農林省の植林政策による「スギ林」が環境にもたらす悪影響

前回は、地場産業としての可能性が期待される、スギを圧縮加工した新しい木材の開発について取り上げました。今回は、荒廃した「スギ林」が環境にもたらす悪影響について見ていきます。

高度成長期の住宅需要を支えた国有林だが・・・

一方花粉症を発生させる原因にもなっている大量のスギの森林が生まれた背景には、戦後の農林省(現農林水産省)の植林政策が影響しています。

 

日本の国土の約7割は森林です。そのうち6割が天然林、4割が人工林といわれています。現在の人工林の大半はスギやヒノキといった針葉樹が占め、戦中戦後の混乱期の建設資材や燃料の不足を補うため、広葉樹を伐採したあとに植林されました。

 

第二次世界大戦によって荒廃した森林の復活は、単に木材を調達するだけでなく、平野部での雨水の調整や、河川への養分の補給という意味でも大きな課題でした。農林省は手早く森林を復活させるために、生育が早くて手間のかからないスギを各地に植林していったのです。1957年には国有林生産力増強計画をたてて、建材用として天然林を伐採し、スギを中心とした樹種への転換を図りました。この政策によって70年代の高度経済成長時代に盛んになった住宅建設は、国有林に戦前から植えられていた良質の天然木が材料となり、その成長の下支えをしてきたのです。

 

ところが時代が下ると、円高による外国材の輸入増加や建築工法の変化によって、国産材は需要の減少から価格も低迷し、林業は産業として成り立たなくなりました。経済の原理によって森林の育成は後回しとなり、伐っても売れない、売れても安い、そのため山は誰にも顧みられずに荒廃していくという悪循環に陥ってしまったのです。

「山林の状態」は川や海の水質にも大きく影響

山が荒れると困るのは林業家や里山に暮らす人だけではありません。

 

なにしろ山が荒れるということは国土の7割が荒れるということなのですから、日本中の人々の暮らしに影響が出ます。

 

良質な山林に降った雨は豊かな土壌に吸収され、やがてはきれいな地下水となって川や海に流れ込みます。「森は海の恋人」という言葉を聞いたことがある方は少なくないと思いますが、川や海の水質にも、実は山林のよしあしが大きく関わっています。宮城県気仙沼の漁師さんはおいしい牡蠣を養殖するために、日本の山だけでなくシベリアにまで出かけていって山に植樹しているといいます。それほど海と森林は、広い範囲と長い時間軸、そして強い絆で結ばれているのです。

 

土砂崩れや河川の氾濫などの災害も、山林の状態に負うところが大きいといわれます。もちろん荒れたスギの山林が放置されれば、スギ花粉症の患者も増えるばかりです。

 

整理すると、現在の森林は以下のような問題を抱えています。

 

●森林荒廃による土石流の発生や河川の荒廃、海岸部への土壌流出による漁業への被害増大

 

●スギ花粉などによる人体の健康に対する悪影響・林業家の後継者不足によるさらなる山の荒廃

 

●木材価格の安い発展途上国での伐採による地球環境への悪影響

 

●森林本来の持つ生態系への悪影響

 

つまりスギ林を放置することは「隠された日本の財産」を放置することであり、山林に対しても地球環境に対しても住環境に対しても、悪影響しか与えないことになります。

 

スギを木工家具に使用することは、そういう意味からも地球のため、日本のため、飛騨のため、私たちのためなのです。

本連載は、2017年7月28日刊行の書籍『よみがえる飛騨の匠』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「エトセトラ」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載よみがえる飛騨の匠〜地場産業を復活させる改革とは?

飛騨産業株式会社 代表取締役社長
一般社団法人日本家具産業振興会副理事長 

1943年、岐阜県高山市生まれ。1968年、立命館大学卒業。その後株式会社富士屋代表取締役社長、株式会社バロー代表取締役副社長などを務め、2000年、飛騨産業株式会社代表取締役社長に就任。従来は廃棄されていた木の節を使った「森のことば」シリーズや、家具には不向きとされていた国産杉を圧縮加工して使用した「HIDA」シリーズなど、業界の常識にとらわれない柔軟な発想でヒット作を次々と生み出す。また、トヨタ生産方式を取り入れた生産体制の大幅見直しを行ったり、柳宗理やエンツォ・マーリといった国内外の有名デザイナーとのコラボレーションによる家具を製作したりと、抜本的な改革を行った結果、社長就任からの14年間でそれまでの2倍となる年間売上50億円を達成。近年は、若手育成を目的とした飛騨職人学舎の設立、伊勢志摩サミットで使用されたテーブルの製作など、活躍の場をますます広げている。

著者紹介

よみがえる飛騨の匠

よみがえる飛騨の匠

岡田 贊三

幻冬舎メディアコンサルティング

時代とともに移り変わる消費者ニーズの変化によって、崩壊の危機を迎えている地場産業。地場産業が生き残るためには「販売戦略」「製品開発」「生産体制」「後継者育成」「ブランディング」「地域プロモーション」の6つの改革…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧