事業承継問題の打開策となる、経営者の仕事の「仕組み化」

前回は、クラウド経理の導入で「経理部員の定着」が実現した事例を取り上げました。今回は、事業承継問題の打開策となる、経営者の仕事の「仕組み化」について見ていきます。

オーナー企業の約7割が「後継者を見つけられない」!?

本連載では、クラウド経理の導入によって会計インフラを構築し「仕組み化」を実現することによって、「社長の時間」を確保することの重要性について述べてきました。

 

実は「仕組み化」のメリットは、ほかにも数多く挙げられます。

 

例えば、現在、深刻化している中小企業における事業承継問題を解決するうえでも、「仕組み化」は大きな効果を発揮するでしょう。

 

おそらく経営者のほとんどは、「自分が引退したあとは、誰かに事業を引き継いでもらいたい」という思いを抱いているはずです。実際、2005年に三菱UFJリサーチ&コンサルティングが行った調査では、95.1%の中小企業経営者が「事業をなんらかの形で他者に引き継ぎたい」と回答しています。

 

しかし、そうした自らの願いをかなえられている経営者は、現状では少数にとどまっています。帝国データバンクが2016年11月に公開した「全国オーナー企業分析」では、オーナー企業のうち実に約7割が後継者を見つけられないままでいます。65歳以上のオーナー社長のうち約半数が後継者不在、60歳前後のオーナー社長でも不在率が7割近くに達しているのです。

 

このように後継者を確保できず社長を辞めたくても辞められない状況に陥っている経営者が増え続けているために、中小企業経営者の平均年齢が上昇傾向にあることも指摘されています(ちなみに、経済産業省によってまとめられた事業承継に関するガイドラインによると、中小企業経営者の引退年齢は平均で67~70歳になります。また、後継者を育てる期間を含めて事業承継には5~10年かかるといわれています)。

先代社長の手腕への依存を解消する「仕事の仕組み化」

このような”後継者難”の問題に多くの企業経営者が直面している背景としては、中小企業の経営に存在する構造的な問題を指摘することができるでしょう。

 

高度成長期から日本を支えてきた中小企業の経営者たちは、会社と文字どおり一体となって経営に取り組んできました。経営に必要なノウハウや知識はすべて自らの経験の中で養い蓄積してきたものであり、企業の経営者といってもその実態は伝統工芸の職人とほとんど変わりないといってもよいでしょう。

 

逆にいえば、日本の中小企業の多くは、経営者がいなくなれば会社が回らなくなり、たちまち存続できなくなる恐れがあるのです。

 

「今の社長にしか動かせない会社を、自分が継いで回していくことなどとうてい無理だろう」

 

このような中小企業経営の属人性に対する懸念が、後継者が現れることを妨げている大きな要因となっているわけです。

 

一方、ここまで再三触れてきたように、「仕組み化」はまさにそうした属人性を解消することを目的とした手段にほかなりません。すなわち、経営者の仕事を「仕組み化」し、そのノウハウを誰でも引き継げるように体系化できれば、「このノウハウどおりやれば、自分でも経営できるだろう」と後継者として名乗りを上げる者が現れることを期待できるはずです。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載自社の会計処理を効率化する「プレジデントタイム」の導入成功例

社長の時間をつくる株式会社 代表取締役 公認会計士
経営コンサルタント

1974年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学経済学部を卒業後、監査法人トーマツを経て、2001年に神宮前会計、2013年に神宮前アカウンティングファーム、2014年に社長の時間をつくる株式会社を設立して代表取締役に就任。公認会計士・経営コンサルタントとして培ったマクロの視点と、自らが経営する不動産会社・飲食店の社長業で得たミクロの視点で、数多くの企業をサポートしている。

著者紹介

社長の時間をつくる株式会社 代表取締役 公認会計士
税理士

1976年生まれ。千葉県出身。慶應義塾大学経済学部卒。在学中に会計士試験に合格後、監査法人トーマツへ入所。2003年から2005年にはDeloitte NY事務所に出向。2007年、シティグループ証券投資銀行本部に転職し、国内外のM&AやIPO・株式増資案件を手掛ける。2014年、社長の時間をつくる株式会社を設立して代表取締役に就任。孤独で忙しい社長を幸せにすべく、新しい仕組みの構築・運営に奮闘中。

著者紹介

忙しい社長を救う 経理改革の教科書

忙しい社長を救う 経理改革の教科書

李 日生,普川 真如

幻冬舎メディアコンサルティング

公認会計士として大手監査法人に勤め、国内外の多数の大企業の監査業務を担当してきた著者たち。経理・会計の専門家としての立場から中小企業の経営をサポートし続けてきました。こうした経験の中で、中小企業は経理部を社内に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧