設定のことです。

 

まず、MT4を立ち上げます。左上の「気配値表示」からドル円を選びます(図表1)。通貨ペアはドル円で説明していきますが、ドル円に限らず他の通貨ペアも同じ設定になります。なお、どの通貨ペアをトレードするかは後述します。

 

[図表1]移動平均線の設定

 

チャートのローソク足の色や背景色は、特に決まりがないので好きな色を使ってください。この本(※書籍参照)では印刷で見やすいようにローソク足を白黒、背景色を白で統一して説明していきます。

 

次に、移動平均線を表示させます。「ナビゲーター」より、「Moving Average(=移動平均線)」を選択します。Moving Averageは2種類あるので、注意してください。「インジケータ」→「トレンド」→「Moving Average」を選択します。「インジケータ」→「Examples」→「Custom Moving Average」のほうではないので、間違えないようにしてください。

 

パラメータは、次の通りです(図表2)。

 

図表2]移動平均線のパラメーター設定

 

①期間を「20」に選択します。

②移動平均の種別を「Exponential」にします。

③適用価格を「Close」にします。

④スタイルは、移動平均線の色と、線の太さになります。好きなものを選択してください。ここでは、赤を選択します。入力がすべて終わったら、OKを押してください。

 

これで移動平均線の設定は完了です。

 

本連載は、ぶせな氏の著書『最強のFX 1分足スキャルピング』(日本実業出版社)から一部を抜粋したものです。掲載している情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。投資はご自分の判断で行ってください。本連載を利用したことによるいかなる損害などについても、著者、版元、および幻冬舎グループはその責を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「外国為替」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載短期間で億越えを狙う「FX1分足スキャルピング」入門

FXトレーダー

会社員時代の2007年にFXを開始。
当初はスウィングトレードで取引するも2008年のリーマンショック時の1,100万円の損切りを機にスキャルピングへ転換し、成功する。
累計利益は3年目で5,000万円、4年目で1億円、2017年4月現在は1億5千万円を超えるカリスマトレーダー。
継続的に利益を上げ続けることを念頭に置いているため、リスクを抑えることに重点を置くトレードスタイルが特徴。
独自に編み出したスキャルピング手法に「ネックライン」を併用し、8年間負けなしの戦績を得ている。

著者紹介

最強のFX 1分足スキャルピング

最強のFX 1分足スキャルピング

ぶせな

日本実業出版社

◉カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開! 圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧