AIへの置き換えが進む「10種類」の銀行業務

リテールサービスから機関投資家向けサービスまで、銀行業務は次々にAIへと切り替わっていきます。本連載では、AI活用が進む「10種類の業務」を具体的な事例紹介とともに解説します。

置き換えは「個人向け・法人向け」に関わらず進行する

銀行業務が次々とAIに置き換わっています。置き換えが進んでいる業務は、次の10業務です。

 

①ヘッジファンド

②トレーディング

③不正防止

④アンチマネーロンダリング

⑤情報収集

⑥ロボットアドバイザー

⑦融資サービス

⑧接客業務

⑨問い合わせ対応

⑩高度な情報提供

 

①~⑤は主にホールセール(法人向け)業務、⑥~⑩は主にリテール(個人向け)業務となります(融資など両方にまたがる業務もあるので、あくまで「主に」)。

 

この順番に実際の事例を詳しく見ていきます。

 

運用成績が芳しくない「ヘッジファンド」

(1)ヘッジファンド

 

ヘッジファンドの歴史を少し振り返ってみます。

 

20世紀末には、ジョージ・ソロスやジュリアン・ロバートソンといった、今では伝説化している大物ファンドマネージャーたちが活躍していました。

 

ソロスは、1992年9月16日のイギリスで「ブラック・ウェンズデー」と呼ばれる日に大量のポンド売りを敢行し、一晩で10億ドルの利益を出しました。

 

ロバートソンは1980年にタイガー・ファンドを設立、最盛期には228億ドルの資産を有する史上最大のヘッジファンドにまで成長させました。2000年には引退しましたが、タイガー・ファンドは2010年代に活躍しているリー・エーンズリー、チェース・コールマン、デービッド・スノッディなどのファンドマネージャーを輩出しています。

 

しかし世界経済の動向が読みにくくなった現在、ヘッジファンド業界全体の運用成績は、芳しくない状況です。実質的な業界標準指数であるHFRXグローバル・ヘッジファンド・インデックス(HFRX指数)を作成しているヘッジファンド・リサーチ社によれば、2016年のヘッジファンド解約額は150億ドル、運用総資産額は約400億ドルのマイナスとのことで、これはリーマン・ショック時以来のマイナス規模になります。

 

本連載は、2017年12月18日刊行の書籍『AI化する銀行』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「FinTech」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載リテールサービスから機関投資家向けサービスまで…AIに置き換わる銀行業務とは?

株式会社オメガ・パートナーズ 代表取締役社長

東北大学大学院理学研究科数学専攻修了、京都大学MBA(金融工学コース)修了。
大学院修了後、富士通株式会社に入社。
金融システム・エンジニアとして、銀行勘定系システム開発プロジェクト、および証券取引システム開発プロジェクトに参画。
その後、みずほフィナンシャルグループのクオンツ・アナリストに転身し、デリバティブ・ビジネスやリスク管理業務に従事。
株式会社Sound-Fの金融工学部門のマネージャーを経て2015年から現職。
近年では高度市場系金融システム開発プロジェクトへの参画や、金融業務向け人工知能開発、
ブロックチェーンを活用したインフラ構築ビジネスに従事している。

著者紹介

AI化する銀行

AI化する銀行

幻冬舎メディアコンサルティング

AIの導入によって日本の銀行が、そして銀行員の働き方が劇的に変化します。 単純作業は真っ先にAIに切り替わり、早いスピードと高い精度で大量の業務がさばかれていきます。 さらに、属人的な業務でさえも、AIが膨大なデータ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧