ROEから見る「トラディッショナル」「ICU行き」企業とは?

前回は、ROEを軸に分類した「エクセレント企業」と「メタボ企業」について説明しました。今回は、「トラディッショナル」と「ICU行き」の企業について見ていきます。

借金に頼って利益をあげる「トラディッショナル企業」

前回に引き続き、ROEを軸に分類した「トラディッショナル」企業と「ICU」行き企業について見ていこう。

 

トラディッショナル企業は、現在最も該当数が多い。利益率はそれなり、資産効率もそれなりで、金融機関からの借金もそれなり、もしくはやや過多という状態だ。参入企業数の多い、建設、流通、アパレル、不動産開発といった伝統的な産業が該当しやすいので、トラディッショナル企業と呼びたい。


トラディッショナル企業の財務レバレッジに、「C」という評価を付けていることには若干の説明が必要だろう。財務レバレッジは総資産÷自己資本で計算するので、額面通り計算すると、自己資本比率が低ければ低いだけ高い数字が出てしまう。つまり、借金をすればするほど高くなるわけだ。


だが、過剰な借金が危険であることは、第2回の連載で説明した通りだ。財務レバレッジはほどほどがよく、高すぎても低すぎてもよくない。ROEを計算するときには、当期純利益率も掛け合わせる。借金の返済に追われている会社は金利負担が重く、それにより利益率が圧迫されるため、いくら財務レバレッジが高くてもROEは低水準になってしまう。


トラディッショナル企業の多くは、財務レバレッジの値が高すぎるという意味で「C」になっていることに注意してほしい。低水準ながらも黒字を出している間はまだしも、赤字に転落して黒字化のメドが立たなければ、早晩企業は破綻する。本連載ではこういった破綻予備軍をICU行き企業とする。

打つ手がない状態の破綻予備軍「ICU行き企業」

ICU行き企業には、もはやほとんど打つ手はない。残されているのは、周囲のステークホルダーの被害を最小限度に留めつつ破綻処理を行なう道だけだ。ICU行き企業は、経営者がそのことを自覚する少なくとも1年以上前から、その兆候が財務諸表にはっきり表れていることが多い。経営者が自覚して動き出してからではもう遅いのだ。


彼らは、資金調達のプロフェッショナルを頼って尋ねてきて、「1カ月後に期日が来る手形が落とせない」といった相談を持ちかける。「せめてあと半年早く助けを求めに来てくれていればどうにかする方法はあったのに、もはや打つ手がない段階になるまで気づいてくれない」と、企業再生を手がける専門家は口を揃えてため息をついている。


トラディッショナル企業とICU行き企業との境界線は紙一重だ。借金で経営を回しているような状態であれば、早晩ICU行きとなる。そうなる前にひとつでも多くの企業を救いたいと筆者は考えている。


次回は、この4つのパターンについて、具体的な企業の財務分析を行なった。それぞれのパターンにどんな特徴、問題があるかをみていこう。

本連載は、2010年3月1日刊行の書籍『CFO経営 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

佐藤 英志

太陽ホールディングス株式会社 代表取締役社長 公認会計士/税理士

1969年 東京都生まれ
1991年(22歳)監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所
1995年(25歳)トーマツ在職中に佐藤英志公認会計士事務所を設立
1997年(27歳)トーマツ退職
1999年 エスネットワークス設立
2002年(33歳)~2007年(38歳) 
株式会社有線ブロードネットワークス(現株式会社USEN)取締役、常務取締役、株式会社ギャガ・コミュニケーションズ(現ギャガ株式会社)取締役副社長を歴任
2009年(40歳)太陽インキ製造株式会社(現太陽ホールディングス株式会社)常勤取締役
2010年(40歳)同社代表取締役副社長に就任
2011年(41歳)同社代表取締役社長に就任、現在に至る

著者紹介

須原 伸太郎

株式会社エスネットワークス 代表取締役社長
株式会社エスホールディングス取締役 公認会計士/税理士

1970 年、三重県生まれ。一橋大学経済学部卒業。監査法人トーマツ入所後、株式会社マッキャンエリクソンにて企業の戦略立案及びマーケティングプランニングに従事。1999 年、株式会社エスネットワークスを共同設立、同社代表取締役副社長就任。2008 年、ホールディングス体制移行に伴い、株式会社エスネットワークス代表取締役社長に就任。

著者紹介

連載CFO的視点で実践する企業の財務戦略

CFO経営

CFO経営

佐藤 英志,須原 伸太郎

幻冬舎メディアコンサルティング

上場企業を取り巻く環境は、この30~40年の間に激変しました。カリスマ社長の「勘」だけでモノが売れたのは、昔の話。経営が複雑化した時代に企業に求められるのは、財務の専門家の視点を持った経営です。本書では、なぜCFOが…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest