トランプ政権による景気拡大策・・・その実現の可能性は?

本連載は、ロンドン在住の個人投資家として活躍する松崎美子氏の著書『ずっと稼げるロンドンFX(ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)』(自由国民社)から一部を抜粋し、為替相場を動かす要素について、いま旬の「6つのテーマ」とともに見ていきましょう。

市場は大規模なインフラ投資や大型減税を期待したが…

本連載では、どんな材料が市場を動かすのか、今まさに動いている旬のテーマをもとに解説していきましょう。

 

世界をあっと驚かせた大統領選挙から約5か月。正式な就任からちょうど100日目を迎える直前、トランプ政権はようやく税制改革案を提示しました。

 

トランプ政権の目玉の1つでしたが、直後の市場の反応は芳しくありませんでした。さらに、さまざまな疑惑も噴出し、早くもトランプ政権への失望の声も出てきています。果たして、トランプ政権はどこへ向かうのか、紐解いていきましょう。

 

トランプ当選の直後、「トランポノミクス」の単語が見出しを飾りました。「個人名+エコノミクス」といえば、2012年12月に成立した第2次安倍政権からアベノミクスがあります。

 

その前、1980年代のレーガン大統領時代には「レーガノミクス」がありました。レーガノミクスは新自由主義を特徴としていましたし、アベノミクスは「金融緩和主導による円安政策」です。では、トランポノミクスは何を特徴とするのでしょうか。

 

トランプ氏が選挙活動中に掲げていたのは、「税制、財政、移民、貿易、規制緩和」の5分野での改革でした。メディアで注目されたのは「国境の壁」に象徴される移民や貿易での保護主義でしたが、市場が期待したのは大規模なインフラ投資や大型減税です。

 

[図表]為替市場を動かす主な材料

政策が実行されれば期待できる「ドル高」

トランポノミクスとは、「財政出動主導によるドル高政策」になるのかもしれません。これまでに伝わった数字では、個人向け減税は今後10年間で2.2兆ドル、法人向けの減税は同じく10年間で9400億ドル。防衛費やインフラ投資に10年で4930億ドルの大型財政出動を公言しています。

 

しかし、ここにはいくつもの課題が見え隠れします。

 

①何を財源とするのか

②財源は持続性あるものになるのか

③議会を通過させられるのか

④完全雇用に近い今、減税やインフラ投資による経済成長の余地がどれだけあるのか

 

といった課題です。

 

トランプ当選以降、期待感が先走り、ドル高が進みましたが、実際に大統領に就任後は、議会対策などへの懸念から米ドルが売られる場面も目立ってきました。

 

政策遂行能力という面でも議会の承認が不要な「大統領令」が乱発されるばかりで、オバマケア代替法案の撤回で失点し、注目されたのはシリアへのミサイル攻撃でした。肝心の財政支出や規制緩和などが実行されるのは早くとも就任2年目、2018年以降となりそうです。

 

政策が実行されるかどうか、不確実性は高いのですが、実際に実行されれば景気の底上げ、ドル高が期待できる政策ではあります。トランプ大統領の舵取りには注意する必要があり、その中でもとくに危ぶまれるのは「反グローバル化」への動きです。

 

就任直後には大統領令として、イスラム圏の市民を対象とした入国禁止令を発動しました。移民政策の厳格化や保護主義的な通商政策などが気がかりですし、アメリカに対して巨額の貿易黒字を抱えた国への報復、制裁措置の発動なども心配です。

 

報復合戦、貿易戦争のような事態に陥れば、アメリカにとっては輸入物価の押し上げ要因となりインフレ率の上昇が危惧されますし、世界的に景気を落ち込ませることにもなりかねません。

本書はFX(外国為替証拠金取引)の概要および投資の参考情報の提供を目的にしたものです。本書の内容に関しては万全を期すよう注意を払いましたが、それを保証するものではありません。本書の情報を利用した結果生じたいかなる損害、損失についても、著者、出版社および本書制作の関係者は一切の責任を負いません。投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「外国為替」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載為替相場を大きく動かす要素とは?~いま旬の「6つのテーマ」を検証

個人投資家

スイス銀行東京支店でディーラーアシスタントとして入行する。その後、結婚のため渡英。バークレイズ銀行本店ディーリングルームに勤務し、日本人初のFXオプション・セールスとなる。1997年に米投資銀行メリルリンチ・ロンドン支店でFXオプション・セールスを務め、2000年に退職、数年後より個人投資家として為替と株式指数を取引。2007年春からブログ、2012年からセミナー、コラムを通じてロンドン/欧州直送の情報を発信中。2017年よりFX情報をYoutubeでも配信開始。著書:松崎美子のロンドンFX、ずっと稼げるロンドンFX(共に、自由国民社)

著者紹介

ずっと稼げるロンドンFX(ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)

ずっと稼げるロンドンFX(ファンダメンタルズ取引の実践テクニック)

松崎 美子

自由国民社

買い・売りをコロコロ変える、行き当たりばったりの短期トレードでは儲けられない! 中長期のトレンドに乗る「ファンダメンタルズ取引」こそ、効率よく大きく稼げる。 ■ファンダ分析で、「買い通貨」と「売り通貨」を決めて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧