日常的な生活援助の範囲内で支援を行う、日常生活自立支援事業

前回は、意思決定能力が低下した人の生活を守る「成年後見制度」を紹介しました。今回は、日常的な生活援助の範囲内で支援を行う、日常生活自立支援事業について見ていきます。

本人の「判断能力低下」「契約内容への同意」が条件

日常生活自立支援事業

 

成年後見制度よりも手続きが簡単な制度に、社会福祉協議会が実施している「日常生活自立支援事業」があります。

 

精神上の障害(認知症・知的障害・精神障害など)により判断能力の不十分な人が地域で自立した生活を送れるように、社会福祉協議会が契約に基づき、福祉サービスの利用援助などを行うものです。

 

ただし、この制度を利用するには「本人の判断能力が低下している」そして「本人が日常生活自立支援事業の契約内容について同意できる」というふたつの条件が必要です。もし認知症が進行していて、契約内容自体が分からないようなら、利用することはできません。その場合は成年後見制度を利用することになります。

 

日常生活自立支援事業の条件にあてはまると判断された場合は、専門員が自宅を訪れて本人の意向を確認しながら、援助内容や実施頻度などの具体的な支援を決める「支援計画」を策定して、契約が締結されます。

 

[図表]日常生活自立支援事業開始までの流れ

訪問1回の利用料は平均で1200円程度

援助の内容は次のようなものです。

 

・福祉サービス、苦情解決制度の利用援助
・住宅改造、居住家屋の貸借、日常生活上の消費契約および住民票の届け出などの行政手続きに関する援助など
・預金の払い戻し、解約、預け入れの手続きなど、利用者の日常生活費の管理
・定期的な訪問による生活変化の察知

 

たとえば預貯金の払い戻しなど、訪問1回あたりの利用料は平均1200円。通帳や印鑑類をすべて預かってもらうには年間平均3000円かかります(契約締結前の初期相談にかかる経費、および生活保護受給世帯の利用料は無料)。これにより、利用者の生活基盤を整えることができます。

 

本人にある程度の判断能力があり、かつ「自分のお金の管理をほかの人にお願いする」ことに納得できるならば、ぜひ利用したい制度です。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載介護破産を回避する「公的制度」活用術

社会福祉法人サンライフ/サン・ビジョン 理事・最高顧問

設計監理事務所経営後、1984年都市住宅研究所を設立。1987年社会福祉法人サンライフ、1996年社会福祉法人サン・ビジョン創設を経て、介護、住宅、医療、児童福祉事業を愛知県、岐阜県、長野県にて展開。

1995年、アメリカ合衆国カリフォルニア州ジョン・F・ケネディ大学より名誉博士号授与。2004年、米国International Leadership Foundationより2004年Leadership賞を授与。2006年、愛知県老人保健施設協会監事就任。2007年、アメリカ合衆国連邦政府保険省高齢者庁より表彰状授与。2009年より全国個室ユニット型施設推進協議会副会長。2010年、介護老人保健施設事業功労者厚生労働大臣賞受賞。2014年、全国ノーリフト施設協議会代表理事就任。同年春の藍綬褒章受章。2015年、一般社団法人愛知・名古屋ふくしネットワーク代表理事、一般社団法人国際介護士協会代表理事就任。2016年、一般社団法人名北労働基準協会理事就任。

著者紹介

人生を破滅に導く「介護破産」

人生を破滅に導く「介護破産」

杢野 暉尚

幻冬舎メディアコンサルティング

介護が原因となって、親のみならず子の世帯までが貧困化し、やがて破産に至る――といういわゆる「介護破産」は、もはや社会問題の一つになっています。 親の介護には相応のお金がかかります。入居施設の中でも利用料が安い特…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧