FX投資成功の秘訣!? 自分の気持ちに従った「利食い」

今回は、FX投資で「自分の気持ちに従った利食い」を実践し、利益を上げている事例を紹介します。※本連載は、投資番組の司会を担当するほか、投資家への投資ノウハウのインタビュー記事の執筆などで多数のファンを持つ、フリーアナウンサーの内田まさみ氏の著書、『FX億トレ! 7人の勝ち組トレーダーが考え方と手法を大公開』(日本実業出版社)の中から一部を抜粋し、勝ち組トレーダーの考え方、手法などを紹介します。

貿易会社経営の実務を活かして
年間5000万円の利益を上げるスイングトレーダー

Gさん( 兵庫県在住の兼業トレーダー)
Gさんは、国内からアジア諸国へ工作機械を輸出する貿易会社を経営している40代の男性だ。海外とビジネスを行なう企業にとって、為替変動は頭を悩ます要因のひとつ。というのも、商取引はほぼ外貨で行なわれており、海外で得た利益は決算時期などに合わせて、外貨を売って円を買う取引(円転)をする必要がある。しかし、円転のタイミングで円高が進んでいれば、回収した代金は円建てで目減りすることになり、業績には悪影響を及ぼす。その為替リスクを軽減させるため、多くの企業では、円安だと思われる時期に「為替予約取引」を行なっている。Gさんは、その為替予約取引を通して相場観を磨き、FX取引でも利益を積み上げている。

FXの為替レートは「相場心理に」大きく左右される

次に大切なのは、欲張らないことです。「鯛の頭と尻尾はくれてやれ」という相場格言があるように、欲張りすぎてはいけません。

 

FXでは、相場心理が為替レートに強く影響します。株式であれば、株価を決定する要因のベースに、企業業績というファンダメンタルズがあり、そこから大きくかい離した株価形成はどこかで修正されますので、よほどのことがない限り、株価がファンダメンタルズを無視して大きく上昇あるいは下落し続けるようなケースはありません。一方、為替レートは、その決定要因に確たるファンダメンタルズが存在していないので、マーケットに参加している人たちの相場心理によって、上昇あるいは下落します。

 

順調にドル高が続いていても、あるときから急にドル売り心理がマーケット全体に広がり、一気にドルが急落するケースもあります。そうなったら、含み益はあっという間に消し飛び、含み損に転じたり、下手をすれば強制ロスカットとなったりするケースもあります。そんな相場を相手にするのですから、「鯛の頭と尻尾はくれてやれ」と考えることが大事です。利益が出ても欲張らず、ほどほどのところで利食いをするように心がけるぐらいがちょうどいいのです。まさに「利食い千人力」です。

 

欲張らず、自分のタイミングで「利食い」

私の場合、利食いをする際のポイントは、とくに決めているわけではありません。自分なりに、「ああ、そろそろ利食いをしようか」と思ったときに利食いします。

 

それではよくわからないでしょうから、そのときが、どういうタイミングなのかを改めて検証してみたのですが、どうも「利益が大台に乗ったとき」が一つの目安になっているようです。正直、自分でもあまり意識したことがないので、気付いていなかったのですが、過去のトレードを調べてみると、どうもそういうことのようです。

 

多くの上手なトレーダーの方はトレンドの転換点になるポイントを探して、そこで利食いをしようとするのでしょうし、トレードとしてはそれが理想だと思います。

 

しかし、私はいまのやり方で問題ないと思っています。

 

たとえば、含み益が160万円とか170万円程度だったものが、為替レートが跳ねて200万円に達したら、利食いすると思います。もう少し持ち続ければ、200万円の利益が210万円、220万円に増えることもあるでしょう。

 

しかし、相場の先行きは誰にもわかりません。逆に、150万円、100万円と、利益が減ってしまうこともあるでしょう。利益は、あるうちが華です。だから、ポンと為替レートが跳ね上がって、利益が大台に乗ったときには、「ああ、神様がもういい加減にしておけ。欲張るな」と言っているのだと考えて、静かにポジションを閉じるようにしているのです。

 

勝ちぐせをつけることがメンタル要因として大切だというのと同様に、利益が大台に乗ったところでスッキリと利食いするというのも、私にとってはメンタル要因として大切なのかもしれません。

 

本連載は、FX投資の事例を紹介することを目的にしています。投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、日本実業出版社、幻冬舎グループは、本連載の情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「その他投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載貿易会社の実務を活かしてFX利益を上げるスイングトレーダーの事例

フリーアナウンサー

1998年ラジオNIKKEI入社後、『経済情報ネットワーク』『東京株式市場中継』などの株式情報番組を担当した後、フリーに転身。現在はラジオNIKKEIの『夕焼けマーケッツ』『夜トレ!』『東証+YOU』『ザ・マネー(月・火)』、日経CNBC『マーケッツのツボ』などを担当するほか、東洋経済オンラインやオールアバウトで投資家の投資ノウハウを紹介するインタビュー記事を執筆するなどで、個人投資家に多くのファンを持っている。

著者紹介

FX億トレ! 7人の勝ち組トレーダーが考え方と手法を大公開

FX億トレ! 7人の勝ち組トレーダーが考え方と手法を大公開

内田 まさみ

日本実業出版社

●FXが定着して十数年、最近は「億った」「億り人」といったフレーズがよく聞かれるようになるなど、運用資金が1億円を超える人も多く出てきているようです。 ●本書は実際に億を稼いでいる個人投資家7人に登場してもらった…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧