最大限の経営成果を上げるための「戦略意思決定」とは?

企業の利益を最大限まで上げるためには、課題や問題を自ら発見し、正解を導き出す「戦略意思決定」が必要です。今回は、その戦略について見ていきます。

全社で実行の意志を共有し、納得できる戦略なのか?

最大限の経営成果を上げるために、会社としてどんな戦略で臨むのか。

 

戦略意思決定とは、最大限の利益を上げるために、企業がヒト、モノ、カネという3大経営資源を有効に配置し、実際に行動に移すための戦略を立て、会社としての意志を固めることを言う。

 

上場企業であれば、稼ごうとする利益が投資家へのリターンも含んだものであるということは大前提になる。当然、「戦略」は合理的なものでなければならないし、「実行」に向けての強固な意志を全社が共有していなければ意味がない。


もちろん戦略は取締役会で決定するわけだが、そこに実行に向けての強固な意志がなければ、戦略は単なる努力目標にすぎなくなってしまうので、基本的に全社が納得する戦略である必要がある。


戦略意思決定は、既にそこにある課題を解決する戦術意思決定とは異なり、課題や問題を自ら発見するところから始めて、正解を導き出すことを言う。いま手がけている事業を将来に向けてどう育てていくのか。あるいは将来性が見込めないのならどう撤退をするのか。どんな新規事業に参入して会社としての成長を持続させるのか。


その課題、問題発見には、まず自社の現状を正しく捉える必要がある。戦略意思決定に於いて、CFOは、その戦略に対して客観的な見識を持つことが求められる。

 

●“経営者”であるCFOが行なう3つの仕事

管理会計の構築はCFOに求められる役割のひとつ

現在手がけている事業にどのくらいの経営資源を投じ、どう育成していくのか。どんな資産、設備を使い、どんな人材を何人投じ、一体いくらの資金を投じた結果、どのくらいの利益を上げようとするのか。


この将来への見立てをするには、まず過去にどんな資産、設備、どんな人材を何人投じ、いくらの資金を投じた結果、どのくらいの利益を上げてきたのかを、正確に把握する必要がある。


会社には実際に利益を稼ぎだす営業部門と、利益を稼ぎださない管理部門がある。営業部門は管理部門のコストも賄うだけの利益を上げることを求められるわけだが、事業部制をとっている会社の場合は、概ね各事業部ごとに管理部門が配置されている。


このため、事業部ごとに割り振りきれない、もしくは割り振ることが合理的ではない本部コストも最小限に抑えることができ、経営者として各事業部門が稼ぐべき利益に対し、どのくらいの実績を上げているのかを把握しやすい。言い換えれば、大企業の事業部制は、基本的に管理会計の単位と事業単位が一致していることで、実績がわかりやすくなっていると言える。


とはいえ、管理会計上都合がいい単位で事業上の組織を分けるということは本末転倒だ。事業部制をとるほどの規模ではなかったり、管理部門を事業部門単位にぶらさげるほうが非効率な会社も当然ある。


あくまで事業上の組織は顧客別、地域別、製品別など、その会社の経営者が成績を知りたい単位、統治しやすい単位で分けることを最優先にすべきである。それが管理会計上好都合な組織ではないのであれば、管理部門コストを合理的に割り振るルールを作らなければならない。管理会計が不完全な場合にはそこを是正することは、CFOに求められる役割のひとつである。

本連載は、2010年3月1日刊行の書籍『CFO経営 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

佐藤 英志

太陽ホールディングス株式会社 代表取締役社長 公認会計士/税理士

1969年 東京都生まれ
1991年(22歳)監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所
1995年(25歳)トーマツ在職中に佐藤英志公認会計士事務所を設立
1997年(27歳)トーマツ退職
1999年 エスネットワークス設立
2002年(33歳)~2007年(38歳) 
株式会社有線ブロードネットワークス(現株式会社USEN)取締役、常務取締役、株式会社ギャガ・コミュニケーションズ(現ギャガ株式会社)取締役副社長を歴任
2009年(40歳)太陽インキ製造株式会社(現太陽ホールディングス株式会社)常勤取締役
2010年(40歳)同社代表取締役副社長に就任
2011年(41歳)同社代表取締役社長に就任、現在に至る

著者紹介

須原 伸太郎

株式会社エスネットワークス 代表取締役社長
株式会社エスホールディングス取締役 公認会計士/税理士

1970 年、三重県生まれ。一橋大学経済学部卒業。監査法人トーマツ入所後、株式会社マッキャンエリクソンにて企業の戦略立案及びマーケティングプランニングに従事。1999 年、株式会社エスネットワークスを共同設立、同社代表取締役副社長就任。2008 年、ホールディングス体制移行に伴い、株式会社エスネットワークス代表取締役社長に就任。

著者紹介

連載CFO的視点で実践する企業の財務戦略

CFO経営

CFO経営

佐藤 英志,須原 伸太郎

幻冬舎メディアコンサルティング

上場企業を取り巻く環境は、この30~40年の間に激変しました。カリスマ社長の「勘」だけでモノが売れたのは、昔の話。経営が複雑化した時代に企業に求められるのは、財務の専門家の視点を持った経営です。本書では、なぜCFOが…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest