愛人を残して急死した社長に訪れた「没後の悲劇」とは?

愛人の存在を隠す――これ自体はよくあることですが、生前に何の対策も講じていなかったために、大きな労力を費やして守ってきた秘密が、いとも簡単にばれてしまうことがあります。今回は、そんなモデルケースを紹介します。

愛人の存在を隠したまま社長が急逝・・・

事業を一代で立ち上げた一ノ瀬社長は、仕事にも遊びにも精力的な人物だった。偶然立ち寄ったスナックで田中良美と知り合い、愛人関係を結ぶことに。

 

もともと出張時の滞在用、またはセカンドハウスにと購入したマンションに良美を住まわせて週に一、二回通うという生活を送っていた。

 

妻や子供たちにとってはよき夫、尊敬できるお父さんでありたいと考える彼は、多大な労力を払って良美の存在を隠しつつ、彼女との暮らしを充実させるためにも仕事に精を出す日々だった。そんな暮らしが5年続いたある日、一ノ瀬社長は急病で倒れてそのまま亡くなってしまう。

結局は「何の対策も講じてくれなかった」が引き金に

残された良美は、当初は悲しみに暮れていたものの、やがて離婚をせずダラダラと関係を続けていた一ノ瀬に対して怒りを抱くようになっていった。

 

住んでいるマンションは一ノ瀬社長名義なので、相続が始まったら愛人である自分の存在が公になってしまう。また、生活費も少なくなり将来への不安は募る一方である。そうしているうちに、せめてこのマンションだけでも自分のものにしたいと考えるようになり、最期まで自分を世間から影の存在にさせた一ノ瀬社長の家族も許せなくなってきた。

そんなことがつもりつもって、何の対策も講じてくれなかった一ノ瀬社長への恨みは増していくばかりであった。友人に相談したところ「内縁の妻として相続権を主張してみたら?」とアドバイスがあった。一ノ瀬社長も生前は「良美が癒やしてくれるから仕事を頑張れる」と常々語っていたので、あながち乱暴な考えではないような気がする。

 

結局、良美は自分から社長の家族に会って愛人であることを伝え、お金をもらいたいと考えるようになった。こうして四十九日の法要に良美は参列。一ノ瀬社長の隠し事は家族や親族に知られてしまい、すぐに地域の人たちや従業員の知るところとなった――。

 

次回以降、こうした事態を防ぐための対策について詳しく解説します。

本連載は、2015年10月27日刊行の書籍『妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「相続・事業承継」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「相続対策」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

新月税理士法人 代表社員

平成17年3月税理士登録 平成23年5月新月税理士法人設立
お客様の人生に添ったタックスプランを設計するタックスデザイナー。争いになる前の相続人同士の関係に配慮した細やかな調整から事業承継および相続のための株価算定、納税猶予などの資産税対策を通じてオーダーメイドの生涯タックスプランをデザインする。

著者紹介

妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

妻に隠しごとがあるオーナー社長の相続対策

佐野 明彦

幻冬舎メディアコンサルティング

どんな男性も妻や家族に隠し続けていることの一つや二つはあるものです。妻からの理解が得にくいと思って秘密にしている趣味、誰にも存在を教えていない預金口座や現金、借金、あるいは愛人や隠し子、さらには彼らが住んでいる…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧