「土地値物件」に着目した不動産売買の裏ワザとは?

前回は、いわゆる「再生物件」を購入するメリットや注意点について紹介しました。今回は、中古物件を購入する際に注目すべき「土地値」とは何か、取引事例を交えながら見ていきましょう。

築22年以上の「木造物件」は本当に価値がないのか?

国内の一般中古住宅に対する評価は、諸外国と比較し不当に著しく低いと感じています。たとえば、築20年の木造一戸建て建物評価は中古流通市場ではゼロになり、ほぼ土地値の価格で取引されます。

 

これは日本人特有の新築絶対主義が大きく影響していると思いますが、もう1点、日本の税制の影響もあると考えています。木造建物の法定耐用年数は22年です。つまり法律上、「木造建物は22年で価値がゼロになりますよ」と言っているに等しいのです。

 

欧米諸国では中古物件の建物にも価値を見出し、正当に評価・取引されています。日本における中古物件の本来の価値と市場価値の差に、違和感を覚えるのは私だけでしょうか。

 

実は、この違和感は不動産投資の〝うまみ〟を見つける際の大きなポイントでもあります。日本の中古不動産マーケットには矛盾やゆがみがあり、それを上手に利用することで良い投資ができるのです。収益不動産は二通りの評価方法で価格が決まります。

 

収益価格:家賃収入÷還元利回り

積算価格:土地・建物を現在価値で評価した価格

 

ここでの積算価格は金融機関の担保評価ではなく、実勢実売価格を意味します。この二つのうち、高いほうの金額が採用され、市場に売りに出されるのが一般的ですが、本来は積算価格が採用されるべき物件が、まれに収益還元価格評価の金額で売りに出されることがあります。その多くは、築20年以上経過した木造物件です。

土地値に着目し、実売ベースでいくらかをチェックする

実際に取引した事例を見てみます。

 

(物件概要)

データ:大阪府北摂エリア 駅徒歩5分以内 平成元年築 S造 2DK×4戸年間

家賃収入:300万円

売買金額:3000万円(表面利回り10%)

 

(土地概要)

土地160平米(約48.4坪)

相続税評価額:2560万円(相続税路線価:16万円/平米)

実売土地評価:4000万円(実売平米単価:25万円/平米)

 

このように、利回り10%の収益物件として売りに出されていました。一見すると普通の物件ですが、結果的に公開後2週間と、早期に売れてしまいました。この物件は、なぜそれほど人気があったのでしょうか。答えは、土地値にあります。

 

相続税路線価ベースでは売買金額以下ですが、実売ベースでは売買金額以上となります。実売土地評価は4000万円であるにもかかわらず、物件の売却金額は3000万円という好条件で売りに出されていたわけです。

 

この物件の投資スタンスとしては、5〜10年保有ののち解体し、土地として売却となります。土地を実売評価よりも安く買った上にアパートまで付いてきたような掘り出し物件です。このケースでお伝えしたいのは次の2点です。

 

●土地値に着目し、収益還元評価で売りに出されている割安の物件を狙うこと

●土地値は相続税路線価ベースではなく、実売ベースでみること

 

お客様と話をしていると、相続税路線価は実売価格の80%が絶対だと信じている方が多くいらっしゃるように感じます。不動産投資関連の書籍でよく書かれているように、銀行担保評価の考えが一般的になったからだと思われます。

 

ところが今回のケースのように、相続税路線価では割安でも、実売ではかなりの高値で取引されていることが多くあります。投資判断をする際は土地値に着目し、実売ベースでいくらなのかをぜひチェックしてみてください。

本連載は、2014年11月4日刊行の書籍『はじめての不動産投資 成功の法則』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「中古一棟買い」で成功する不動産投資

大和財託株式会社 代表

昭和55年生まれ。三井不動産レジデンシャル株式会社を経て、収益不動産に特化した事業を展開する武蔵コーポレーション株式会社で収益不動産の売買仲介および賃貸管理業務についての実務経験を積む。
平成25年に独立して大阪市内に大和財託株式会社を設立。
収益不動産を通じて、購入から運用・売却まで一貫した資産形成をサポートしている。
特に、物件情報をすべて数値化し、資金調達、物件購入、管理運用から売却までを視野に入れた収支シミュレーションに定評がある。
管理物件の平均入居率は98パーセントを誇る。

著者紹介

はじめての不動産投資成功の法則

はじめての不動産投資成功の法則

藤原 正明

幻冬舎メディアコンサルティング

東京五輪による地価上昇の影響もあり、注目を集めている不動産投資。 しかし、実際に投資をはじめようとしてもはじめての人には分からないことだらけでなかなか手が出ない、ローリスクと聞いて始めてみたけれど、成功というに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧