不動産 海外不動産 国際資産分散
連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力【第14回】

クロージングステートメントから見るハワイ不動産購入時の費用

ハワイ不動産クロージングステートメント物件引渡清算書エスクロー

クロージングステートメントから見るハワイ不動産購入時の費用

ハワイで実際に不動産を売買するとき、どのような支払いが発生するのでしょうか。今回は、「クロージングステートメント(物件引渡清算書)」を例にしながら、「購入時」に必要となる費用等について見ていきます。

エスクローが発行する「クロージングステートメント」

これまで13回にわたり、ハワイ不動産と米国本土、あるいは日本の不動産との違い、また、ワイキキ内の高級ホテルレジデンスやホテルコンドの代表例を、いくつかご紹介してきました。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

そして、その中で、米国・ハワイでは「立地条件の良さ」が価格に対する最大のアドバンテージとなり、立地によっては価格が購入時と比較しても維持されるばかりでなく、その建物近辺の動きに併せて上昇することもあり得る、というところまで確認しました。

 

では実際に、ハワイで不動産を売買するとき、どのようにお金が動くのでしょうか。ここでは、「クロージングステートメント(物件引渡清算書)」を例に見ていきたいと思います。

 

まず、クロージングステートメントが何かをご説明します。日本では、物件引渡清算書と呼ばれ、その不動産取引における決済の明細を示すものです。通常「エスクロー」と呼ばれる、州から認可を受けた不動産取引における中立の第三者機関によって発行されます。

 

このエスクローという団体が、金銭や権利関係の書類のやり取りや、公証等も行います。売主・買主はエスクローを通してやり取りをするため、直接連絡を取り合う事はありません。エスクローが決済の流れを随時確認しており、公平な取引が行われているかどうかを監視しています。

 

クロージングステートメントには、売値や頭金はもちろん、固定資産税額やタイトル保険料、登記費用といった項目が並びます。売主側、買主側それぞれのステートメントがあり、その内容は少し異なってきます。

 

[図表]買主(Buyer)側のクロージングステートメント

注)Title Guaranty Escrow Services, Inc.より発行。
 実際には、ここで表示されている黄色のハイライト、赤字による日本語の表記はありません。
 

仲介業者への「仲介手数料」はすべて売主が負担

まず、右上の黄色くハイライトしてある「DEBIT」と「CREDIT」という項目を見てみましょう。買主側か売主側かで日本語訳は少し変わってきますが、大きな意味としては「DEBIT」が支払う金額、「CREDIT」が自分に入金される(売主の場合)、または既に支払いが完了している(買主の場合)金額という意味です。

 

今回は買主側のステートメントを見ていますので、CREDITは既に支払いが完了しているものとなり、このステートメントが作成された際には「頭金」と「中間金」の支払いは完了していたことが見て分かります。

 

管理費や固定資産税は、登記月に限り日割りで計算されます。

 

なお「タイトル保険料」というのは、物件の所有権(タイトル)に対する保険で、日本では聞きなれない項目だと思います。

 

これは、売買される物件について、タイトル保険会社が所有権、抵当権、未払い税金などを調査するのですが、購入後、万が一その調査内容と異なる事実が判明したら、この調査を行った保険会社が損害額を保証します、といった内容のものです。また上記のエスクローは、この保険会社からの調査内容をもって、売主は物件の所有者であることに間違いがないか等を確認します。

 

もう1点、日本の不動産取引と大きく異なるところですが、この買主側のステートメントには仲介業者への「仲介料」が含まれておりません。これはアメリカの慣習として、買主からは仲介料を徴収せず、売主が6%の仲介手数料を全て負担するシステムとなっているからなのです。

 

そのため、通常買主はエスクロー利用費用や登記費用、また物件の検査費用等の手数料のみを支払う事となります。これらの手数料は一般的に、物件の価格の1.0%程度の金額となります。

 

[PR]2017年1月14日(土)開催@幻冬舎
無料セミナー『ハワイ不動産投資「ホテルレジデンス」の魅力』

 

それでは、売主側のステートメントはどのように表記されるのでしょうか。売主から徴収される仲介料、そして税金等を含め、次回ご説明します。

井上 雄策

株式会社Seven Signatures International アシスタントマネージャー

株式会社Seven Signatures International(セブン・シグネチャーズ・インターナショナル)は、Trump International Waikiki Beach Walk、The Ritz Carlton Residence Waikiki 等の日本正規販売代理店であり、ハワイのホテルレジデンス・高級コンドミニアムの販売に特化。東京・ハワイにそれぞれオフィスを構え、Trump25階には購入顧客専用のラウンジを設けている。顧客専用ラウンジでは、常駐のコンシェルジュがレストランやSPA、レンタカー等の予約手配を行い、よりハワイでの滞在が充実するよう各種サポートを行っている。
WEB サイト http://www.sevensignatures.com/

著者紹介

連載ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

ハワイ不動産投資の新スタンダード「ホテルレジデンス」の魅力

~自己使用に加え賃料収入を極大化する「ハイブリッド型」所有形態のメリットと、 ワイキキ周辺の最新開発プロジェクトの動向

講師 田村仁氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・ハワイ不動産の種類とそれぞれの特徴とは?

・「ホテルレジデンス」という所有形態が注目される理由

・最新のハワイ不動産市況

・ハワイ不動産の価値がなかなか下がらない理由

・タックスメリットから見るハワイ不動産の魅力とは?

・ワードビレッジ等を含むハワイの最新物件情報も公開

【コラム】ハワイ不動産投資の新標準「ホテルレジデンス」とは?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest