経営コンサルを行う税理士に「専門力」が不可欠な理由②

前回に引き続き、経経営コンサルを行う税理士に「専門力」が不可欠な理由を見ていきましょう。今回は、他業種・他業界からの視点も併せて紹介します。

データとともに費用対効果を示せば、説得力が高まる

前回の続きです。

 

どちらの事例も外観を多少変えただけで、内装などには手を入れていません。作業費用としては約100万円ほどだったのですが、その費用対効果は絶大でした。

 

こういった事例を通じて、私の中には「賃貸物件は見た目が大事」というデータが蓄積されました。「見た目が大事」などということは、おそらく誰でも頭ではわかっていると思うのですが、それを実際にやってみて、「いくらの費用でどれくらいの効果があがるか」をデータとして持っているのとは、やはり説得力が違います。経営コンサルでお客様の共感や信頼を得る秘訣は、こういう点にあると思います。

他業種・他業界の視点や経験も大いに役に立つ

ちなみに、これからの税理士には専門性が重要だと言いましたが、他の業界の事例やデータが参考になる場面もしばしばあります。他の業界で当たり前にやっていることを取り入れると一気に効率化が図れたり、サービスに繋がったりといったことが、実際にありました。

 

大家業で面白いのは、大家だけを唯一の仕事としてやっている人は少ないという点です。サラリーマンが大家をやっていたり、他に商売をしながらやっている人がいたりなど、本当に多種多様です。そういう方たちとお話をしていると、不意にユニークなアイデアが出てくるときがあります。

 

先日もあるディスカウントストアを経営しながら賃貸経営をしている大家さんと面談をしていたところ、その方が「どうして家賃は8万円とか10万円とかの切りのいい数字なんでしょうね」と言いました。それを聞いて、私は「面白い!」と思いました。

 

考えてみれば、ディスカウントストアは980円や999円など切りの悪い数字ばかりです。それは「ギリギリまで値下げしました」「他店より1円でも安く」というアピールの意味があるのでしょう。「だったら、家賃も切りの悪い数字でもいいのでは?」という、この発想は賃貸経営だけをやっている人にはまず思いつきません。

 

家賃でも10万円と言われるより9万9800円と言われたほうが、ぐっとお得な気がします。しかも、他では見ない数字なのでインパクトもあります。「家賃のディスカウント」というだけで話題にもなりそうです。このように考えると、たった200円の差ですが、それ以上の付加価値を打ち出すことができます。

 

我々が専門特化をしていくうえでは、このように他業種・他業界からの視点や経験も役に立ちます。専門性を深めながら横の広がりも持てると、なお理想的です。

本連載は、2016年12月9日刊行の書籍『「税理士」不要時代』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載税理士不要時代を勝ち残る「専門特化」の法則

税理士・司法書士渡邊浩滋総合事務所代表 税理士
司法書士
宅地建物取引士

1978年、東京都江戸川区生まれ。明治大学法学部卒業。税理士試験合格後、実家の大家業を引き継ぎ、空室対策や経営改善に取り組む。大家兼業税理士として悩める大家さんのよき相談役となるべく、不動産・相続税務専門の税理士法人に勤務。退職後、2011年12月、同事務所設立、現在に至る。司法書士の資格を活かし、不動産のスペシャリストとして税務だけでなく法律面の観点からもトータル的なアドバイスを提供。
『「税理士」不要時代』(幻冬舎)、『相続対策の常識ウソ?ホント?』『大家さん必携!ライフサイクルから考える賃貸経営の税務Q & A』(ともに清文社)、『大家さんのための超簡単!青色申告』(クリエイティブ ワークステーション)など著書多数。

渡邊浩滋総合事務所 http://www.w-sogo.jp/

著者紹介

「税理士」不要時代

「税理士」不要時代

渡邊 浩滋

幻冬舎メディアコンサルティング

もう「税理士の資格」だけでは食べていけない!激化する過当競争を生き残るための道とは? 近年、生き残り競争が激化している税理士業界。 「顧問料比較サイトの発展」「公認会計士、弁護士による税理士登録の増加」「クラ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧