日本の証券取引所の種類と各市場の特性とは?

本連載では、「株式投資の達人」として知られる熊谷亮氏が、株式投資の初心者の方を対象に株取引の仕組みやルールをやさしく解説していきます。第1回目のテーマは、「証券取引所の種類と各市場の特性」です。

最低限の知識を身につけたら、すぐ相場に挑戦を・・・

株をやったことがない人は、ほぼ100%といっていいほど、「株って複雑そう・・・」という先入観を抱いているものです。

 

それは半分正解、半分間違いです。株の世界は奥が深いので、隅々まで理解しようとすると、かなり大変です。難しい専門用語が飛び交っていますし、メディアで見聞きするアナリストなどのコメントも、初心者には難解すぎて、何をいっているかわからないかもしれません。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

 

ですが、はっきりいって、それらすべてを理解している必要はありません。必要最低限の知識があれば、誰にでも株の売買はできます。そして、売買を繰り返していくうちに、専門用語には少しずつ慣れていきますし、専門用語の中にも知らなくて問題ないものが大量に含まれていることが、実感としてつかめるはずです。

 

私自身は、大量の本や雑誌などを読み込んで、株の勉強をしてきましたが、今にして思えば、「これは投資の役には立っていない」というものもたくさんあります。その勉強がまったくムダだったとはいいませんが、これから株を始める方は、必要なことだけを最低限身につけて、すぐにでも相場に挑戦していったほうが、よっぽど得るものは多いと思います。

新興市場で取引される小型株は値動きが激しい傾向あり

ここからは、株の取引をする上で、最低限押さえるべき超基本のポイントをお話ししていきます。まず、株の売買の場である、証券取引所についてです。

 

日本には、以下の4つの証券取引所があります。

 

●東京証券取引所(東証)

●名古屋証券取引所(名証)

●福岡証券取引所(福証)

●札幌証券取引所(札証)

 

昔はもっとたくさんありましたが、大きい証券取引所に吸収合併される形で、数が減ってきました。

 

そのうち、代表格は東証です。東京証券取引所は、かつて国内2位だった大阪証券取引所(大証)と2013年に合併したこともあり、ますます規模が大きくなりました。残りの3証券取引所は、比べ物にならないほど小規模なので、私達が取引をすることになるのは、99%ほどは東証の銘柄と考えておいてよいでしょう。東証には、次の4種類の市場があります。

 

●第一部(東証一部)

●第二部(東証二部)

●マザーズ

●JASDAQ(ジャスダック)

 

東証一部は、国内外を代表する大企業がひしめいている市場です。外国からの資金流入も多く、売買の活発さにおいても、世界でトップクラスです。東証二部は、中堅クラスの企業が多く名を連ねています。印象としては、細く長く経営を続けている老舗企業が多いようです。

 

一部と二部とでは、そこに上場するための条件(会社の規模や、財務状態の安定性など)が異なっています。一部のほうが条件は厳しく、二部はそれよりもやや緩いので、比較的上場しやすいと言えます。

 

しかし、一部はおろか二部上場の条件も満たせない企業はたくさんあります。その多くは、開業して間もないような新興の企業です。そのような新興の企業向けの市場が、マザーズとJASDAQです。

 

マザーズは、将来的に東証一部への上場を目指す企業が主に上場しています。これに対し、JASDAQの上場企業は、IT企業などが多いのが特徴。もちろんJASDAQから東証一部に上場する例もあります。最近では、2013年末に楽天がJASDAQから東証一部に上場市場を変更し、大型移籍として話題になりました。

 

マザーズ、JASDAQは新興市場と呼ばれていますが、かつての楽天、あるいはゲーム大手のガンホーといった一部の例外を除き、比較的規模の小さい銘柄が主流になっています。そして、こうした小型株は、東証一部の大型株に比べると、値動きの乱高下が激しい傾向もあります。

 

東証一部や二部にも派手に値動きする銘柄はあるので、単純に「東証一部=安定」「新興市場=活発」などと定義することはできませんが、そのような傾向があることだけは知っておきましょう。

 

[PR] 本稿執筆者によるセミナーを東京(幻冬舎)で開催!
熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

 

本連載は、2014年7月25日刊行の書籍『明日ドカンと上がる株の見つけ方』から抜粋したものです。
本連載は、一般的な株式分析の手法などを紹介することを目的に発行しています。投資を促したり、筆者が運営する投資顧問サービス「マエストロの株式ボナセーラ」に勧誘することを目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。本連載の内容に関して投資した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。なお、「マエストロの株式ボナセーラ」の業務、手数料、およびリスクなどに関しましては、ホームページに掲載の契約締結前交付書面を十分にお読みください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「株式投資」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載<初心者向け>「株式投資の達人」が教える取引の仕組み&基本ルール

株式会社クマガイサポート 代表取締役

1992年に株式投資を始め、短期売買で儲けるテクニカル分析をマスター。「あせらない」「欲をかかない」「確実に」をモットーに大きな成果を収める。現在は「マエストロの株式ボナセーラ」の運営者として、大型銘柄から中小型銘柄に至るまで短期上昇が期待される値動きのよい銘柄を会員向けに提案。目標株価とロスカット株価を明記した提案に加え、日々フォローを行う姿勢は親切で丁寧。テクニカル分析を重視し圧倒的に高い的中率から人気を博す。Yahoo!ファイナンス投資の達人では多くの個人投資家から高い支持を持つ。

著者紹介

明日ドカンと上がる株の見つけ方

明日ドカンと上がる株の見つけ方

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

「株はギャンブル」「難しい」「思うように儲からない」 株に対してこんな嫌な思いをしてきた方も多いのではないでしょうか。 実際、株は簡単なものではありません。しかし、やり方さえ間違えなければ、株で勝つのはそう難し…

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

永久保存版 あなたの人生を劇的に変える株の本 株ドカン

熊谷 亮

幻冬舎メディアコンサルティング

日本株式市場が活況を呈している今、巷にはたくさんの株式投資関連の書籍が溢れています。その多くは世界情勢や国内情勢、政府の政策や為替の動向などを分析し、日本株が上昇する理由を記したものや、チャートの見方を説明した…

資産運用セミナーのご案内 有料 3,000円 主催:カメハメハ倶楽部

熊谷亮の「明日ドカンと上がる銘柄の見つけ方」<2018年展望編>

~『えっ?』と驚くほどシンプルなチャート分析だけで<br /> 驚異の的中率を実現する「本物のプロ」のトレード手法とは?

講師 熊谷亮 氏
日時 2018年01月13日(土)
内容

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧