エリートサラリーマン・須藤の職場にかかってきた一本の電話

近年、不動産投資を行うサラリーマンが増えています。しかし、順調に収益を上げる人がいる一方、失敗してしまう人も決して少なくありません。本連載では、不動産投資の実情やその注意点、成功の秘訣について、エリートサラリーマン・須藤を主人公としたノベルを通じて紹介します。

大丈夫、いつもと同じ。忘れ物はない。

とくん、とくん、とくん・・・。

 

スーツを通して、心臓の音が聞こえる。目の前はまっくらでなにも見えないけれど、この音が聞こえている間は、自分が生きているって感じられる。備品を確認する。

 

大丈夫、いつもと同じ。忘れ物はない。

 

ふと、脳裡におじいちゃんの顔が浮かぶ。ああ、なんでこんなときに出てくるのが、おじいちゃんなんだろう。それは、私に恋人がいないからだ。

 

「頑張って、応援しているよ」と優しく声を掛けてくれる恋人がいれば、おじいちゃんを呼び出さなくっても済むのに。

 

うん。そんなことはどうでもいい。そろそろ時間だ。監督官の言葉を思い出す。

 

「言うまでもありませんが、くれぐれも逸脱はしないように。承諾書にサインしていただいたので分かっていると思いますが、旅に危険はつきものです。どんなに注意を払っていても完璧ということはありません。穴の中にいる間は、0.001%の確率ですが、死の危険があります」

 

OK、大丈夫。

 

リスクは承知している。

 

普通に道を歩いていたって、事故やトラブルに巻き込まれることはある。

 

とくっ、とくっ、とくっ・・・。

 

心臓の鼓動が速くなった。

 

出口が近づくと、いつも緊張する。

 

そして、突然。

 

視界いっぱいに光が広がる。

 

ほら、私はまだ生きている。

「今、お時間のほうは大丈夫でしょうか」

ピロロロロロ、ピロロロロロ、ピロロロロロ・・・。

 

耳障りな、甲高い電子音がフロアの中に響き渡る。

 

電話だ。

 

石釜仕立てでお米がふっくらもちもち炊飯器の、次世代機へ向けての改良点について考えを巡らせていたオレは、現実に引き戻されて、不機嫌を隠せなかった。

 

電話を取るのは新人の仕事だろうと、モニターから顔を上げてフロアを見渡すと、今年入った二人とも、別の電話の対応中だった。

 

仕方ない。

 

オレはデスクの前方にある電話に手を伸ばすと、背筋を伸ばして、仕事用の声を作った。

 

「お待たせいたしました。ジャパソニック企画開発部でございます」

 

「お世話になっております。私、ゴールデンゴール商事のキッタカと申します」

 

若い女性の声だった。ゴールデンゴール商事・・・そんな取引先はあっただろうか。考える間もなく、定型文が口をついて出てくる。

 

「ゴールデンゴール商事のキッタカ様ですね。いつもお世話になっております」

 

「お世話になっております。本日、私のほうからお電話を差し上げたのは、ジャパソニックにお勤めの方に、ぜひお知らせしたいことがあったからなのですが、今、お時間のほうは大丈夫でしょうか」

 

お時間のほうは、大丈夫じゃないと言えば噓になる。

 

うららかな春の日の午後3時だった。この時間に会社の中で企画書をいじっているオレに、火急の用事などあるわけない。

 

だが、中堅どころになってから、あまり電話を取らなくなったオレでも、これはさすがにセールスの電話だと分かる。切ってしまってもかまわない相手だ。

 

とはいえ、「ぜひお知らせしたいこと」と言われると、その先を聞きたくなるのが人情だ。それに、もしかすると、オレが知らないだけでゴールデンゴール商事は、ジャパソニックの取引先の一つかもしれない。だとしたら、あまり邪険に扱って、あとでクレームになっても面白くない。

 

結局、オレは好奇心を抑えられず、もったいぶってこう言った。

 

「あまり時間はないのですが、5分くらいならかまいません。どのようなご用件でしょうか?」

本連載は、2017年11月2日刊行の書籍『40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載〈ノベル〉40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

マネー総合研究所 所長

1974年2月兵庫生まれ。北九州市立大卒。財形や投資など、マネーに関する専門家。
大手精密メーカー・オリンパスに勤務していたサラリーマン時代に不動産投資を行い、5000万円の家賃年収を得てリタイアしたことから、不動産投資を核とした財産形成を得意としている。
儲からない新築区分マンション投資で失敗したサラリーマンや公務員からの相談に対して、独自のリカバリー理論で数多くの人を救った経験を持つ。

著者紹介

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

40歳独身のエリートサラリーマンが「不動産投資」のカモにされて大損した件

杉田 卓哉

幻冬舎メディアコンサルティング

大手上場企業に勤めるサラリーマン、須藤。40歳独身。将来への不安から、副収入を求めて「新築区分マンション投資」に手を出すが・・・。可愛い声の女性担当者がテレアポでおびき寄せ、イカつい営業マンが強引にクロージング!…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧